26度の日の服装26選|失敗しないトップスとスカート&パンツ選び | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. 26度の日の服装26選|失敗しないトップスとスカート&パンツ選び

FASHION

2021.10.24

26度の日の服装26選|失敗しないトップスとスカート&パンツ選び

気温26度の日におすすめのレディースのための服装を大特集。26度と言っても最高気温が26度、最低気温が26度のときでかなり選ぶ服装が違ってきます。最高気温が26度でも、朝晩冷え込みが予想される日は、カーディガンやジャケットをコーデに取り入れるのがおすすめ。また、最低気温が26度という一日中暑さ続くのが予想される日には、半袖・ノースリーブをおしゃれに着こなしていきましょう。

【目次】
季節を感じてコーデを楽しもう
最低気温が26度の日の服装
最低気温が26度の日の服装
最後に

季節を感じてコーデを楽しもう

夏が近づいている梅雨時や、秋の気配を感じ始める気温26度の日。最高気温か最低気温かによっても、選ぶ服装は変わってきますよね。その時々の気候を感じながら、季節はずれにならないコーデを目指しましょう。

〈POINT〉
・朝晩の寒暖差はあるか
・季節感のないアイテムが簡単
・季節の先取りは足元で表現を

最高気温が26度の日の服装

日中は暑いくらいでも、朝晩に冷えを感じることもある「最高気温26度」。長袖もしくは、着脱しやすいはおりものがあれば安心です。足元は、春ならサンダルなどの肌見せを。秋ならパンプスやブーツを。スニーカーならオールシーズンOKです。

【1】開襟シャツ×淡色デニム

開襟シャツ×淡色デニム

どんな季節にも対応でき、きちんと感もキープしてくれるシャツやブラウス。ニュアンスカラーデニムでワントーンにまとめつつ、ブラウン小物でキレ味よく。

いつも以上に“大人め”! ニュアンスカラーのワントーン配色

【2】ブラウンTシャツ×ハイライズデニム

ブラウンTシャツ×ハイライズデニム

湿気の多い時期など、ジメジメする暑さは夏トップスでしのぎたい。そんな日は、肩掛けカーディガンがお役立ち。シンプルコーデのアクセントとしても◎

注目ブランドで、きれいめ派もデニムをアップデート!

【3】スポーティブルゾン×白プリーツ

スポーティブルゾン×白プリーツ

天気が不安定な日は軽めのアウターを。フェミニンボトムとハンサムなブルゾンとのMIXコーデが、大人にふさわしい旬のスタイルに。

ニュアンスカラーブルゾンでワンランク上のおしゃれを目指す

【4】ボーダーカットソー×黒タイトロングスカート

ボーダーカットソー×黒タイトロングスカート

辛口&モードな性質をもつ黒は、プチプラでも着映えしやすいNo.1カラー。深みのあるストイックな黒を選べば、簡単に、かつ間違いなく、おしゃれレベルをワンランク上に見せられる。深い黒のリッチ感で、大人カジュアルを叶えて。

チープ・シックを叶える【深い黒】選びかたのコツ&着こなし実例4

【5】イエローブラウス×カーキタイトスカート

イエローブラウス×カーキタイトスカート

イエローのポジティブさはそのままに、スモーキートーンならではのこなれ感を堪能。カーキとのくすみコンビで洗練度を高めて。全体が沈まないよう足元には鮮やかな青を。

チープ・シックを実現! プチプラだけど妥協しない【スモーキー暖色】の4アイテム&着こなし

【6】グレーTシャツ×ピンクジャケット×ベージュショートパンツ

グレーTシャツ×ピンクジャケット×ベージュショートパンツ

ロング×ショートの合わせが洒落感を生んで。ジャケットはかなり薄手の素材感。麻ならではのシワの風合いも大人のニュアンスに。マニッシュなロング丈に、あえてショートパンツを合わせるバランスもジャケパンをより上級仕様に導くポイント。

ロング丈変形ノーカラー×ショートチノで上級お洒落|【夏に着たいジャケパン】

【7】ブラウンタートルネックカットソー×チェックタイトスカート

ブラウンタートルネックカットソー×チェックタイトスカート

シンプル服にちょうどいい旬感とスパイスを与えてくれ、意外にもヘビロテアイテムになる〝クリスチャンヴィラ〟のバッグを追加して、お出かけをもっと楽しく。

アニマル柄、大人はどう取り入れる!?|レオパード派orパイソン派? おすすめコーデ16選

【8】黒タートルネックニット×ネイビーパンツ

黒タートルネックニット×ネイビーパンツ

黒×ネイビーの優等生配色に、パイソン柄のバッグをプラスして、旬スパイスをぴりっときかせたコーデ。パイソン柄のバッグで辛口イメージを強化して、よりファッショナブルに。

黒×ネイビー配色にパイソンバッグで旬スパイスをぴりっと!

【9】白Tシャツ×デニムパンツ

白Tシャツ×デニムパンツ

永遠の定番、白Tシャツとデニムのコーデ。シンプルに着るのも好きだけど、ときには思いきり遊んでみる。ネックレスプリントの一枚に、長短のネックレスを自由にプラス。Tシャツだからできる攻めのおしゃれがセンスを磨き、飛躍的に進化させるきっかけに。

【Tシャツ】を格上げするネックレス柄ONネックレス|矢野未希子のシネマティック・シンプル

【10】ブラウンTシャツ×ネイビースカート

ブラウンTシャツ×ネイビースカート

上品スカートはスカーフなどの小物でさらに華やかに。ネイビーのフレアスカートが、清楚な雰囲気を漂わせてくれる優等生コーデです。

【夏色ハリ感ミディスカート】今年買うなら、ひとくせ・長め・ポケットありが新ルール!

【11】ネイビージャケット×キャメルタイトスカート

ネイビージャケット×キャメルタイトスカート

旬のスポーティアイテムはネイビーでちょっとおとなしめに。アスレジャーな服にタイトスカートを合わせたら、大人っぽく決まっていい感じ。

旬のスポーティアイテムは、ネイビーが断然大人っぽい!

【12】白シャツ×ベージュワイドパンツ

白シャツ×ベージュワイドパンツ

アンティーク調のタイネックレスと刺しゅう入りの開襟シャツ。ちょっとレトロな組み合わせは、ヴィンテージスタイルが旬の今だからこそ、ぜひトライして。デニムを合わせるよりも、ゆったりとしたベージュのパンツを合わせて、シックに着こなしたい。

【開襟シャツ】はベージュで品よく着こなして|矢野未希子のシネマティック・シンプル

【13】ノーカラーネイビージャケット×水色キャミソール×チノパン

ノーカラーネイビージャケット×水色キャミソール×チノパン

男前なジャケパンにインナーで色気を投入。ピンストライプもワイドチノも、持ち味は辛口でメンズライク。そこへ繊細なシルクキャミソールを差し込むことで、「わかってる」大人の女っぽさが開花します。

ピンストライプノーカラー×ワイドチノで辛口おしゃれ|夏に着られる【ジャケパンコーデ】

最低気温が26度の日の服装

ほぼ夏の装いがぴったりな「最低気温26度」。アウターいらずで、日中の暑さ対策をイメージした着こなしで対応できます。足元のサンダルは、残暑を過ぎたらパンプスなどにスイッチを。

【1】レーヨントップス×フレアスカート

レーヨントップス×フレアスカート

とろみのあるトップスとハリ感のあるスカート。配色と素材のメリハリで洒落感を高めて。

程よくゆるく、でも印象はきちんと

【2】T型トップス×きれいめパンツ

T型トップス×きれいめパンツ

Tシャツよりもきちんと見えが叶うワイドスリープ。こっくりしたブラウンとダスティピンクが大人顔の着こなしに。

まだ暑い。けれど秋を見据えてきれい色ボトムを

【3】シアーブラウス×カラーボトム

シアーブラウス×カラーボトム

もう少し長袖を楽しみたいときは、透け感のある素材で女らしく。立体感を効かせる着こなしで、ぐっとムードを高めて。

ほんのり透けるシアートップスの着こなし方…

【4】グレージュTシャツ×モーブピンクパンツ

グレージュTシャツ×モーブピンクパンツ

グレージュとモーブピンクを混ぜたような絶妙トーンのコーデ。抜け感が出る洗いざらしたような風合いがカジュアルでいい感じです。

【スモーキー暖色】ムダ買いしない「チープ・シック」な色選びのコツとは?

【5】黒ノースリーブニット×オレンジワイドパンツ

黒ノースリーブニット×オレンジワイドパンツ

熟した柿のような渋めのオレンジを、ワイドパンツでドラマチックに取り入て。分量が多くても派手にならずになじむのが、スモーキーカラーの魅力。動くたびにしなやかに脚が泳ぐゆとりも、大人の余裕につながる。

チープ・シックを実現! プチプラだけど妥協しない【スモーキー暖色】の4アイテム&着こなし

【6】黒Tシャツ×レンガ色パンツ

黒Tシャツ×レンガ色パンツ

アクティブな週末の楽ちんスタイルは、ハイウエストでスタイルアップさせるのが正解。休日を楽しめるカジュアルコーデです。

アクティブな週末の楽ちんスタイルは、ハイウエストでスタイルアップさせるのが正解!

【7】黒Tシャツ×グレージュプリーツスカート

黒Tシャツ×グレージュプリーツスカート

シンプルなモノトーンコーデには、カラフルなカバンなどの効きのいい小物をプラスして、おしゃれ度をアップさせて♪

後輩とブレストランチの日は効きのいい小物でおしゃれして♪

【8】白ノースリーブ×ピンクスカート

白ノースリーブ×ピンクスカート

女子ならだれもが憧れるイタリアのハイジュエラーブルガリのブルガリの「セルペンティ」のバッグを取り入れた、優雅なコーデ。

【ブルガリ】不朽の名コレクションのセルペンティのバッグ|名品バッグ

【9】イエローTシャツ×ドット柄カラーパンツ

イエローTシャツ×ドット柄カラーパンツ

旬のエッセンスをちりばめて、愛しのスヌーピーをモードに着る。レトロ配色やドット柄、PVC素材の靴とバッグ。最旬のエレメントを詰め込んで、キャラクターTシャツの洗練と鮮度をアップ。

愛しの【スヌーピーTシャツ】をモードに着る!|矢野未希子のシネマティック・シンプル

【10】黒Tシャツ×デニムパンツ

黒Tシャツ×デニムパンツ

ストイックな黒Tで、カジュアルコーデを一歩大人なモードに格上げ。

休日はプチハイキング♪ 黒Tならカジュアルも一歩大人に

【11】赤ワンピース×黒サンダル

赤ワンピース×黒サンダル

計算された上品な肌見せとリゾート仕様の小物セットには、フラット靴がマスト。シーンレスに着映える、暖色系のきれい色ワンピースを中心に組み立てるというのが基本です。

リゾートでこそT.P.O.を最重視|ワンピースでドレスアップする【大人のリゾートスタイル】

【12】グレーブラウス×黒パンツ

グレーブラウス×黒パンツ

足首がのぞく丈で脚がすらっと見える黒のクロップドパンツと、甲浅ポインテッドの1cmヒール。肌見せならではの抜け感と女っぽさが手に入る、シンプルながら最強なコンビ。

1cmヒールのフラットシューズでも【脚長】に見せられる5つのコツ

【13】ブラウンワンピース×デニムパンツ

ブラウンワンピース×デニムパンツ

背中開きだから通気性も抜群で、歩き回っても疲れない、ワンピース×デニム×ぺたんこの最強トリオ。

動物園へペンギンショーを見に♡ 歩き回る日のワンピコーデ

最後に

季節によって体感が違う「気温26度の日」のコーデを紹介しました。暑さ・肌寒さの変動が激しいときは、オールシーズン使える“季節感のないアイテム”に頼りながらバランスをとるのがおすすめ。天気や湿度も確認しながら、季節はずれにならない着こなしを心がけましょう。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.02

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature