Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. ワーキングニュース
  4. 元手200万円が資産3億円に!? 仕事を成功に導いた「高速読書」術とは?

WORK

2019.09.28

元手200万円が資産3億円に!? 仕事を成功に導いた「高速読書」術とは?

脳科学の「分散効果」、「エピソード記憶」、「アウトプット」を活用した「高速読書」術を身につければ1日1冊読める!? 上岡正明氏が考案したこの読書術の魅力とは? を紹介します。

仕事にも人生にも役立つ!?「高速読書」とは?

読書していますか? 読書はしても「本を読んでもすぐ忘れる」「読むのが遅くて時間がかかる」という声をよく聞きます。

そこで今回はそんな悩みが即解決できると注目の読書術を紹介している「死ぬほど読めて忘れない高速読書」(アスコム)の著者である上岡正明さんに高速読書の魅力を伺いました。

「もしあなたが今の生活に不満を抱いているなら、あるいは、より豊かな人生を望んでいるなら、高速読書はあなたをサポートする最強の武器になってくれます。ぜひ、試してみてください」(上岡正明)

考案者 上岡正明氏が語る「高速読書のここがすごい!」5

1.高速でたくさん読める

高速読書は、「1冊を30分で3回読む」メソッド。速読術の「1冊3分」といった触れ込みに比べてインパクトは少ないかもしれません。しかし速読の「3分で読める」というのは、「読んだ気になっている」だけ。高速読書は、しっかりと内容を頭にインプットすることができるんです。

2.本の内容を忘れない

本で得た知識を長期記憶として脳に定着させることができます。脳科学に裏づけられた方法なので、特殊な能力や、読書の得意不得意は関係ありません。誰でも読んだら内容を忘れないスキルが身につきます。

3.仕事や生活に必ずアウトプットできる

高速読書の目的は「インプット」に留まりません。読書で得た知識を、仕事や生活に必ず生かせるように!

4.レッスンは不要。すぐに実践できる

高速読書は、既存の速読法とは異なり、レッスンやトレーニングは一切必要ありません。その日から始められます。

5.人生がどんどん豊かに!

私の著書「死ぬほど読めて忘れない高速読書」では本で得た知識をどのように現実世界につなげるかまでカバーしています。実践者からは驚きの声があがっていますよ。

「高速読書」は、脳科学の“分散効果”、“エピソード記憶”、“アウトプット”を活用

◆“分散効果”とは?…

じっくりと1回読書するよりも、読書時間を分散して同じ本を速く読むほうが、脳に記憶がとどまることが脳科学の研究でわかっています。加えて、それぞれ別の場所で読書をするとさらに効果が高まります。この根拠から、高速読書では1回目を15分、2回目を10分、3回目を5分で読みます。

◆“エピソード記憶”とは?…

高速読書では、単に読むのではなく、読んでいるときに感じたことを本に書き込んだり、気になる部分に線を引いたりします。これは脳科学のエピソード記憶を活用したもの。脳には、平常時よりも、何らかの変化があった場合のほうが物事をより記憶できるという習性があります。これを「エピソード記憶」といいますが、高速読書では、読書しながら書き込みをすることで平常時とは異なる状況を作りだし、脳に記憶としてしっかり定着するようにしているのです。

◆“アウトプット”とは?…

高速読書ではアウトプットも駆使。アウトプットとは、高速読書に即していえば、読書で得た知識やスキルなどを、自分の頭の中にとどめるのではなく、実際に現実世界で使うことを意味しています。アウトプットすることで、脳はそれを重要な情報だと捉え、長期記憶として保存するのです。

いざ実践してみよう! 高速読書のやり方

今回は集中して読むのが得意な人向けの方法を紹介します。1冊を3回、時間をあけて集中して読む方法です。

<読書時間30分>

1回目:15分(全ページ読む。重要と思ったページはドッグイヤーする)

2回目:10分(ドッグイヤーのページを読む。重要箇所に青ペンでメモをする)

3回目:5分(青ペンの入ったページを読む)

毎回異なる場所で読むのがベストです!

高速読書をより効率的に身につけるコツも伝授!

ではここで高速読書を実現するためのコツ“ロケットスタートリーディング”も紹介します。

◆<やりかた>タイマーセットと同時に一気に読み進める

ストップウォッチ(スマホの時計アプリで可)を用意。制限時間(1回目であれば15分)を決めてカウントダウンタイマーをスタート。と同時に一気に読み始める。読み飛ばしてもいいので、制限時間内に必ず読み終えるようにする。重要だと思ったページはドッグイヤーするだけ!

◆<効能>制限時間が脳を活性化させる!

読書スピードが伸びない一因は、読書に集中できていないから。人間は終了時間を強制的にロックされると、集中力が飛躍的にアップすることがわかっている。

人は本を7冊読めば、その道の知識人になれるそう。高速読者なら、たった2週間で達成できる!! そしてその知識を仕事や生活にアウトプットして、人生を豊かにすることができるんだそう。

高速読書のさらに詳しいテクニックやヒントは上岡正明さんの著書「死ぬほど読めて忘れない高速読書」(アスコム)をチェックして!

上岡正明(かみおか・まさあき)

日本脳科学認知心理協会理事。株式会社フロンティアコンサルティング代表取締役社長。多摩大学大学院情報経営学科修了(MBA)。多摩大学客員講師。

1975年生まれ。放送作家を経て、27歳でマーケティングのコンサルティング会社を設立。

従来の速読法によってビジネススキルの向上を目指すもその効果に疑問を抱き、脳科学的なアプローチから「高速読書」を考案して実践。1日1冊読めて、記憶に定着する高速読書を15年間続けている。

これまで、本から得た知識とスキルを武器に、会社を軌道に乗せ、20年以上にわたって200社以上の企業ブランド構築、スウェーデン大使館やドバイ政府観光局などの国際観光誘致イベントやPRを成功させてきた。また、高速読書によって幅広い分野の専門性を身につけ、投資家としても活躍。30代にして3億円の資産を形成し、そのノウハウを記したビジネス書は中国、台湾、韓国でも翻訳され、累計15万部を超える。

日本神経心理学会、日本行動心理学会、一般社団法人日本行動分析学会の各会員。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.15

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature