Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 会話でよく使う「あいづち」を漢字で書くと?「相槌」or「合槌」どちらが正解?

WORK

2019.01.06

会話でよく使う「あいづち」を漢字で書くと?「相槌」or「合槌」どちらが正解?

小学館の国語辞典『大辞泉』が発信しているクイズで、ことばセンス&知識を自己点検! 「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるステキな女性を目指しましょう♡ 今回ピックする言葉は、「あいづち」。

「あいづち」を正しく漢字で書けますか?

あいづち」を、正しく漢字で書ける自信はありますか?

会話でもよく使うことばだけれど、手紙やメモに書くときに、どんな字だったか自信がない女性もいるのでは……!?

【問題】
「さかんにあいづちを打っている」のあいづちを漢字で書くと?

1.相槌

2.合槌

正解は?

メモ
(c)Shutterstock.com

はてな
(c)Shutterstock.com

1.の相槌が正解!

「あいづち」は、漢字で「相槌」と書きます。

【ことばの総泉挙/デジタル大辞泉】では53%が正解していました(2018年12月22日現在)。

正しくは「相槌」です。相手の話に合わせてタイミングよくうなずいたり言葉を挟んだりする様子を、トンカントンカンと調子よく鳴る鍛冶仕事にたとえたものです。
※    ※
あい‐づち【相槌/相鎚】
(1)鍛冶(かじ)で、二人の職人が交互に槌を打ち合わすこと。あいのつち。
(2)相手の話にうなずいて巧みに調子を合わせること。「聞く人なげに遠慮なき高声、福も相槌例の調子に」〈一葉・われから〉
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
ことばの総泉挙/デジタル大辞泉


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.06.19

編集部のおすすめ Recommended

Feature