Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 職場の後輩の心をつかむための【先輩の心得】7か条

WORK

2020.06.10

職場の後輩の心をつかむための【先輩の心得】7か条

この企画では、先輩目線で「後輩との分かり合えないミゾ」を解決するヒントをご紹介! 仕事場で、ぜひ実行してみて。

分かり合えない後輩と上手くいく!? 先輩の心得7か条

(c)Shutterstock.com

1|母親のような広い心で接する

入社2、3年の後輩世代は、ビジネスパーソンとしてみればまだひよっこ。「自分はできたのに。やってきたのに」などと思わず、寛大な気持ちでフォローするのも先輩の役割です。

2|後輩の振り見てわが振り直せ

「何、その態度!」という後輩のトンデモ言動、ちょっとしたらあなた自身もしているかも!? 後輩を一方的に咎める前に、まずは自分自身の行いを客観的に振り返ることを習慣づけて。

3|折に触れて「あなたが必要」と伝える

後輩世代の2大特徴は「自信がない」「失敗したくない」。後輩の能力を認め、チームに貢献している存在意義を感じさせられれば、それが後輩の自信となってどんどん飛躍します。

4|「あなたならどうする?」で後輩の自立心を育てる

後輩は、先輩が思っている以上に仕事のことを理解していないため、基本は〝受け身〟スタンス。後輩の考える力を伸ばせば育成のスピードもアップし、先輩自身の負担も軽減します。

(c)Shutterstock.com

5|「この人は逃げない」と思わせる

〝かっこいい先輩〟とは、『かっこ悪いところも見せられる』そして『後輩のどんな失敗でもきちんとかばってくれる』人のこと。覚悟を決めて後輩と向き合う姿勢を。

6|「一緒にやろう」が合言葉

後輩世代はプレッシャーに弱い性質が。「チームの一員として」「みんながサポートするから頑張ってみない?」との声かけで、後輩のやる気を引き出して。

7|「ありがとう」「ごめんなさい」を忘れるべからず

結局最後は、人と人とのコミュニケーションがものを言う。感謝の言葉や、相手を敬う気持ちをちゃんと伝える手間を惜しまないことが、信頼関係を築くための最大の秘訣。

2020年Oggi5月号「あぁ、後輩がわからない!」より
構成/佐々木 恵・酒井亜希子・島田七瀬(スタッフ・オン)
再構成/Oggi.jp編集部

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.07.06

編集部のおすすめ Recommended

Feature