Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 妊活日記
  4. 不妊治療クロミッド3回目。効果は? 排卵は?【33歳の妊活日記12】

LOVE & WEDDING

2018.06.06

不妊治療クロミッド3回目。効果は? 排卵は?【33歳の妊活日記12】

33歳兼業主婦ライターが妊活を実録リポート第12回。不妊治療専門病院に通い始め、不妊治療スタート。排卵誘発剤を服用で、果たして排卵するのか? 卵は育っているのか?

【33歳の妊活日記】by OLライターHana

バリバリと仕事をしてきた20代、30歳を越えこのまま独身バリキャリを貫くのかと思ってた矢先に社内の先輩男性と縁あって32歳で結婚。

さぁ次は妊娠と考えた2016年5月から、2018年の今、未だ妊娠に至らず…自分の努力だけでも越えられない壁があることに気がつき、同時に同じ悩みを抱える30代女性の多さを知る。

自分は妊娠できるのか、その答えはまだ見つかっていないけれど、同士のような女性たちへのエールもこめ、またこれから先、妊娠に悩む女性たちに少しでも役立てばと、実録で33歳兼業主婦ライターが妊活をリポートします。

これまでの記事:妊活日記一覧はこちら

子宮
(c)Shutterstock.com

#12 子宮卵管造影検査後のゴールデンタイム。まずは排卵!

卵管造影検査を終了し、妊活ゴールデン期(ゴールデン期については前回記事をご覧ください)を迎えたhana。再度排卵誘発剤に再チャレンジして、本格的な妊活を始めました。

過去に2回の排卵誘発剤クロミッド服用で全く効果がなかった私。またもや同じクロミッド服用とのことで、今度こそという思いと、きっとまた排卵しないだろうなという諦めモード半々で服用を開始。

ちなみに、私は中用量ピルのプラノバールを服用していたとき程はひどくないものの、クロミッド服用時も若干の副作用を感じました。

排卵誘発剤なので、まず卵巣がすごくチクチクするのよね。この卵巣チクチクが冷静さを保とうとする妊活主婦の心を乱すクセ者。

半ば排卵諦めモードの私でも、この卵巣チクチクを感じると「およ! 排卵してるんやろか!?」と期待をしてしまうのです。

もうひとつの副作用が胸の張り。これはプラノバール服用時と同じ。まぁプラノバールほど強烈ではないけれど。

この胸の張りもまた、期待半分あきらめ半分でクロミッドの服用開始した私のハート♡ を期待8割くらいまで押し上げてくるんですわ。

今回、新しいクリニックで処方されたクロミッドを1週間服用。翌日、卵の成長具合をチェックしに再度病院へ。

薬
(c)Shutterstock.com

排卵誘発剤服用1週間後、再び不妊治療専門のクリニックで診察

今日も院長先生ではなく、前回の卵管造影検査の先生。まずは診察室へ。

先生「はい。Hanaさん。今日で1週間の排卵誘発剤の服用が終わっているので、卵が大きくなっているかどうかを確認しますね。」

そして、内診室へ。Hanaも先生と同じモニターを見ながら卵の様子をチェックします。

先生「これが右の卵巣ですね。うーん。小さい卵がゴロゴロあるけど、大きくなってるのはないねぇ」

Hana「はい(やはりクロミッド効いてないんだわな)」

先生「こっちの左側も。うーん。だめだねぇ。今回は効果なかったね」

そして内診は終わり、再び診察室へ。

先生「今回もクロミッドは効果ありませんでした…と。さて次はどうするかなんだけど。もうしばらく様子見ましょう。ここから卵が育つ人もいるからね。いいかな? じゃあ1週間後に予約して」

Hana「はい。ショボーン(;o;)」

こうして、3度目の排卵誘発剤も効果が出なかった私。ブログや掲示板を読んでも、クロミッドで排卵してる人が大多数。

なんで私は、多嚢胞卵巣も確定ではないのにこんなに排卵しづらいのか、さすがに診察後は平常心を保てず、姉に速攻LINE。

スマホ
(c)Shutterstock.com

ちなみに私の姉は、予想外のデキ婚で長男出産。さらに2人目も解禁日に速攻妊娠し、2番目も男子という、江戸時代の大奥だったら最高パターンの脅威の妊娠のしやすさ×男児産み分け力。

その姉の血を引く妹なのになぜ!?

姉からは冷静な返信。

「私の方がレアケース。マンションのママ友も妊活経験者が大多数だよ。みんな結構人工授精とかまで普通にやってるよ。まあマイペースでやりなよ」

ふむ。また危うく焦り始めてた! と我にかえる。平常心に戻すために(?)と半分言い訳をしながら買い物をして。家路につくHanaなのでした。

つづく

これまでの記事:妊活日記はこちら

※この連載は個人の体験です。治療や薬の処方などに関しては必ず医師に相談してください。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

初出:しごとなでしこ

Hana 33歳兼業主婦ライター

広告代理店で働くアラサー主婦OL。結婚2年目。主婦業、仕事に追われながらも、ただいま子作り奮闘中。夢は、家族でハワイ移住。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.02.18

編集部のおすすめ Recommended

本誌3月号 P.109に掲載しているSHISEIDOのイベント開催期間が以下の通り、変更となりました。変更前)2/1~3/24、変更後)2/2~4/21。訂正してお詫び申し上げます。

本誌3月号 P.185 右上に掲載しているROPÉのツイードジャケットの値段が以下の通り、 変更となりました。変更前)¥26,000、変更後)¥36,000。訂正してお詫び申し上げます。

Feature