Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活日記
  4. 不妊治療でHMGフェリング開始。働く女性に“通い”の注射は大変【妊活日記30】

LOVE

2018.11.06

不妊治療でHMGフェリング開始。働く女性に“通い”の注射は大変【妊活日記30】

33歳兼業主婦ライターが妊活を実録リポートする連載第30回。ゴナール注射は一旦中止し、通院でのHMGフェリング注射を開始。

【33歳の妊活日記】by OLライターHana

バリバリと仕事をしてきた20代、30歳を越えこのまま独身バリキャリを貫くのかと思ってた矢先に社内の先輩男性と縁あって32歳で結婚。

さぁ次は妊娠と考えた2016年5月から、2018年の今、未だ妊娠に至らず…自分の努力だけでも越えられない壁があることに気がつき、同時に同じ悩みを抱える30代女性の多さを知る。

自分は妊娠できるのか、その答えはまだ見つかっていないけれど、同士のような女性たちへのエールもこめ、またこれから先、妊娠に悩む女性たちに少しでも役立てばと、実録で33歳兼業主婦ライターが妊活をリポートします。

これまでの記事:妊活日記一覧はこちら

(c)Shutterstock.com
(c)Shutterstock.com

#30 不妊治療は、ゴナール注射からHMGフェリングへ

排卵誘発のために、自己注射を始めたhana。4週に渡り注射を継続し、容量も最大まで増やしたものの卵胞が育つ兆しはなく、ゴナール注射は一旦中止

自己注射ではなく、通院でのHMGフェリング注射を開始したのでした。HMG注射は、隔日で打つことに。HMG注射とは正式にはHMGフェリングと呼ばれているそう。卵巣に直接作用し排卵を誘発するらしい。

ほとんどゴナール様と効果は同じようだけど、先生曰く「まれにゴナール様で効かない患者さんがHMGに変えたとたん、排卵することがある」そう。

私、この時の先生が使った“まれに”って言葉がひっかかっていて。

“まれに”って言葉をつかうとき、私の認識では1割に満たないくらいを表すときなのね。人によって多少、語彙の認識の差があるにせよ、3割とかを指すことはしないと思うのね。だから私の語彙の理解が正しければ残りの9割近くは排卵しないのではないかと。。。

でもなんだかんだいいながらも、やるしかないんだけど。

働く女性と不妊治療に関する通院の事情

そして、ここでまた新たな悩みが勃発。

何回も書いてますが、HMG注射は通い注射なんです。注射そのものは1分もかからず終わるのだけど、待ち時間含めると混雑時は2時間くらい。
いくら上司に不妊治療のカミングアウトをしたからといって、週に何度も注射のために出かけて良いものか。とはいえ、これも悩んだとてやるしかないのだけど。。。

そんなわけで、HMG注射が決まったその日に上司に打診メールをしました。ありがたいことに、快く了解メールを頂けたので、悩んだ割にはこの悩みはすぐに解決。やはり妊活カミングアウトしておいてよかったー。

メール
(c)Shutterstock.com

でも、私の状況こそが“まれ”であって、フルタイムで働く女性が平日、それも隔日で病院に通う状況を許す職場はどれほどあるのだろうか。。。不妊治療を職場にカミングアウトしていない状態ならこれはもう無理な話だと思う。と、働きながらの不妊治療の難しさを改めて感じました。

私も、通い注射では、会社に迷惑をかけてしまうけれど、別のところで成果を出すぞと心の中で誓う。

果たしてHMGの効果は? 私の場合…

診察
(c)Shutterstock.com

そんなわけで、あーだこーだを繰り返しながら、HMG注射を隔日3回打ったところで、恒例のたまごチェックに行きました。ちなみに、今週も不妊鍼にも行っております。HMG注射と不妊鍼で成果はどれほどか!

でもまぁ、先生の“まれに”発言があったので、期待はほとんどしていませんでした。

診察の結果…

なんと今回は8つのたまごができてしまっていて、その大きさは最大でも12ミリ。排卵するのは20ミリ。またもや撃沈。

しかし、8つって…ほんと私の生殖機能はどないなっとるんや(°_°)8つもいらんから、一個にまとまってくれないかな。

そしてね、ついに院長先生もたまごの大きさを診察しながら「全然だめだー」って呟いた(笑)

わたしゃ聞いてしまったよ。。。そうなのね。専門から見ても全然だめなのね。うーむ。

その後、内診室を出て診察室に呼ばれました。

内容としてはもう“人工授精にステップアップしちゃった方があなたにとって楽ではないか”と提案されました。

ただ、先生と話す中で、先生は私が仕事で毎日通えないことを前提とした治療プランをたてているようだったので、毎日通えるのであれば、HMG注射を連日で打ち、その結果次第で人工授精にステップアップを考えることになりました。

この日は先生のおかげで全く期待していなかったのもあり、気持ちは落ち着いていました。

ただ、人工授精反対派の旦那はなんていうか。そこが今、1番の気がかり。

気がかり
(c)Shutterstock.com

つづく

これまでの記事:妊活日記一覧はこちら

※この連載は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

初出:しごとなでしこ

Hana 33歳兼業主婦ライター

広告代理店で働くアラサー主婦OL。結婚2年目。主婦業、仕事に追われながらも、ただいま子作り奮闘中。夢は、家族でハワイ移住。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.10.16

編集部のおすすめ Recommended

Oggi11月号 P213に掲載の中央のカットのパンツの本体価格が変更になりましたので、訂正させていただきます。(誤)¥10,000→(正)¥11,000

Feature