Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 結婚したい
  4. 「妥当」を「妥協」と捉えることが婚活失敗の落とし穴!? 選ばれない女にならないための婚活注意事項!【銀座の婚活アドバイザー曰く。】

LOVE

2019.05.06

「妥当」を「妥協」と捉えることが婚活失敗の落とし穴!? 選ばれない女にならないための婚活注意事項!【銀座の婚活アドバイザー曰く。】

こんにちは、銀座の結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザーの立花えりこです。これまで結婚相談所の仲人業や婚活パーティなど様々な出会いの現場で、20代から70代という幅広い世代の婚活に関わってきた私から、「結婚につながる出会い・婚活」について、お届けしていきます。今回のテーマは、大きな勘違いが引き起こす婚活失敗の落とし穴について。

婚活アドバイザー 立花えりこ

元彼・元夫のステータスに縛られていませんか?

「元彼は年収1000万以上あって…」「元彼が医者で…」と元恋人のステータスを話題に出す女性は、結婚相談所のカウンセリングでも数多くいらっしゃいます。
そういうハイステータスな男性とつきあえていた自分まですごいと勘違いして「元彼と同レベルもしくはそれ以上の男性と出会いたい」と思ってしまうんです。

大きな勘違い
(c)Shutterstock.com

この大きな勘違いはいくつになっても…シニア世代の女性の婚活シーンでも多く見られます。

「結婚相談所で婚活してみて、自分はただの独り身のおばさんなんだと痛感しました。私がすごいんじゃない、元夫がすごかっただけなんだって…」今の自分自身の現実との理想の相手の希望条件のジレンマに苦しんでいる50代婚活女性もいるくらいです。

■「妥協」を「妥当」と考えられないとご縁を逃す

妥協と妥当
(c)Shutterstock.com

元彼と比べて、元彼以下の年収や条件だと妥協していると考えてしまう人がいたら、今すぐその考えを捨てること。そのハイステータスな元彼とは、結婚までいかなかったという現実を無視しないこと。

元彼にとってあなたが「妥当」で、釣り合いのとれた相手であったなら、結婚していたはずなんです。そもそも「妥協」ととらえる時点で、上から目線。そういうタイプは案外、自分自身が「妥協」していると思っている男性からすらも、打算的な部分を見透かされてしまい、選ばれない女になりがちです。

婚活は、男女の「妥当な条件」の総合的な合致です。お互いの妥当な条件が合致してるからこそ、長続きする結婚生活が送れる相手(=離婚率の低い)と出会えるのが結婚相談所の婚活の特徴でもあります。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

立花 えりこ

結婚相談所ブライダルゼルム婚活アドバイザー。業界最年少で婚活アドバイザーとなり15年。20代~シニア世代まで様々な婚活をサポート。昨今はシニア婚活有識者としても、活躍中。
HP:結婚相談所ブライダルゼルム
Twitter:婚活アドバイザー立花えりこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.05.26

編集部のおすすめ Recommended

Feature