秋におすすめの着回しアイテム18選|トレンド服がオンオフともにフル活躍! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 秋ファッション
  5. 秋におすすめの着回しアイテム18選|トレンド服がオンオフともにフル活躍!

FASHION

2023.10.03

秋におすすめの着回しアイテム18選|トレンド服がオンオフともにフル活躍!

合わせ方によって表情が変化するアイテムは、大人女子のお洒落コーデの強い味方。着回し力の高いトレンド服なら、そのシーズンを存分に楽しむことができます。今回は、そんな着回し力の高い秋のトレンドアイテムとお手本コーデを紹介します。

【着回しアイテム】で寒暖差の激しい秋を乗り切ろう◎

1枚で何通りものファッションを楽しめるアイテムは、お洒落女子の強い味方。合わせ方次第でまったく別の表情を見せてくれるなら、コスパも最強と言えますよね。今回は、着回し力を発揮するアイテムのお手本コーデを紹介します。

〈POINT〉
・着回したい服は定番カラーと合う色味で選ぶ
・トレンドアイテムはレイヤードでいろんな表情に仕上げて
・手持ちアイテムと2~3通り以上のコーデができるものが◎

〈お手本コーデ〉

グレーニット×ジレ×スカート

白ウールニット×ジレ×ツイードパンツ

おしゃれ上手な人が着こなす「ジレ」。秋のおすすめは「お尻が隠れるくらい、でも長すぎない、ミディアム丈」。

秋のジレは「ミディアム丈」がおしゃれ! オンオフ活躍する着回し力をチェック

今季の【トレンドアイテム】で作る着回しコーデ

まずは、この秋トレンドのアイテムを使った着回しコーデを紹介します。旬のアイテムは、そのシーズンにいかに着回せるかが重要になってくるので、手持ちの服とどうコーディネートできるか考えながら見ていきましょう。

きれいめで軽やかな「ボリューム袖カットソー」

「まだ暑いけれど、気分はそろそろ秋! そんな端境期には、ワンツーコーデでも様になる着映えトップスが頼りになる。ボリューム袖カットソーはTシャツよりもきれいめで、ニットよりも軽快に着こなせるからどんぴしゃ。

ハリのあるポンチ素材のおかげで、ドラマティックなボリューム袖も甘すぎず程よくフェミニンに着こなせるのも私好み♡ 空気をはらんだシルエットは、残暑の時期にも重い印象にならず着心地も抜群です」(スタイリスト・金子 綾さん)

秋~冬まで着回せる「ミディアム丈ジレ」

おしゃれ上手な人が着こなす「ジレ」。今秋のおすすめは「お尻が隠れるくらい、でも長すぎない、ミディアム丈」。1枚あるだけで、オンオフ使えて「ミックスコーデ」上手になれるし、着回し力があるから秋〜冬まで楽しめるというのがメリット!

ミディ丈がまさに旬デザインな「ペプラムニットスカート」

「しばらく続いていたロングスカートの流行から一転、秋はさまざまなブランドからミディ丈のアイテムが続々登場中。

裾の立体的なデザインが、クラシカルにもモダンにもアレンジ自在で着映え効果もばっちり。ニュアンシーなカーキグレーが、いつものシンプルなワードローブに今の気分を連れてきてくれます」(スタイリスト・金子 綾さん)

女っぽさと今っぽさが叶う「シアーブラウス」

おしゃれ上級者に人気のシアーブラウスが、昨年に引き続き2023年もトレンドアイテムとして人気! シンプルデザインのものにマンネリ化してきたという人は、着映え力のある1枚を選ぶのも◎ ピンドットとボウタイがシネマティックな雰囲気に仕上げてくれます。

こなれシルエットがトレンド感満載な「バレルパンツ」

少し丸みのある樽(バレル)のような力の抜けたシルエットが特徴のバレルパンツは、程よいカジュアル感を演出するきれいめパンツ。しっかり入ったタックにハイウエスト、裾に向かってほんのり細くなるテーパードと、スタイルアップする要素もばっちり。

お手本コーデをチェック!

上記のトレンドアイテムを使ったお手本コーデをチェックしていきましょう!

ボリューム袖カットソー×カーキワンピース

ボリューム袖カットソー×カーキワンピース

ボリューム袖カットソーは、旬のクロップド丈というのが新鮮。この丈を生かして、あえてトップスの下にキャミソール形のワンピースをレイヤード。

ボリューム袖カットソー×黒テーパードパンツ

ボリューム袖カットソー×黒テーパードパンツ

きれいめの黒のテーパードパンツで、華やかなボリューム袖カットソーを品よくシックな佇まいに落ち着かせて。足元はバレエシューズではなく、ローファーでマニッシュさをプラスすることで、こなれ感が引き立つ。

秋コーデにプラスしたい「ボリューム袖カットソー」|スタイリスト金子綾さん提案の着回し3コーデ

ミディアム丈ジレ×シアーカットソー×ハーフパンツ

ミディアム丈ジレ×シアーカットソー×ハーフパンツ

シアートップスにジレを重ねて季節感をアップデート。ハーフパンツスタイルがモードにきまるのは、ボクシーシルエットのミディアム丈ジレがメンズライクな辛さで引き締めるから。

ミディアム丈ジレ×グレーニット×グレープリーツスカート

ミディアム丈ジレ×グレーニット×グレープリーツスカート

季節が深まったらニットの出番。グレーのワンカラーコーデにミディアム丈ジレで奥行きを。ボリュームのあるプリーツスカートと合わせても重くならないミディアム丈ジレは、着ぶくれしにくくレイヤードしやすいサイドスリット入り。

秋のジレは「ミディアム丈」がおしゃれ! オンオフ活躍する着回し力をチェック

ペプラムニットスカート×レザージャケット×タートルニット

ペプラムニットスカート×レザージャケット×タートルニット

ひらっと揺れるペプラムスカートの女らしさがあるから、辛口のエコレザージャケットとタートルニット、ラフな小物使いで引き算を。上半身はジェンダーレスなアイテムでまとめて、スカートの立体感がより引き立ったモダンなスタイルに!

ペプラムニットスカート×カーキニットプルオーバー

ペプラムニットスカート×カーキニットプルオーバー

そのまま着るだけでスタイリングが決まるセットアイテム♡ ワンピース一枚をさらっと着るよりもコーディネート感があり、旬のバランスも簡単にゲット。

ペプラムニットスカート×スポーティパーカー×カットソー

ペプラムニットスカート×スポーティパーカー×カットソー

カジュアルなパーカとロゴカットソーを組み合わせても、ほんのり甘いこのペプラムニットスカートなら華やぎある大人の着こなしに。メタリックバッグでピリッとエッジをきかせて、全身を引き締めるのもポイント。

秋はミディ丈が気になる♡「ペプラムニットスカート」の最旬3コーデ

シアーブラウス×グレースウェット×黒パンツ

シアーブラウス×グレースウェット×黒パンツ

辛口スタイルに、シアーなリボンタイで華をプラス。レイヤードの着こなしでは、裾とタイを効かせて。シアーな生地とスウェットのMIX感がおしゃれ。

シアーブラウス×白ハーフパンツ

シアーブラウス×白ハーフパンツ

淡い同系色のグラデーションでセンシュアルに着こなす、かわいいムードの秋コーデ。ワントーンの着こなしを、シアーブラウス効果で軽やかに更新して美人度をUP!

ボウタイ付き? バンドカラー?「シアーブラウス」を着回し力で選ぶならどっち?

黒バレルパンツ×カレッジロゴT

黒バレルパンツ×カレッジロゴT

フルレングスのバレルパンツは、ベルトでウエストをキュッとしめてメリハリをプラス。カレッジTにパールネックレスや華奢ストラップサンダルで、女っぷりを加えて。

黒バレルパンツ×カーキシャツ

黒バレルパンツ×カーキシャツ

きれいめブラウス×きれいめパンツは、共にゆったりしたサイズ感が今どきのムード。ブラウスの襟を抜いて着れば、女っぷりがアップする。真面目すぎない、きれいめシンプルのお手本のような着こなし。

今季、絶対知っておきたい「バレルパンツ」でカジュアル&きれいめの着回しを紹介!

【羽織・アウター】着回し力が高く長く頼れる1枚を選ぼう

肌寒さを感じる時季になったら必要となってくる羽織アイテムやアウター。インナーのように何枚も買う… なんてわけないにはいかないアイテムこそ、着回し力が高いでデザインで長い期間頼れる1枚を選んであげましょう。

レトロな雰囲気が漂う「クルーネックカーディガン」

クルーネックカーディガン

ボタンがあるがゆえ、着方のアレンジが利くカーディガンは、着回しコーデにうってつけのアイテム。ケーブル編みと金ボタンに、旬のトラッドムードを凝縮。上品なグレーも大人かわいく、テイストを選ばずに着回せそう。

グレーカーディガン×ロゴTシャツ×グレーワイドパンツ

グレーカーディガン×ロゴTシャツ×グレーワイドパンツ

ロゴTシャツでトラッドなカーディガンをカジュアルダウン! カーディガンとパンツをグレーでつないで、品のいい着こなしに。

グレーカーディガン×くすみグリーンのフレアパンツ

グレーカーディガン×くすみグリーンのフレアパンツ

カーディガンのボタンを閉めて、プルオーバーニットのようにアレンジ。あえていちばん下のボタンだけ開けておくと、こなれた印象に。くすみグリーンのきれいめパンツやシルクスカーフを合わせ、シンプル&華やかな着こなしを目指して。

グレーカーディガン×白フリルシャツ×チェック柄フレアスカート

グレーカーディガン×白フリルシャツ×チェック柄フレアスカート

小さなフリルがあしらわれた丸襟シャツに、カーディガンをレイヤード。ボタンをすべて閉めて首元から丸襟をのぞかせることで〝お育ちよさげ〟なムードに。ふんわり広がるタフタスカート&細いヒールのロングブーツが、ドラマティックなシルエットを叶えてくれる。

「グレーカーディガン」で3パターンの着回し! カジュアルからきれいめまでお任せ♡

ネイビーカラーがモダンな「ツイードジレ」

ツイードジレ

「ツイードって、素材の雰囲気だけでリュクスさや上品さが表現できる稀有な存在。今回は王道のツイードジャケットよりも、切れ味のよい“ツイードジレ”をピックアップ。

辛口のデザインがツイードの甘さやフォーマルさを程よく抑えてくれるから、シンプルなワンピースやシャツなどのデイリースタイルに組み合わせても気張らずバランスがいい。」(スタイリスト・金子 綾さん)

キャミソールワンピース×ツイードジレ

キャミソールワンピース×ツイードジレ

ゆるシルエット&ツイードジレでつくる、新しいクラシックスタイル。キャミソールワンピースの華やかさをツイードジレでシックに落ち着かせて。

ジャケパンスタイル×ツイードジレ

ジャケパンスタイル×ツイードジレ

マニッシュなジャケパンスタイルに、エレガントなツイードジレを挟んで、女っぽさのあるリッチなアクセントを! やんちゃなロゴカットソーやスニーカーと合わせるのも、おしゃれなハズしテクニック。

シャツ×デニムショーパン×ツイードジレ

シャツ×デニムショーパン×ツイードジレ

シャツ×デニムショーパンのボーイッシュな着こなしを、リッチでキレのよいツイードジレでモードな雰囲気に。華奢なバッグやぺたんこ靴で、小物はきちんと感を大切にすると大人っぽく!

人気スタイリストが選ぶ「これは名品!」なネイビーのツイードジレを着回し

注目度&着回し力ともに高い「ツイードジャケット」

ツイードジャケット

パールのあしらいとラフな裾のギャップが絶妙。ノーカラーは意外と着回ししやすいので色をまとめたり、定番アイテムを取り入れたりして臆せずトライしてみて。

ダークトーンパンツスタイル×ツイードジャケット

ダークトーンパンツスタイル×ツイードジャケット

ダークトーンのパンツスタイルと着れば、すっきりとシックな印象に。

ギャザースカート×ツイードジャケット

ギャザースカート×ツイードジャケット

はおり自体がデコラティブなので、プレーンな淡い配色は好バランス。ギャザーの入ったスカートでクラシカルな雰囲気たっぷり。

ロゴT×きれい色スカート×ツイードジャケット

ロゴT×きれい色スカート×ツイードジャケット

潔くきれい色ボトム合わせで華やぎUP。どこかにカジュアルな要素を入れてみて。

ボウタイブラウス×デニム×ツイードジャケット

ボウタイブラウス×デニム×ツイードジャケット

デニムを合わせるなら、トップスはボウタイブラウスでエレガントにきめるのもGOOD。

着回し力の高いジャケットならノーカラーツイード! 最新秋コーデ4選

【トップス】合わせやすいシルエットを選ぶのが肝

Tシャツやカットソーなどの薄手アイテムは、暑い季節には1枚で、寒くなって時期にはインナーとしても着られそうなものを選んでみて。ニットやスウェットは、パンツ・スカートどちらでも合わせやすそうなデザインが◎。

万能使いできる「タートルネックニット」

タートルネックニット

ハイゲージで付かず離れずのシルエットが新鮮な、黒タートルネックニット。王道のリブや流行中のシアータートルとは一線を画す、メンズライクな佇まいで新鮮な着こなしに。インにもアウトにも重ねやすい、頼もしい一枚。

黒タートルネックニット×ピンクタイトスカート

黒タートルネックニット×ピンクタイトスカート<

薄手×ハイゲージの黒タートルは、程よくゆとりのあるサイズ感でも、すっきりとハンサムに着こなせる。チャーミングなピンクタイトスカートで女性らしいムードをプラス。

黒タートルネックニット×白シャツ×ネイビーパンツ×ジャケット

黒タートルネックニット×白シャツ×ネイビーパンツ×ジャケット

ジャケットとスウェットのパンツはネイビーをチョイス。黒でまとめるよりも抜け感が出るのでこなれたムードが引き立つ。

「黒タートルネックニット」を3パターンに着回し! スタイリスト金子綾さんが選ぶおしゃれ名品

きれいめからカジュアルまで着回せる「ロゴスウェット」

ロゴスウェット

刺しゅうステッチで表現されたロゴが、なんともおしゃれ。都会的なシンプルモードを得意とするブランドだから大人も安心。

ニットワンピース×ロゴスウェット

ニットワンピース×ロゴスウェット

やわらかな風合いの軽量スウェットだから、さっと肩掛けできて扱いがラク。タイトなニットワンピースにプラスするとメリハリが生まれ、スタイルアップが叶う。

Gジャン×パンツ×ロゴスウェット

Gジャン×パンツ×ロゴスウェット

Gジャンは色落ちしたグレーのオーバーサイズがおしゃれ見えのポイント。パールネックレスや華奢なヒールパンプスで女っぽさを強調して。

ボウタイブラウス×ロゴスウェット

ボウタイブラウス×ロゴスウェット

カジュアルなロゴスウェットに、きれいめなボウタイブラウスをインするミックスバランスが今どき。両者を淡い色味でそろえるとすんなりまとまる。真冬並みの寒さになっても上手に着回せる。

きれいめ派も納得の「ロゴ入りプルオーバー」着回し方♪

シルク素材の「シャツセットアップ」

シャツセットアップ

スモーキーなライトブルーがおしゃれなセットアップ。ツヤ感を抑えたマットなシルク素材で、きれい色もシックな雰囲気に。シャツとパンツのセットアップのポイントは、シャツは裾アウトで着られる、長すぎない着丈を選ぶこと。

ロゴT×シャツセットアップ

ロゴT×シャツセットアップ

前を開けて羽織としてゆるっと着れば、シルクの肌触りをより心地よく実感できる。ルーズに見えないようTシャツは無地ではなくロゴ入りを選んだり、バッグを2個持ちにしたりと、全身にアクセントをつけて。

ラベンダーカラースカート×シャツ

ラベンダーカラースカート×シャツ

シャツを単品で着るなら、きれい色同士の掛け合わせにトライして。ラベンダーのスカートと合わせると大人っぽい寒色系コーデに。胸元のボタンを外して、Aラインスカートのクラシカル感を引き立てて。

クロップド丈ニット×ハイネックシャツ×パンツ

クロップド丈ニット×ハイネックシャツ×パンツ

リラクシーパンツは使い勝手抜群! トレンドのクロップド丈ニットにハイネックシャツを重ねたレイヤードもこなれた雰囲気に。ウエストゴムが二重のしっかりしたつくりなので、シルエットの出方もきれい。

ニュアンスカラーGジャン×シャツセットアップ

ニュアンスカラーGジャン×シャツセットアップ

ニュアンスカラーのGジャンは、インをセットアップでつなげたほうがスマート。硬いデニム生地 × とろみシルク… 素材感のメリハリをつけて。

デ・プレの「シャツセットアップ」着回し。きれいめからカジュアルまで5パターン

リネン素材の「ジレセットアップ」

リネン素材のジレセットアップ

真面目系セットアップは着回し幅に限度があったけど、今年の進化形セットならオンもオフも楽しめる。

白ロンT×ジレセットアップ

白ロンT×ジレセットアップ

進化系のセットアップは、インに白のロンTを合わせるだけで簡単にスタイルが決まる。クラシカルで端正なジレは、きれいめパンプスやワンハンドルバッグとも好相性。

シアーブラウス×白デニム×ジレ

シアーブラウス×白デニム×ジレ

ハンサムなジレにシアーブラウスを合わせれば、軽やかな甘辛スタイルに。パンツはデニムをチョイスして程よくカジュアルダウン。ジレ以外をホワイトでまとめることで、すっきりとしたモノトーンコーデの完成♪

ロゴスウェット×黒スカート

ロゴスウェット×黒スカート

旬のカレッジ風ロゴスウェットを黒スカートに合わせれば、遊び心ある大人コーデに! ボーダーカットソーのちら見せも効かせて。

ボリューム袖ブラウス×ジレセットアップ

ボリューム袖ブラウス×ジレセットアップ

縦線を強調する黒のジレセットアップは、ボリューム袖のブラウスをインにしても、すっきり見せてくれる。今年らしい顔に仕上げるなら、トレンドのイエローをチョイスするとさらに今っぽく。ブラウスは裾アウトで着て、さらに縦方向へ目線を流して。

プルミエ アロンディスモンの「ジレセットアップ」で5パターンの着回し!

シーズンレスに着回せる「ロゴ入り黒Tシャツ」

ロゴ入り黒Tシャツ

黒ベースに白のロゴならシーズンレスに活躍。ゆったりしたサイズ感と長めの半袖が使いやすい。

ロゴ入り黒Tシャツ××マーメイドスカート×テーラードジャケット

ロゴ入り黒Tシャツ××マーメイドスカート×テーラードジャケット

黒ロゴTの上にトレンドのテーラードジャケットを羽織る王道コーデ。涼し気なリネン素材なら暑さが残る初秋から取り入れやすい。マーメイドスカートを合わせるのが新鮮!

ニットベスト×ロゴ入り黒Tシャツ×トレンチコート

ニットベスト×ロゴ入り黒Tシャツ×トレンチコート

V開きのニットベストからロゴをちらりと見せるのも粋。無地のTシャツよりも全身が小気味よく引き締まる。トレンチを重ねれば、秋中にちょうどいいクリーンなトラッドが完成。

ダウン×ニットパンツ×ロゴ入り黒Tシャツ

ダウン×ニットパンツ×ロゴ入り黒Tシャツ

ロゴTシャツの存在感を活かした、晩秋にちょうどいいコーデ。ダウン×ニットパンツがゆるいカジュアルに終わらずに、大人のストリートスタイルに格上げできているのはロゴTのおかげ。

絶対買いの「ロゴ入り黒Tシャツ」は、シーズンレスに着回しできる!

シンプルな「ロゴニット」

ロゴニット

ロゴアイテム初心者もさらりと着られるシンプルなゴシックフォント。文字の配置や色使いのセンスが目を引く、単品力が高い一枚。

白ワイドパンツ×ロゴニット

白ワイドパンツ×ロゴニット

ニットはポリエステル混の薄手のハイゲージ。袖をぐっとたくし上げて、裾をパンツにインする着方もモタつかずにすっきり決まる。白の太めパンツで爽やかに。

カーキのコットンパンツ×ロゴニット

カーキのコットンパンツ×ロゴニット

カーキのコットンパンツでマニッシュムードに! モカ×カーキの色合わせが、秋らしい上級者のセンス。

ウールコート×ロングスカート×ロゴニット

ウールコート×ロングスカート×ロゴニット

ウールコートにロングスカートを合わせた、晩秋~冬に着られる定番スタイル。いつもの無地ニットの代わりにロゴニットを差し込むだけで、装いがフレッシュに持ち直す。コートとスカートの色が、ニットの配色をリフレインしているのもひそかなポイント。

「ロゴ入りニット」を着回すだけ!

【ボトムス】季節感とトレンドを意識したコーデに

着回しコーデで一番チャレンジしやすいのはボトムス。定番シルエットのスカートやパンツはどんなトップスとも合わせやすく、エフォートレスに何通りもの着こなしが叶います。洒落感のある今っぽさをキープするには、トップスや足元も季節感とトレンドを意識して。

美シルエット確定の「スリット入りタイトスカート」

スリット入りタイトスカート

ロング丈&抜け感の出るスリット入りデザインのスカートで、コーデを大人っぽく更新。深めスリットで、カジュアルからドレスアップまで活躍する一枚。

スリット入りタイトスカート×水色ボウタイブラウス

スリット入りタイトスカート×水色ボウタイブラウス

華やかなツヤブラウスは、スリット入りスカートと合わせることで程よくカジュアルダウン。ブルー×インディゴデニムの配色で、知的なムードに仕上げて。

スリット入りタイトスカート×秋色ニット

スリット入りタイトスカート×秋色ニット

くすみカラーのニットとインディゴデニムは相性抜群! デニムパンツではなくタイトスカートにすることでより大人っぽく。 小物は遊び心あるキャッチーなものでバランスよく。

「スリット入りタイトスカート」の着回し実例4。通勤からご近所デートまで!

ハイセンス! オフホワイトの「ツヤテロパンツ」

オフホワイトのツヤテロパンツ

オフホワイトのツヤテロパンツがあれば、秋から冬にかけての色合わせのレパートリーがぱっと明るく。程よいゆったりシルエットが着やすい。

シアートップス×薄グレーニットベスト×ツヤテロパンツ

淡色レイヤード×ツヤテロパンツ

オフ白~ベージュでまとめた淡色のレイヤード。ツヤテロパンツの光沢効果で、全身がまったりせずに小気味よいバランスに。ソックスがリブ編みなのも、メリハリ感アップに貢献。

グレンチェックテーラードジャケット×黒ネックニット×ツヤテロパンツ

グレンチェックテーラードジャケット×黒ネックニット×ツヤテロパンツ

グレンチェックのテーラードジャケットにボリュームネックニットを合わせた、まさに今季のトレンドを組み合わせたコーデ。おじさんっぽくなりがちな装いも、ツヤテロパンツのしなやかさでクリーンな洒落感スタイルに。

ビッグサイズニット×ツヤテロパンツ

ビッグサイズニット×ツヤテロパンツ

ボリューム感のあるニットは、寒さが深まる晩秋~冬にかけて重宝する1枚。たっぷりしたビッグサイズも今っぽさ抜群。ボーイッシュなアイテムこそ大人っぽくさらっと着こなしたいから、ツヤテロパンツのとろみで視線を縦に流して。

レザーライクな光沢感がクールな「ツヤテロパンツ」

レザーライクのツヤテロパンツ

サテン素材にチンツ加工を施し、レザーライクな光沢を表現。ウエスト部分は総ゴムながらしっかりしたつくりで、太めのストレートシルエットを美しくキープ。

黒ニット×ジレ×ツヤテロパンツ

黒ニット×ジレ×ツヤテロパンツ

加工によるツヤ感が強く、ニュアンスのあるグレーの色味も目を引くパンツ。かっこいい迫力が引き立つよう、黒のジレを投入。黒ニットは、袖口にアシンメトリーなカラー切り替えを配したウィットのあるデザイン。

カーディガン×タートルネック×ツヤテロパンツ

カーディガン×タートルネック×ツヤテロパンツ

襟付きカーディガンにタートルネックを重ねた温かみのあるニットレイヤード。しなやかなツヤテロパンツだから、今どきのコントラストと軽さが叶う。

イエローニット×グレーコート×ツヤテロパンツ

イエローニット×グレーコート×ツヤテロパンツ

他のアイテムはトラッドに抑えておいて、スタイリッシュなツヤテロパンツを差し込む緩急のつけ方がおしゃれ。今年注目度の高いイエローを投入することで、パッと目を引く旬コーデに。

脱マンネリに【ツヤテロパンツ】投入! 手持ちアイテムとの着回し方は…

最後に

トレンドアイテムの他、アウターやトップス、ボトムスを使った着回しコーデを紹介しました。今っぽいお洒落を作るためには、重ねるアイテムごとの抜け感や落ち感を意識することがポイント。この秋は、ぜひ着回しコーデを楽しんでみて。

▶︎あわせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.05.21

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。