Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. 冷え性の人は食べ方注意!【柿】のメリット・デメリット

BEAUTY

2017.11.08

冷え性の人は食べ方注意!【柿】のメリット・デメリット

漢方アドバイザー・国際中医薬膳師の大木さと子が、東洋医学の視点から仕事をする女性を元気にする情報をお届けします!

大木さと子 国際中医薬膳師

暖かそうな見た目に反して「寒性」の柿

柿1

温かみのあるオレンジ色の「柿」ですが、実は薬膳的な性質を見ると、体を冷やす「寒性」。お腹が冷えやすい人や、産後、冷え性、貧血気味の人などは食べ過ぎに注意が必要です。ともに秋〜冬の寒い時期に美味な「蟹」と「柿」は食べ合わせが悪いと言われていますが、これは両者とも寒性に属する食材のため、体を冷やして下痢などを招く可能性がある、とされているためです。

でも、柿には役立つ効能もたくさん!

柿2

体を冷やす性質があるものの、それによって「体の余分な熱をとる」には有効な柿。効能としては、お酒によるほてりや不調、二日酔い、口の乾き、口内炎、熱性の下痢(脂っこいものの食べ過ぎなどによるもの)、発熱、熱を伴う咳などの改善に効きます。飲みすぎた時の熱っぽさにはもってこい!

食後や、温かい飲み物と一緒に

柿と温かい飲み物

冷え性の人は食べてはいけない、というわけではなく、適量であればもちろんOK。柿には冬の体に嬉しいビタミンCやカロテンなども豊富に含まれています。体が温まっている食後や、体を温める効能のある紅茶やジャスミンティーなどと一緒に食べるのもオススメです。

大木さと子

国際中医薬膳師・漢方アドバイザー。国立北京中医薬学大学日本校卒。普段はメーカー勤務、よく食べよく飲むアラサーOL。ふだんメシをアップするinstagramにて、薬膳の情報も発信中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.07.18

編集部のおすすめ Recommended

※Oggi8月号74ページに掲載の商品クレジットに誤りがありました。眼鏡¥43,000(アイヴァン 7285 トウキョウ〈アイヴァン 7285〉)の価格は、正しくは¥44,000(税抜き)です。お詫びして訂正いたします。

Feature