Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. キャリアアップ
  4. 「人一倍」って正しく使える!? 知らないと恥ずかしい...!!

WORK

2018.09.03

「人一倍」って正しく使える!? 知らないと恥ずかしい…!!

日本語の「いま」を見つめる国語辞典『大辞泉』が発信しているクイズで、ことばセンス&知識に関して自己点検。「間違いやすい表現」をマスターして言葉・表現に自信をもてるビジネスウーマンに。今回ピックする言葉は、「人一倍」。

「人一倍」って正しく使える?

後輩から「今回のプレゼン、密かに自信があるんです。準備は、人一倍頑張りましたから!」と言われたら、日本語の表現に違和感がある?

それとも正しい日本語を使っていると感じる?

「人一倍」は、ビジネス上の会話でも使われる言葉だけに、正しい意味を知っておきたい!

【問題】
「試験前には人一倍がんばった」あなたは、どちらの意味で使いますか?

1.人並みに

2.人よりいっそう

正解は…?

人一倍
(c)Shutterstock.com
はてな
(c)Shutterstock.com

2.人よりいっそう

「一倍」(いちばい)と書くと、「かける1」、つまり人と同じくらいなのか…!? と思う人もいるかもしれません。しかし、「一倍」には、「かける1」という意味の他、「かける2」(ある数量にそれと同じだけのものを加えた数量)という意味もあります。

つまり、「人一倍」という言葉は、「人よりいっそう」という意味になるのです。

【ことばの総泉挙/デジタル大辞泉】では90%が正解していました(2018年8月29日現在)。

いち‐ばい【一倍】
(1)ある数量に1を掛けること。また、1を掛けた数量。同じ数量。
(2)ある数を二つ合わせること。2倍。
(3)他よりも数量・程度が大きいこと。副詞的にも用いる。いっそう。「一倍深刻に考えるたちだ」「人一倍努力する」
(ことばの総泉挙/デジタル大辞泉より)

【もっとことばの達人になりたいときは!】
▶︎ことばの総泉挙/デジタル大辞泉

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.23

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature