Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. シリーズ累計100億円超!? 笑顔のスポンジが全米で愛され続けるワケは…

LIFESTYLE

2019.09.19

シリーズ累計100億円超!? 笑顔のスポンジが全米で愛され続けるワケは…

アメリカで大人気の可愛い笑顔が溢れ、環境にも優しい可愛いスマイルデザインのスポンジ『Scrub Daddy®(スクラブダディー)』。この秋から日本でも販売開始!

全米で大人気!『Scrub Daddy®(スクラブダディー)』を知ってる?

アメリカのスーパーマーケットや、キッチンウェアショップに行くと必ず見かけるのが『Scrub Daddy®(スクラブダディー)』という食器洗い用スポンジ。アメリカ人の友人宅で見かけたこともあります。

編集Hは、アメリカに行く機会が多いのですが、よく目にするので「売れているのかな? なんでだろ? 可愛いから?」と不思議に感じていたんです。

すると、このスポンジが日本にこの秋上陸というニュースが! このニュースとともに愛される理由あれこれを知り納得! 売れている理由は可愛いだけではなかったんです。編集Hも早く使ってみたくてウズウズしています。

ではここで『Scrub Daddy®(スクラブダディー)』の魅力を紹介していきしょう!

『Scrub Daddy®(スクラブダディー)』が愛され続ける理由

Scrub Daddy®(スクラブダディー)

可愛いスマイルデザインのスポンジ「Scrub Daddy®(スクラブダディー)」は、2012年にアメリカで生まれました。発売当初は1種類のスポンジからスタートし、全米で瞬く間に人気商品となり、7年間で100億円以上を売り上げ、アメリカ市民に広く愛されるスポンジブランドに成長。

全米で人気な理由は、これまでアメリカで売られていた一般的なスポンジとは異なる価値が、アメリカ市民から評価されたためだそう。

従来の一般的なスポンジは、黒ずんだり、スポンジに付いた汚れが取れなかったりと、キッチンの隅に隠されていた存在でしたが、汚れが付きにくく、また笑顔のデザインも特徴的なことから、キッチンの表に出せる存在として評価されました。

更に、従来のスポンジよりも少量の洗剤で、汚れも油分もよく落ちるという、環境にも優しい点も人気につながっているそう!

◆温水で柔らかく、冷水で硬くなる独自の特殊素材を使用

ひとつのスポンジで、摩擦に弱い食器や油汚れなどがこびりついているフライパンまで綺麗に洗える万能スポンジ。アイデア次第で使用方法は無限大!

【4つのスマイルポイント】

1.Scratch Free
研磨剤やスチール繊維を使っていないので、テフロン加工、ステンレス、その他デリケートな表面を傷つけません。

Scratch Free

2.Dishwasher Safe
食洗器使用可能! しっかり熱殺菌できる他、残飯や臭いが付着しにくい素材。

Dishwasher Safe

3.Deep Cleaning
目の部分は二本の指でつかみやすく、底が深いグラスやコップもしっかり洗えます。

Deep Cleaning

4.Versatile Smile
笑った口はスプーンやフォーク、箸を挟んで一度で両面をキレイに洗えます。

Versatile Smile

編集Hは、このスマイルポイントの3と4を読んだとき、この商品が売れている理由にすごく納得したんです!

グラスや、鍋底を洗いたいとき、よくある四角いスポンジの接着面に均等に力をかけられず、なかなか汚れが落としにくかったり、スプーンやフォークなどのこびりつきがうまく落とせなかった経験ってありますよね?

この『Scrub Daddy®(スクラブダディー)』はそのストレスを軽減するように計算された顔デザインなのです! 単純にスマイルした顔が可愛いというデザインではなかったんですね!(感動)

Scrub Daddy®(スクラブダディー)

キッチンシンクの水道のレバーにかけておけば、いつでも可愛いスマイルが。汚れがつきにくいので、きれいなままキープできるのも特徴。

今秋から、日本国内の店舗・オンラインショップ等で販売という『Scrub Daddy®(スクラブダディー)』。
販売展開の詳細は決まり次第、公式サイトで順次公開されるというので要チェック!


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.18

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature