『ホットケーキ』って英語? 外国人に通じる?【日本人が迷う英会話フレーズ】 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 『ホットケーキ』って英語? 外国人に通じる?【日本人が迷う英会話フレーズ】

WORK

2020.02.06

『ホットケーキ』って英語? 外国人に通じる?【日本人が迷う英会話フレーズ】

日本でよく耳にするカタカナの単語やフレーズをネイティブに対し使ってみたら通じなかった! という経験をしたことありませんか? 日本人が迷いやすい英語表現を今回はピックアップしてご紹介。外資系IT関連企業勤務のOggi.jp’s 中谷晶子がお届けします。

Oggi.jp’s 中谷晶子

『ホットケーキ』はネイティブに通じる? 通じない?

例えば多くの女性が大好きな『ホットケーキ』。

日本でも『ホットケーキ』以外に『パンケーキ』という言い方もしますが、これってネイティブにも通じるのでしょうか?

答えは、

『パンケーキ』:Pancake 【〇】

『ホットケーキ』:Hotcake 【△】

まず、『パンケーキ』について。

これは日本語と同様に英語でも『パンケーキ(Pancake)』といいます。

<例>

This restaurant is famous for fluffy pancakes.

このお店はふわふわのパンケーキが有名です。

なので、『パンケーキ(Pancake)』に関してはネイティブにそのまま通じると思ってOK♡

ちなみに『Japanese Pancake(直訳:日本風パンケーキ)』というと『お好み焼き』のことを指したりします。

一方で、『ホットケーキ(Hotcake)』は△となります。

これは『パンケーキ(Pancake)』という表現が英語では主流であり、間違いではないものの、エリアによっては通じない場合があるためです。

正直なところ私自身も約5年アメリカで生活する中で、ネイティブが『ホットケーキ(Hotcake)』と使っているのを聞いたことはなく…。

なので、確実に伝わる! という意味で、英語では『パンケーキ(Pancake)』と表現することをおすすめします♡

他にもスイーツ関連でいくつかの表現をご紹介!

■『シュークリーム』:Cream puff

■『ショートケーキ』:Sponge cake

■『カステラ』:Japanese sponge cake

■『アイスクリーム』:Ice cream ※『アイスキャンディ』の場合は“Popsicle”となるので注意!

■『ガトーショコラ』:Chocolate cake

ぜひこの機会に覚えてみてくださいね♡

TOP画像/(c)Shutterstock.com

Oggi.jp’s 中谷晶子

小中学校をアメリカで過ごし、現在はIT企業に勤める34才。2018年4月からoggi.jpにてブログを執筆する“Oggi.jp’s(オッジ ジェイピーズ)”としての活動を開始。
趣味は新たなお店開拓。美味しいお肉とお酒を糧に日々奮闘中。働く女性に向け、ビジネスから旅行のシーンまで、簡単ながらこなれた印象を与える英会話情報を発信します。


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.05.20

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。