Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. スマホあれこれ
  4. 5Gと4Gは何が違う!?「PLAY 5G 明日をあそべTM」スカイツリーでドコモの5Gを体験してきた

WORK

2018.10.15

5Gと4Gは何が違う!?「PLAY 5G 明日をあそべTM」スカイツリーでドコモの5Gを体験してきた

東京スカイツリーのお膝元、東京ソラマチの5階にある「PLAY 5G 明日をあそべTM」では、NTTドコモが提供している次世代移動通信5Gの世界観を、誰でも無料で体験することができます。VR上でアバターを操作するゲーム体験など、遊びながら学べる展示がいっぱいで、5Gの世界がわかりやすく紹介されていました!

ソラマチ5F! ドコモの5Gを誰でも無料で体験できる「PLAY 5G 明日をあそべ™」

第5世代移動通信システム「5G」。日本では、東京オリンピックが開催される2020年のサービス開始を目指して、様々な企業が研究開発に取り組んでいるというニュースをよく耳にするようになりましたね。

ただ「今の4Gでも十分快適で便利なのに、これ以上何が変わるんだろう?」と、ピンと来ていない方もまだ多くいらっしゃるかと思います。

PLAY 5G 明日をあそべ

「5G」の特徴は「無線通信の高速・大容量化」「無線通信の低遅延化および高信頼化」、そして「超多数端末との接続」の3つです。

5G

今回ご紹介する東京ソラマチ5階の「PLAY 5G 明日をあそべ™」では、主に「高速・大容量」と「低遅延」の2つの特徴をいかした利用シーンを実際に体験することができると聞いて早速でかけてきました。今の4Gとどこが違うのか、まずはその違いが一番わかりやすい音の世界からご紹介します。

PLAY 5G 明日をあそべ

【5G×音声・映像の伝送】離れた場所にいても息の合った音楽を奏でる♪

これは音と映像を5Gで伝送した場合を実際に体験できるブースです。YAMAHAの電子ピアノと電子パーカッションが置いてありますので、実際に試奏してみましょう。

体験できるブース

たとえばパーカッションを叩いてみると、通信を介してスピーカーから音が流れてきます。その通信方式を、奥にあるつまみひとつで4Gから5G、5Gから4Gと切り替えが可能なのですが、その音の遅延、また音の質、ともに聞こえ方が全く違うことを体感できます。

パーカッション

ただ単に音の遅れがないというだけでなく、音声データを圧縮しないまま大きいサイズで送ること可能な5Gでは、CDを超えるクオリティで伝送しているとのことで、あまり音楽に親しみのない筆者でもその違いが明確にわかるほどに音がクリアなのです!

この技術を応用して映像と合わせてリアルな音を離れた場所へ届ければ、離れた場所にいる人同士でも息のあった音楽のセッションが実現できるそう。

今の時代、4G上のWEB会議だと、画像や音声がワンテンポ遅れることが多く、瞬間的な相手の表情を読み取れないため「やっぱり直接会って、打合せましょう!」というケースもあるかと思いますが、5Gの世界になったら、会議どころか音楽のセッションができるレベルで音も映像も自然な通信ができるようになるんだと実感。

【5G×AR技術】レース中のドライバーの動きまでもリアルタイムで!

AR上のレース観戦も興味深いですよ。ARを使いユーザーに新しい視点を提供する「ジオスタ」では、鈴鹿サーキットの映像をARならではのちょっとおもしろい角度で見ることができます。

リアルタイム

AR(Augmented Reality)で、実在する風景にバーチャルの視覚情報を重ねて表示する技術です。目の前にある世界を“仮想的に拡張する”ので「拡張現実」とも呼ばれています。スマートフォンやスマートグラスを通してテーブル型モニターを見ると立体的なサーキットコースが現れます。

レース

レース中のバトルを広い範囲で見下ろすように見ることができるだけでなく、たとえば実際にマシンを操るドライバー視点の映像なども、5Gを活用してリアルタイムで見ることができるのです。

今だったら、一週間後のレース特集番組などで観られるようなレース中のドライバーとの無線のやりとりまで、これからはリアルタイムで楽しめちゃう! ファンはもちろん、等身大の選手のプレーをより間近で楽しめる新しい視点は、レースだけではなくオリンピックなどあらゆるスポーツシーンでその迫力や魅力を届けてくれそう。

AR技術

この高速・大容量の5GのAR技術、個人的には、フェンシングみたいな瞬間的な競技をプレーしている選手の目線で観戦できたらさらに面白そうだなと思いました。

【5G×VR技術】アバターの世界をゲームで! 遠隔地にいる人ともスムーズなコミュニケーション

バーチャル・リアリティ(Virtual Reality)の仮想現実空間で、自分と同じ動きをするアバターを実際に操作することができるスペースファイターというゲームマシーンがすごく面白い。椅子に座ってみたら、まず簡単にレバーやボタンなどの操作方法をよく確かめてみてください。思わぬ方向へ傾きだす椅子に、VR用のゴーグルをつける前から驚きました! アバターのロボット操作は、かなり複雑な動きまで可能にしているんですね。一般的なゲームセンターの機械よりもはるかに高性能なゲームです。

アバターのロボット操作

VR上のサイバーシティで、自分と同じ動きをするアバターを操作するのですが、5Gにより離れた場所にいる人とも円滑なコミュニケーションがとることが可能となります。これも5Gの特徴である低遅延通信だから実現できることのひとつ。

アバターのロボット操作

このような身振りや手ぶりといった動作だけでなく、ゆくゆくは表情まで連動させることができるようになるかもしれません。仮想空間上で自分の分身みたいなアバター同士が新しいコミュニケーションをとる映画の中みたいな世界が、もうすぐそこまで迫っています。

「PLAY 5G 明日をあそべ™」で5Gをもっと身近に感じよう!

「PLAY 5G 明日をあそべ™」では、5Gの通信生活がどんなふうに変わっていくのか、その可能性をわかりやすく体感することができ、訪れる人々の想像を膨らませてくれます。

また現在進行中の実証実験の様子なども展示されています。基地局を拠点に弧を描くようなイメージでボヤボヤっと電波を飛ばしている4Gに比べて、5Gではビーム状に電波のエネルギーを集中させ、個人の端末を追いかけるイメージになりますが、時速300kmの速度でも追いかけることができる証明をしている様子など、映像越しではありますが、これからやってくる未来への期待感を高めてくれます。

PLAY 5G 明日をあそべ

日本が誇る最先端の技術に大人も子供も、機械が苦手な女性でも気軽に触れることができるスポット「PLAY 5G 明日をあそべ™」。スカイツリーへお出かけの際は、東京ソラマチの5階へ足を延ばして未来の生活を遊びながら体験しにいってみませんか?

【PLAY 5G 明日をあそべ™】
場所:東京ソラマチ5階ジャパンエクスペリエンスゾーンイーストヤード9番地(東京都墨田区押上1丁目1番2号)
TEL:03-6456-1727
入場料:
無料
営業時間:10時~21時(最終受付20:30)

記事監修/NTTドコモ

初出:しごとなでしこ

朝岡真梨

50か国・200都市を超える海外旅行経験をもとに観光スポットやグルメなどの紹介をしている。料理が得意で独自のレシピも執筆中。夫婦で温泉ソムリエの資格を取得し、国内のみならず世界中の温泉旅行を楽しんでいる。ブログ「遊んでばかりのスナフキン(https://asosuna.com/)」が人気。キャラクター研究家としても活動中。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.03.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature