Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 女子欲ハワイ
  4. ゆるカッコいい♪ ワイキキのリノベホテル“アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ”が大好評の理由!【女子欲ハワイ62】

LIFESTYLE

2018.04.20

ゆるカッコいい♪ ワイキキのリノベホテル“アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ”が大好評の理由!【女子欲ハワイ62】

ワイキキ周辺にリノベホテルが続々オープン。中でも話題のニューホテルをご紹介。ハワイ(オアフ島ワイキキ)と東京、ふたつの都市に自宅をもち、旦那さんと行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイするエディター武田麻衣子さんがレポートします。

ワイキキのホテルが続々リノベーション。進化が止まりません!

このところハワイは建設ラッシュ。

古くなったワイキキのホテル群が続々リノベートをスタートさせ、次々に目新しいホテルに生まれ変わっています。

中でも、いま注目を集めているのが、ワイキキのやや東側(ダイヤモンドヘッド方向)のビーチ沿いに位置する“アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ”。元パシフィック・ビーチ・ホテルです。今回お友達が宿泊したのでチェックしてきました。

インテリアのテーマは「アロハシック」! ウッドをモダンに取り入れ、心地よさと上級感をブレンドした感じが、すでに入り口から漂っています。

アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ

▲車寄せにある落ち着いたソファコーナー。太く立派なウッドの柱が印象的です。

このホテルは、ワイキキビーチが目の前にあるという立地の良さが大きな特徴。ビーチにすぐ出られて便利なのに、小ぢんまりとしていて価格はお手頃。

海サイドのオーシャンフロントは海が目前。高層階の西側に泊まれば夜景やサンセットが、東側ならダイヤモンドヘッドがきれいに見えます。

ホテル内のプールやジムもイマドキなデザインに生まれ変わりました。インテリアは、国際的に名高いデイビッド・ロックウェルのデザインによるもの。

オープンして早々、USA Today誌から2018年1月、新規オープンの注目ホテルのひとつに選ばれました。

アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ

▲天井が高く、スタイリッシュなフロントやロビー。

アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチアロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ

▲プールは今流行りのインフィニティプール。デッキには気持ちの良いソファ席やベッドがズラリ。キッズプールもあります。

454

▲特筆すべきは有料のプライベートカバナ(写真右)! 中でのんびりと読書をしたり食事をしたりお昼寝したり、お部屋のように落ちついて過ごすことができて最高。ここで1日過ごしたい。なんとTVまでついています。

(写真左)到着早々、プールバー「スウェル」にてウェルカムドリンクのマイタイを! プールサイドは景色が良く、サンセットタイムや夜に、プールサイドで飲むのも気持ちいい♪


アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ

客室は白がベース。シンプルながら清潔感と爽やかさが際立つ空間。軽やかなウッドベースのインテリアも、ちょっとしたしつらいもセンス良し。

アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ

▲アロハシックを体現しているお部屋。パーシャルオーシャンビューのテラスからは、ワイキキビーチが斜めに見えます。でも結構見える(笑)!

アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ

▲アメニティはホテル1Fにできたハワイのアロマブランド、マリエオーガニクスのもの。

アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ

▲お部屋には、密閉カプセルでつくるコーヒーメーカー・キューリグとウォーターバッグが備え付けられています。

レストラン“MORIMOTO ASIA”がこちらに移転!

アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ

大きな話題は、レストラン“MORIMOTOアジア”がこちらに移転したこと。かつて、ホテルModern Honoluluに入っていたモリモトがなくなって、どちらにできるのかと思っていたらここだったのですね。

以前はモダン和食のレストランでしたが、今回は、チャイニーズ色の濃いアジアの屋台料理がコンセプトなのだとか。

アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ

メニューはものすごく豊富。でも以前と違ってお寿司は巻き物のみ。モリモトさんは今回はプロデュースのみ、という関わり方なのでしょうね。

アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ

飲んで軽くつまんで、という使い方がいいのかな。大箱なので大勢で入れるのが便利です。

アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ

今回オーダーしたのは、ソフトシェルクラブ天ぷらを巻き込んだスパイダーロール,14、ローストダックが添えられたシーザーサラダ,15、スパイシーポークエッグロール,10、ブラックペッパーステーキ,32。

イチ押しはモリモト風北京ダック(北京ダックステーションが目立っています)。そしてお席の間をときどき飲茶ワゴンが通過していきます。ブラックペッパーステーキはほぼほぼ韓国焼肉風でした(汗)。

北京ダックがウリというだけあってローストダック乗せシーザーサラダ(写真右上)が美味しかった! 全体的にアメリカ人が好きそうな甘めな味付け。シソの入った和風モヒート(写真左上)は以前のモリモトでも人気でした。

アロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチアロヒラニ・リゾート・ワイキキビーチ

ワイキキに面しているホテルの2Fなので、景色もいいし、窓が開けっ放しで風が通るのが気持ちいい♪ 窓際のお席を予約して! 入り口そばにはカウンター席があり、こちらのバーで軽く飲むなど、2軒目使いも良さそうです。

今後、このホテル内にラーメンを主体にクラフトSAKEなどが楽しめる“MOMOSAN BY MORIMOTO”も、ニューヨークに続いてオープン予定だそう。

そしてほかに人気は朝ごはんビュッフェを楽しめる“レストラン・ライチ”。お粥&お茶漬けステーションやジュースステーション、ハウピアマラサダ、スモアフレンチトースト、ミニロコモコ、たっぷりのフルーツなど、オリジナル色豊かなメニューが話題に。

また、ロビーに位置する“O BAR”には、旧ホテル時代からある巨大水槽が復活。泳ぐ魚を眺められるデザインに。

こちらは朝はテイクアウトの朝食やコーヒーを、その後はバーラウンジとしてオープン。夜には生バンドが入り、また16時から18時、21時から22時のハッピーアワーでは、ビールが,5〜、フライドチキンやフムス、アヒポケDipなどが,8で頂けるのも気軽ですね。

小さめホテルながらgoodバランスのニューオープン。この価格レンジで高い満足感が得られるホテル♪ 4泊以上宿泊すると割引がありますよー。

初出:しごとなでしこ

武田麻衣子/Maiko Takeda ファッションエディター

大学在学中よりファッション雑誌の編集者としてキャリアをスタート。以降、Oggi、Domani、Precious、和楽などで活躍。ゴルフ、歌舞伎鑑賞、ドライブ、クッキングなど、趣味を生かしたカルチャーなページづくりにも定評あり。遊びや仕事で訪れるたびにハワイ愛が膨れ上がり、3年前、ついにオアフにコンドミニアムを購入。行ったり来たりのデュアルライフをエンジョイ中。
instagram→@maikotakedaogawa


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.22

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature