Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 「かって京都に住んでいた」この言葉、間違っていると思う?

WORK

2018.09.04

「かって京都に住んでいた」この言葉、間違っていると思う?

日本語の「いま」を見つめる国語辞典『大辞泉』が発信しているクイズで、ことばセンス&知識に関して自己点検。「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるビジネスウーマンに。今回ピックアップするのは、過去のことを話すとき使うあの言葉。

「かつて」を「かって」って言ってるのは間違い?

私、かって京都に住んでいたことがあるんです」と同僚から言われたら、日本語に違和感を抱く?

それとも、正しい日本語を使っていると思う?

過去のことを話すときに「かつて」や「かって」という言葉で表現するけれど、どちらも正しい言い回しだと思いますか?

【問題】
「○○○京都に住んでいた」あなたは、どちらを使いますか?

1.かって

2.かつて

正解は?

はてな
(c)Shutterstock.com

どちらを選んでも正解!

本来は「かつて」ですが、間の「つ」を促音として「かって」と読むこともあります

つまり「かって京都に住んでいた」も日本語として間違ってはいません。

【ことばの総泉挙/デジタル大辞泉】では88%が「かつて」を選択していました(2018年8月30日現在)。

かつて【曽て/嘗て】
(1)過去のある一時期を表す語。以前。昔。「かつての名選手」
(2)(あとに打消しの語を伴って用いる)今まで一度も。ついぞ。「いまだかつて聞いたことがない」
(3)(あとに打消しの語を伴って用いる)まったく。全然。
[補説]近世以降「かって」ともいう
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
▶︎ことばの総泉挙/デジタル大辞泉

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.23

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature