Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 発売後即完売! 姉妹二人三脚で作る大人気クッキーの秘密とは…?

WORK

2018.12.21

発売後即完売! 姉妹二人三脚で作る大人気クッキーの秘密とは…?

今回紹介するのは、菓子職人の新田あゆ子さん。人生観を映し出すドキュメンタリー番組「7ルール」を振り返り、仕事をする女性たちへのヒントを見つけます。

新田あゆ子さんってどんな人?

「菓子工房 ルスルス」を経営する菓子職人 新田あゆ子さん

新田さんは、東京の浅草・東麻布・銀座にある「菓子工房 ルスルス」を経営する菓子職人。

幼い頃から母の手作り菓子が大好きだったという新田さん。高校生のときに菓子職人を志すも、両親の勧めもあり一度は短大へと進学。しかし、夢を諦めず、27歳でようやく自らの店をオープン

現在では、発売後すぐに完売するほど人気のアイシングクッキーを中心に、妹と二人三脚で作る焼き菓子が多くの女性の心を掴み、時折行われるイベントの出張店舗でも、開始直後から長蛇の列ができるほどの人気ぶり。

新田あゆ子さんの「7つのルール」

さて、そんな新田さんが「いつもしている7つのこと」=「セブンルール」とは…?

■1.誰にでも作れるレシピで作る

新田さんが焼き菓子を作るときのこだわりは、誰にでも作れるレシピで作ること。もともと菓子教室を始めたことが原点なので、“教室で作れるお菓子”がお手本。シンプルなレシピだからこそ、プロの丁寧な仕事が味に直結。

■2.妹の舌を信用する

オープン以来、妹と二人三脚で店を経営する新田さん。妹は事務作業や接客を受け持ち、菓子作りや商品開発は新田さんが担当するが、試作品を商品化する際には必ず妹に助言を求めるのが決まり。

新田あゆ子さん

■3.年に一度は自分の未来を年表にする

菓子職人になる夢を諦めずに追い続けてきた新田さん。自分の未来を年表にすることで、目標に向けてどのように過ごすかを見える化することに注力。そして実際に「30歳でお店を開く」という夢を実現。

■4.クッキーはパズルのように隙間なく詰める

さまざまな形のクッキーが隙間なくきれいに詰められた圧巻のビジュアルも、新田さんが作るクッキーの魅力。開けた瞬間に「おいしそう」と思ってもらえるように詰めるのがポリシー。

7ru03

■5.お昼は父の作ったおにぎり

新田さんのお昼は、決まって父の作ったおにぎり。姉妹が切り盛りするお店のため、毎朝、スタッフの分も含めておにぎりを持ってきてくれる。

新田あゆ子さん

■6.日曜日は夫と遊ぶ

プライベートでは、7年前のクリスマスに届けたケーキが縁で出会った夫と暮らす新田さん。休日は、お店のことを考えないように、夫と思いっきり遊ぶのが定番。

新田あゆ子さん

■7.姉妹喧嘩してもすぐ仲直りする

時には、姉妹で喧嘩をすることも。それでも、翌日まで引きずらないのが新田さん姉妹。常に隣にいて、一番いなくなったら困る存在だという。

新田あゆ子さん


次回の「7ルール」の放送は、1月8日(火)よる11時~11時30分です(※本年の放送は今回がラストです)。

主人公は、羽生結弦選手や本田真凜選手の衣装も担当するフィギュアスケートの衣装デザイナー・伊藤聡美さん。

今年もご覧いただき、ありがとうございました! また来年もお楽しみに♡

初出:しごとなでしこ

セブンルール(カンテレ/フジテレビ系列 全国ネット)

【放送日時】毎週火曜よる11時~11時30分
番組は“今最も見たい女性”“最も見せたい女性”に密着し、7つのルールを手がかりに、その女性の人生観を映し出す新感覚ドキュメント。スタジオでは、YOUさん、若林正恭さんに加え、芥川賞作家の本谷有希子さん、俳優の青木崇高さんが縦横無尽な人生観トークを繰り広げます。

【7RULES(セブンルール)オフィシャルWeb site/SNS】

オフィシャルWeb

Twitter

Instagram

菓子職人 新田あゆ子

1979年千葉県生まれの39歳。高校生の時に菓子職人の道を志し、2006年、東麻布の住宅街に「ルスルス」をオープン。その味がすぐに評判となり、現在は、浅草・銀座と合わせて3店舗に拡大。一つ年下の妹・まゆ子と共に店の経営に取り組む。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.03.21

編集部のおすすめ Recommended

Feature