Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. そもそも「晩婚」って何歳からのことをいう?<アラサー婚活女子のつぶやき…>

LOVE

2020.02.05

そもそも「晩婚」って何歳からのことをいう?<アラサー婚活女子のつぶやき…>

早婚よりも晩婚の方がいいことがたくさんあるのでは? 「晩婚のススメ」を婚活中アラサーOL タケ子がお届けします。

OLライター タケ子

結婚願望ありありガールに捧げる「晩婚のススメ!」

(c)Shutterstock.com

こんにちは、既に晩婚決定OLタケ子です(泣)。まぁ泣いても仕方ないのですけれどね(笑)

もっと若い時にウェディングドレス着たかったなぁ~と思うのですが、それはあくまでもスタート。その後の2人の生活を考えると意外と大人になってからの結婚の方がおすすめかもしれません。今回は結婚願望ありありガールに捧げる「晩婚のススメ!」よ!

「晩婚」と聞くと、晩年に結婚すると思いますよね。でもみなさんは、晩年って、だいぶ高齢のイメージしませんか? 小学館が発刊する大泉辞によると「一生の終わりに近い時期。年老いてからの時期」とあります。げっ! めっちゃおばあちゃんじゃんと思っちゃいますね。でもこの“晩婚”の場合には、初婚年齢の平均以上の歳に結婚することを「晩婚」と言います。

現在の女性の初婚平均年齢は、29歳! ということは30歳以上で初婚の女性はみんな「晩婚」。もっとおしゃれなかわいいネーミングにしてくれよと思いますよね(笑)。この晩婚には、おすすめすることがたくさんあるんですよ♡

◆成熟した大人だからこそ

女性は16歳からの結婚が認められていますが、それ以降、勉強や受験に就職、と社会人になるまで期間があります。

この期間、恋愛は楽しめても自分のことで精一杯になり、結婚・出産まではたどり着けないことがあったり、また男性側も同様に同年代と付き合っていても一人前と呼ばれるまでには時間が掛かったりします。

女性は、30を超えると、仕事での責任は増えるものの余裕のもち方も覚え、真剣にプライベートに時間を割くことができるように。より良い男性を見抜く力も備わってくるはずです。ハタチそこそこの恋愛よりもスムーズな結婚へのプロセスを歩めそうですよね。結婚後も、住宅や車に余暇活動と互いの力量を合わせた上質な生活を送れるはず。

◆独身を謳歌

(c)Shutterstock.com

若い年齢で所帯を持つメリットも、もちろんたくさんあります。それもわかります。ですが、晩婚であっても早婚の人が経験できないメリットもたくさんあると思うのです♪

早婚の場合、仕事でキャリアを積みたいと考えていても、まだまだ男社会な日本。待遇として、「結婚=妊娠」の思考回路から新婚女性に期間の長いプロジェクトに参加してもらうか、迷わせてしまうかも…。

一方、着実にキャリアを積んできた独身女性はその分金銭的にも充実したプライベートを味わうことが可能に。既婚者より夜の誘いも多く、大人だからこその遊びを経験できるのもまたメリットだと思います。

◆晩婚を恐れないこと!

(c)Shutterstock.com

「25を越えたらクリスマスケーキと一緒。売れ残り。いきおくれ」一体、こんな言葉いつの時代の言葉かしら? 私たちは令和を生きる女性でしょ! 家族から「いい人いないの?」と聞かれる筋合いも、友達の出産ラッシュも落ち込むまで考える必要はありません。

30歳を超えると結婚の確率が下がると言われていますが、30代40代で結婚・出産を経験した幸せに包まれている女性も大勢いることを忘れないで。結婚年齢にリミット無し♪ だって私たちは16歳になった瞬間から一生、いくつになっても結婚が出来る人なのですから。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2020.09.23

編集部のおすすめ Recommended

Feature