Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 無印良品
  4. 【無印良品のローズヒップオイル】口コミサイトでは酷評もあるみたいだけど本当のところは?

LIFESTYLE

2017.10.18

【無印良品のローズヒップオイル】口コミサイトでは酷評もあるみたいだけど本当のところは?

仕事をする女性たちの気になるアレコレを試してご報告する「なでしこリポーターズ」の柿崎万葉。今回は近頃気になっている「無印良品」のローズヒップオイルにトライしました。

無印良品のお店にいつも並んでいるオイルたち、使ってみたことはありますか? 小さいけれど、なかなかの働きものという噂です♡

前回に引き続き6回目となる今回は、ローズヒップオイルについてレポートします。

無印良品から発売されているピュアオイルは現在全部で6種類。ということは、今回でこのシリーズも最後です。

アンチエイジングの神らしい!
ローズヒップオイル(50ml) 1,500円

ローズヒップオイルは、普段お花屋さんで目にするバラのお花ではなく、ローズヒップ(野ばらの実)から抽出されるオイルのことなのだそうです。ハーブティーの一種であるローズヒップティーも、ローズヒップを原料にしているのですね。

バラと言えども、バラのお花とはまた違うもののようです。このローズヒップのことを「ビタミンCの爆弾」と呼ぶ方もいらっしゃるのだそう。そんなにビタミンCが多いなんて、お肌に良い予感しかしません!

手の甲

重たい使用感なので、シミや乾燥した部分など、お肌の気になる部分にスポット的に使う方が多いそうです。確かに、インナードライ肌のわたしも、お顔全部にくまなく塗るほどではないかな? と手に取ってみて思いました。手の甲に落とした時も、前回のオリーブスクワランオイルと違ってスッとしみ込む感じではありません。

手の甲 塗る

▲塗ったあとも割ともったりした感じが続きます。

わたしは、乾燥の気になるほうれい線の部分や目の周りに使うようにしています。

目の周り


■大人ニキビ対策にも

最近めっきり仕事が忙しく、睡眠不足の日々が続いているので大人ニキビ予備軍が顔に現れる日があるのです…。

ニキビ対策

こんな悟りを開けそうな場所にまで(涙)。

この気になる部分にローズヒップオイルをちょこっと塗り込んでから寝るようにしたら、翌朝にはきれいに治るようになりました!
※あくまで個人の使用感です


■開封後は保存方法と期間に注意

ローズヒップオイルは開封後の酸化のスピードが他のオイルより早いそうです。

今まで試してきた他のオイルたちは常温で数ヶ月置いておいても特に劣化したようには感じないのですが、ローズヒップオイルは特に冷暗所で保管する必要があるのだとか。蓋もきっちり閉めたか毎回気を付けてチェックしたほうが良さそうです。

冷蔵庫

このくらいの小さいサイズのボトルなら、冷蔵庫でも場所を取りませんね。それでも、少しでも匂いや使用感に違いを感じたら、使うのは止めたほうが良さそうです。そうなってしまう前に、どんどん使って使い切ってしまうのが良いみたい!


■実際、においってどうなの?

口コミサイトなどでは「生臭い」だとか「サバ缶のにおいがする…」などという意見も見かけるのですが、わたし個人としては、確かに完全な無臭ではないしバラの香りもしないけれど、だからと言ってお魚のようなにおいでもないし、特に気にならないと思いました!

ちなみに夫にもかいでもらって感想を聞いたところ、「メロンの皮の匂い」と申しておりました。


これから冬に向けて乾燥が進んでいきますが、しっかりケアをしてお肌へのダメージを少しでも軽くしていきたいですね。

無印良品からは色々な種類のピュアオイルが出ています。どれもお試ししやすいサイズとお値段のものが用意されているので、是非ご自分に合ったオイルを見つけてみてくださいね。

初出:しごとなでしこ

なでしこリポーターズ 柿崎万葉

普段は都内の通信会社で技術職として働くOL。趣味は筋トレで、小顔とヒップアップを目指してトレーニングに励む日々。最近は30歳を過ぎたということもあり、美容医療に興味津々。美容代を捻出するため、コスパグッズのリサーチに余念がない。今後は、今すぐ手に入って今日からバッチリ役立つお役立ちグッズやコスパ◎なグッズを探してはレポートしていきます。Instagram: @n081161


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.24

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature