Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. その手があったか! 涙が出ない、たまねぎの切り方<ティッシュ・メガネ以外>

LIFESTYLE

2019.05.01

その手があったか! 涙が出ない、たまねぎの切り方<ティッシュ・メガネ以外>

今回ピックアップするのは、涙が出ないたまねぎの切り方について。書籍『料理のコツ 解剖図鑑』(豊満美峰子監修:サンクチュアリ出版)から、料理をおいしくするコツを科学的に解説!

涙が出ないたまねぎの切り方

和洋中どんな料理をつくる際にも欠かせない食材の一つ、たまねぎ。でも、みじん切りにして使うことも多く、切っている最中に涙が出るのだけは辛いですよね。

なかには、対策として、メガネをかけたり鼻にティッシュを詰めたりしている人もいるのではないでしょうか。でも、メガネは持っていない人もいるし、鼻にティッシュを詰めるのは少し抵抗がある…という人もいますよね。

そこで試していただきたい方法は、【1】冷蔵庫で冷やすこと、そして、【2】切れ味のよい包丁を使うことです。

たまねぎの切り方

たまねぎを切るときに涙が出るのは、細胞を壊したときに出る硫化アリルが原因。これは、常温で揮発し、鼻から入ることで涙が出ます。

これを防ぐには、まず硫化アリルを生成する酵素反応を遅らせるため、冷蔵庫などで冷やします。

さらに、できるだけ細胞を壊さないように、切れ味のよい包丁を使うとより効果的。

ぜひ試してみてくださいね!

書籍『料理のコツ 解剖図鑑』では、今回ご紹介した内容以外にも、レシピには書いていないけれど料理が確実においしくなるコツについて、科学的に解説されています。あわせてチェックしてみてくださいね!

書籍『料理のコツ 解剖図鑑』

トップ画像/(c)Shutterstock.com

関連記事

『料理のコツ 解剖図鑑』(豊満美峰子監修:サンクチュアリ出版)

「おいしい!」には科学的理由があった! レシピには書いてない、確実においしくなる法則。
レシピ通りに作っているのに「なぜか失敗してしまう」普通の料理なのに「いまいちおいしくない」という人に。この本はレシピには載っていない“コツ”の手順と、その“コツ”がなぜ必要なのか、おいしくなる理由を解説します。
“コツ”を理解すれば、どんな料理にも対応できる、本当の料理上手になれる。
料理のプロなら必ず知っているけれど専門書にしか載っていない、小さな工夫を一般のご家庭向けに紹介。
見開きページでコツの手順、効果、科学的理由を解説。しかも詳細な図解イラスト&フルカラーだからわかりやすい!


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.09.17

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号でブランド名の表記に間違いがありました。60ページに掲載のCORSOの靴の問い合わせ先は正しくは“ROPE mademoiselle”です。0120-298-133 になります。お詫びして訂正致します。

Feature