Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 「五月晴れ」はなんと読む? 意味や使い方を意外と知らない〈季節の言葉〉

LIFESTYLE

2020.05.19

「五月晴れ」はなんと読む? 意味や使い方を意外と知らない〈季節の言葉〉

「五月晴れ」ってなんと読むかわかりますか? 読み方や意味・由来を、言葉やビジネスマナーに詳しい鶴田初芽がお届けします。

鶴田初芽

「五月晴れ」なんて読む? 五月の晴れの日のことであってる?

5月に入り、良いお天気の日が続いていますね! 暑いくらいの日も増えてきました。そんな日に使われる「五月晴れ」なんと読むのか知っていますか?

◆読み方は「さつきばれ」

「五月晴れ」は「さつきばれ」と読みます。

五月(さつき)と読むのは、もともと旧暦での5月を皐月(さつき)としていたからと思われがちですが、実は奈良時代に編纂された『日本書紀』では、すでに五月(さつき)と読まれていたんですよ。

稲作の早苗を植える時期ということで「早苗月」(さなえづき)と呼ばれていたものが短くなり、さつきとなったと言われています。

◆「五月晴れ」の意味は元々梅雨の晴れ間のこと

(c)Shutterstock.com

上記のように、五月(さつき)は、旧暦での5月の呼び方で、現在の6月頃のこと。実は、元々はこの梅雨の時期にある晴れ間のことを「五月晴れ」と呼んでいました。そのため、俳句の世界では「五月晴れ」は、初夏の季語として使われているんですよ。

その後、旧暦から新暦になったことに伴い、五月(さつき)が5月にあたるようになったことで、「五月晴れ」が『5月のすがすがしい晴天』の意味で使われるようになりました。当初は間違った用法だとされていましたが、時を経て、正しい意味として定着したんですね。

このような経緯があるため、5月の晴れの意味で使いたい場合に、あえて五月晴れ(ごがつばれ)と読む場合もあるそうですよ。

いかがでしたか? 私たちからすると「五月晴れ」といえば、5月のすがすがしい晴れが思い浮かびますよね。むしろ梅雨の晴れ間のことだったとはびっくり。当初は誤用でも、今は代表する意味となっているんですね。言葉は時代とともに変化していて面白いですね。

鶴田初芽

都内在住のOLライター。マナーインストラクターであり、実用マナー検定準一級や敬語力検定準一級など、ビジネスにおけるマナーや、マネーに関する資格(2級ファイナンシャル・プランニング技能士、金融コンプライアンスオフィサー、マイナンバー保護オフィサー)などを保有。丁寧な暮らしに憧れ、断捨離修行中!


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.19

編集部のおすすめ Recommended

Feature