Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 彼氏の「“今は”結婚できない…」この言葉には結婚の意思がない!? 弁護士・堀井先生が回答!<第14回>

LOVE

2020.07.06

彼氏の「“今は”結婚できない…」この言葉には結婚の意思がない!? 弁護士・堀井先生が回答!<第14回>

独立した彼から、仕事を理由に「今は結婚できない」と言われ4年が経ち、焦りを感じ始めた女性の相談。人間関係トラブルに詳しい人気弁護士・堀井亜生さんが、ダメ男、ダメ上司など、Oggi世代の女性たちがハマってしまったトラブルをスッキリ解決する連載です。

弁護士堀井亜生さんの恋と仕事のスッキリ法律相談 PART14

テレビで人気の弁護士・堀井亜生さん。人間関係トラブルに詳しい堀井さんが、ダメ男、ダメ上司など、Oggi世代の女性たちがハマってしまったトラブルをスッキリ解決する連載です。

第14回目は、会社員の星野しおりさん(仮名・26歳・年収130万円)。

前回記事▶︎結婚したら彼の性格が激変! モラハラ夫に… どうしたらいい?

これまでの記事はこちら

◆「今は結婚できない」と言われてもう4年… 本当に結婚できる?

大学4年生のときに、彼が立ち上げたばかりの会社にアルバイトで入って、交際するようになりました。彼は8歳上で、会社勤めを数年して独立しました。最初は雑務程度の仕事だったのですが、だんだんと経理など重要な仕事を任せてくれるようになり、今は、会社のマネージャーとして働いています。

私が大学を卒業してからは、同棲も始めました。生活費は彼が出してくれるので、あまりお給料をもらわずに家事と仕事をしてきました。お仕事でも生活でも彼を全面的に支えていて、私はいずれ結婚するものと思っていました。

今から2年くらい前、恋愛ドラマを見ながら彼に「私たちも結婚したいね、そろそろ私の両親に挨拶してほしいな」と軽い気持ちで言いました。すると彼は深刻な顔になって、「経営が軌道に乗るまでは君の親に会えないよ」と言いました。

私は、結婚したいので、もっと仕事を頑張って軌道に乗せる手伝いをしないと、と思いました。最近になって、周りの友人が結婚し始めて、私の結婚願望が高まりました。会社もスタッフが数人いる規模になったので、彼に勇気を出して「そろそろ結婚したいな」と言いました。

すると彼に、「今は会社を大きくするための大事な時期だから。今は結婚できないよ」と怒られてしまいました。2年前に「彼の会社の経営が軌道に乗ったら結婚できる」と言われた時点で、両親には彼と婚約した」と話しているので、いつ結婚するのかと急かされています。

私も子どもがほしいのでそろそろ結婚したいです。仕事ばかりの彼を振り向かせるにはどうしたらいいでしょうか。

◆堀井先生のアンサー

残念ですが、しおりさんと彼の認識は大きく食い違っていると思われます。しおりさんは、彼との結婚を期待して待っている認識ですが、彼の方はいかに結婚を引き延ばして、うやむやにするかという認識です。おそらく彼には、しおりさんとの結婚願望がないのでしょう。

しおりさんはご両親に婚約していると言っているそうですが、今回のケースは、法律的には、婚約が成立しているとは言えません。婚約とは、将来結婚の約束をしていることを指します。

男性が「今は結婚できない」と言うと、女性は「将来は結婚できる」と言われた、つまり婚約が成立したと思いがちですが、男性からすると遠回しに断るための言い方です。彼が本当に将来結婚するつもりがあるなら、いつ頃、何ができたらなど、具体的な目安を言うものです。

しかし、しおりさんの彼の場合は、「経営が軌道に乗る」「会社を大きくする」などあいまいな言い方に終始していて、いつ結婚するという明確な目安がありません。「今は結婚できない」と言われたということは、実は客観的に見ると婚約を否定する事情に該当します。

他に婚約と認められる事情としては、お互いの親に会った、結婚式場を探しているなどの具体的な事情が必要ですが、ご相談の内容からはそういった事情はうかがえません…。

では婚約ではないけど同棲しているので内縁関係にあるのでは、と思うかもしれません。内縁には届け出の必要はありませんが、やはり結婚の意思が必要で、彼には現時点でも結婚の意思はありません。したがって、しおりさんと彼の関係は法的に保護されるものではなく、あくまでただの同棲中のカップルにとどまります。

実際に女性から来る婚約破棄の相談でも、婚約の証拠はありますかと聞くと、「今は結婚できない」と言われたメールなどを婚約の証拠ととらえているケースが多いです。一方、男性から相談を受けた際には、「今は結婚できない」というメールを婚約していないことの証拠として持ってこられることがよくあります。

このように、「今は結婚できない」という言葉に対しては、男女の間で明確な認識の差があります。男性は断ったつもりでも、女性は結婚と聞いた瞬間うれしくなってしまい、その時の相手の表情とか、親に会ってくれないという事実に意識が向かなくなってしまうのです。

気の毒ですが、しおりさんの彼の場合は、ビジネスを手伝わせて家事もさせているという点からすると、あなたを都合のいい存在だと思っていることは間違いないと思われます。あなたが結婚を望んでいるのに具体的な返事をしない彼の行動にこそ本心が表れているのでは無いでしょうか。

入籍にこだわらず彼と一緒にいたいと考えるのであれば止めませんが、その先に結婚はないと思った方がいいでしょう。

取材/前川亜紀 イラスト/チカツネナオ

弁護士 堀井亜生

北海道出身、中央大学法学部卒。『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)ほか、各メディア、講演等で活躍。夫婦・男女問題に関するリアルな事例の紹介と解説が好評。著書に『ブラック彼氏 ~恋愛と結婚で失敗しない50のポイント~』(毎日新聞出版)がある。趣味は料理、ピアノ。一児の母。公式サイトはこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.08.09

編集部のおすすめ Recommended

Feature