Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活
  4. 【医師が語る】ひざ上でのPC作業が精子に悪影響? 50人に一人の男性が無精子症?

LOVE

2019.06.05

【医師が語る】ひざ上でのPC作業が精子に悪影響? 50人に一人の男性が無精子症?

順天堂大学医学部付属浦安病院 泌尿器科 教授 辻村 晃先生による「男性不妊」に関する講演から、女性も知っておくべき話題を紹介します。

精液は健康のバロメーター!

不妊大国といわれる日本において重要なテーマとなっている「男性の不妊」

「男が変われば不妊は変わる」と題した順天堂大学医学部付属浦安病院 泌尿器科 教授 辻󠄀村 晃先生の講演では、男性不妊について「5.5組に1組が不妊の検査・治療を受けたことがある。そのうち約半数は男性のみに又は男女両方に原因があり、男性にとっても不妊治療は重要」というお話が。

カップル
(c)Shutterstock.com

今、妊活を行っているカップルや、これから結婚・妊娠をのぞむ女性にもこれは気になる情報ですよね。男性にも不妊の原因があることが多く、不妊治療が必要というのはどういうことでしょう。

辻󠄀村 晃先生は「昔は100人に1人と言われていた無精子症も、いまは50人に1人くらいいます」と、精子数が減少していることを指摘されています。

また、「単に精子の数の問題だけでない。精液所見が悪いと早死につながっているデータもあります。精液は健康のバロメーターです」と、不妊だけでなく、全身の健康という観点からも精液の重要性を指摘。

ひざ上でのPC作業が精子をつくる機能を低下させる?

精子をつくる機能が低下する要因として辻󠄀村 晃先生は次のように警鐘を鳴らします。

肥満喫煙だけでなく、精巣を温めることになる膝上でのPC作業、精子の動きに悪影響を及ぼす可能性のあるWi-Fiも良くない。最も大きな要因は加齢

辻󠄀村 晃先生のお話の中では、亜鉛をはじめとした抗酸化剤の使用によって、精液所見が改善したデータなども紹介。また最後のまとめでは「不妊症患者は、勃起力が低下している。また精液所見が悪化している男性はEDになりやすい未婚のED男性は精液検査をしておくことが大切」というメッセージを伝えられていました。

ED男性
(c)Shutterstock.com

パートナーとの健やかな生活のためにも、さらに今後妊娠を希望するなら、彼の精液や勃起力にも気を配ってみるといいかもしれません。

情報提供/TENGA ヘルスケア

お話を伺ったのは… 順天堂大学医学部付属浦安病院 泌尿器科 教授 辻󠄀村 晃先生

昭和63年兵庫医科大学卒。国立病院機構大阪医療センターに勤務の後、米・ニューヨーク大学細胞生物学臨床研究員。大阪大学医学部附属病院教授などを経て、2017年2月から現職。メンズヘルスクリニック東京で男性妊活外来、男性更年期専門外来を担当し、2018年7月放送のNHKスペシャル「ニッポン “精子力” クライシス」でもデータやコメントを多数提供。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.23

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature