Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 彼氏
  4. SNS時代の悲劇… 写真を撮るのが「下手すぎる彼氏」への苦悩3

LOVE

2019.11.27

SNS時代の悲劇… 写真を撮るのが「下手すぎる彼氏」への苦悩3

今の時代は、デート中にもSNSにポストする写真を撮る光景が日常的。彼に写真を撮ってもらう女子も多いけれど、彼氏の撮影技術が「難アリ」だと想定外の苦悩を抱えるハメにも……!? そんな女子が実態をぶちまけます!

並木まき

1:いつも半目か目を瞑っている私…

「交際半年の彼氏は、写真を撮るのが本当に苦手みたい。デート中に、映えスポットを見つけると、インスタ用に彼に写真を撮ってもらうんですけど、彼がシャッターを押した写真は、どれも私が半目か目を瞑っているかのどちらか……(泣)。

何度もタイミングを合わせようと努力したのですが、半年経った今も、ひとつもいい写真が撮れません(涙)。カップルで自撮りをしても、ふたりがきちんと目を見開いている写真はほぼゼロで、どちらかが変顔になっています……。実は、よほど相性が悪いのでしょうか!?」(31歳女性/PR)

いつもこんな写真ばかり…
(c)Shutterstock.com

シャッターを押すタイミングは、ほんの0.5秒ズレるだけでも微妙な顔に。“阿吽の呼吸”になる日が来ればいいのですが……!

2:ヨリすぎて背景がない…

「彼氏に写真を撮ってもらうと、なぜかいつもヨリの構図で、背景がまったくと言っていいほど写っていない写真ばかり。どこかにお出かけしても、できるだけ画面いっぱいに人物を入れようとするので、臨場感がない残念な写真しか撮れません(涙)。

この前、彼と紅葉スポットに行ったときに、見知らぬ同世代カップルからシャッターを頼まれて彼が写真を撮ったのですが…… 撮った写真をチェックした彼女の顔が固まっていて、きっと紅葉が全然写ってなかったんだと思います。心の中で『だよねぇ。ごめんねぇ』って思いました(苦笑)」(28歳女性/美容)

紅葉ないやん…
(c)Shutterstock.com

人物を撮るのに夢中になってしまうと、構図はガン無視になる男性も! 悪気はないのでしょうが、お出かけスポットでの写真は、背景もおさめたいですよね〜。

3:いつも斜めな写真に…

「ちょっとファンキーな性格の彼氏は、写真を撮るときにもまっすぐに撮ることができないみたい(笑)。彼に写真を撮ってもらうと、必ずと言っていいほど斜めになっていて、SNSにポストするときには、まずは人物の位置を平行に戻す必要があるんです(苦笑)。

前に彼氏にそれとなく指摘したら『まっすぐに撮ると、つまらないじゃん?』って言ってましたけど、いつも斜めの構図も、そんなに面白いとは思えませんし、たまには普通の写真も撮ってほしい!

ちなみに、スマホを斜めにして撮影するせいかわかりませんけど、かなりの確率でブレ気味なので、そもそもSNSに投稿できる写真がかなり限られるのも、悩みです……」(32歳女性/ウェディング関連)

見直す時、首痛い…
(c)Shutterstock.com

彼なりのこだわりでシャッターを押してくれていても、ありがた迷惑になってしまう場合も!? 構図は修正ができるものの、ブレた写真ばかりは確かに困る……!

SNS全盛期の今は、カップルで写真を撮り合うのも日常的な光景。撮影が下手な彼氏がいる女子は、ちょっとした苦悩も抱えがちですよね♡

並木まき

並木まき

ライター・時短美容家。シドニー育ちの東京都出身。28歳から市川市議会議員を2期務め政治家を引退。数多くの人生相談に携わった経験や20代から見てきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様を活かし、Webメディアなどに執筆。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.12.15

編集部のおすすめ Recommended

Oggi1月号 P.158に掲載の常盤薬品工業の商品について誤りがありましたので、訂正してお詫び申し上げます。(誤)ニューボーン WブロウEX N 01 ¥1,200 →(正)ニューボーン パウダリーペンシルブロウEX 01 ¥850

Feature