Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 【痔の原因】女医が回答! 女性は座りっぱなしやTバックが引き起こすことも…!?

LIFESTYLE

2018.10.29

【痔の原因】女医が回答! 女性は座りっぱなしやTバックが引き起こすことも…!?

お尻に痛みや出血が起こるいぼ痔や切れ痔。なぜ痔になるのか、その原因を女性の患者さんも多く診察している肛門科クリニックの女医さんに教えていただきました。

【目次】
【痔の原因】いぼ痔の原因は血流不良
【痔の原因】女性に多い便秘は切れ痔の最大の原因
【痔の原因】細菌感染が引き起こす痔瘻

【痔の原因】いぼ痔の原因は血流不良

痔の半数を占めるいぼ痔は、肛門の周りの静脈叢がうっ血して大きくなり、いぼのように膨らむことでできます。いぼができる原因となるうっ血は下のようなことで起こります。

・排便時のいきみ
・立ちっぱなしや座りっぱなしなど長時間の同じ姿勢
・重いものを持ち運ぶときや、ゴルフのスイングなどスポーツ時のいきみ
・アルコールや香辛料の摂り過ぎ
・妊娠による体重増や子宮拡張による肛門部への圧迫
・出産時のいきみ

中でも、いぼ痔の直接的な原因になるのが排便時のいきみ。便秘で便が腸内に長く留まると、水分が吸収されてしまい、カチカチに硬い便になります。硬い便を押し出そうとして強くいきむと、大きな圧力がかかってうっ血が起こります。

いぼ痔
(c)Shutterstock.com

逆に、下痢になると、やわらかすぎる便が漏れ出さないように肛門括約筋が緊張してこわばります。また、下痢で何度もトイレへ行き排便姿勢をとることでも肛門に負担がかかり、うっ血を引き起こします。

便座は普通の椅子より肛門に負担がかかりやすいので、トイレにスマホや本を持ち込んで長居することが多い人も要注意です。ペーパーでゴシゴシこすってしまうといったことも、いぼ痔の原因になるので気をつけましょう。

Tバックが痔の原因になることも!?

突然、肛門あたりが腫れて痛くなったときは、「血栓性外痔核」の可能性があります。これは、肛門の周囲にできる血豆のようなもので、知覚神経が通っている場所にできるために激しく痛み、座った時や歩く時にすれて特に痛みを感じることもあります。

寒いところで硬い椅子に長時間座っていたり、Tバックでこすれたりといったことでもうっ血が起こり、血栓ができて腫れることも。皮膚が破れて出血こともあります。

Tバック
(c)Shutterstock.com

【痔の原因】女性に多い便秘は切れ痔の最大の原因

肛門が切れたり裂けたりしてできる切れ痔の最も多い原因は、いきんで硬い便を出すことによって肛門の皮膚が切れること。

一時的な便秘で便が硬くなっている場合は、排便がスムーズになれば切れ痔も自然に治りますが、便秘がちでいつも硬い便を強くいきんで出している人は、切れ痔が慢性化してしまいます。

いきんで
(c)Shutterstock.com

また、水のような便で皮膚がふやけて切れやすくなったり、勢いよく出て裂けてしまったり、下痢が原因で切れ痔になることも。

【痔の原因】細菌感染が引き起こす痔瘻

肛門にある小さなくぼみ(肛門陰窩)に便の中の細菌が入り込んで炎症を起こし、肛門の周りに膿が溜まることで起こるのが肛門周囲膿瘍(のうよう)です。

通常は便が肛門陰窩(こうもんいんか)から入り込むことはありませんが、下痢によって便が水のようになると入り込むことがあります。肛門周囲膿瘍を繰り返すと、お尻に膿の通り道が残った状態(痔瘻/じろう)になります。

痔瘻
(c)Shutterstock.com

初出:しごとなでしこ

教えてくださったのは…山口トキコ先生

東京女子医科大学卒業、同大大学院修了後、研修医、勤務医を経て、2000年にマリーゴールドクリニックを開業し、院長を務める。日本大腸肛門病学会専門医・指導医。日本臨床肛門病学会技能認定医。著書に『女医が教えるおしりの本』(TBSサービス)などがある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.03.24

編集部のおすすめ Recommended

Feature