Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マナー
  4. 【職場でつけまつげはあり? なし?】大人女子のお仕事メイクマナー

WORK

2017.08.26

【職場でつけまつげはあり? なし?】大人女子のお仕事メイクマナー

現役ホテルマンである古岡めぐみが、自身の経験をもとにお仕事に役立つマナーや考え方を紹介します。今回のテーマは「職場におけるつけまつげ」について。

年齢を重ねても、いつまでもきれいでいたいですよね。20代になっても10代の頃のヘアメイク、30代になっても20代のときと同じヘアメイクをしていませんか? 若者メイク、おばさんメイクと言われたくない女性、化粧しない主義という女性は必読です。職場ではどんなヘアメイクだと好感度が高いのか一緒に考えていきましょう。

すっぴん風は好感度抜群! ただのすっぴんは不人気!

職場のヘアメイクで大切なポイントは、何と言っても清潔感です。これは男女問わず、どの職種でも言えることですよね。ばっちりメイクでもすっぴんでも、とにかく清潔感に欠けているとか、不健康に見えてしまうと、たちまち好感度は低くなります。

(c)Shutterstock.com

よく男性は「すっぴんが好き」って言いますが、悲しいかな、本音は「すっぴんでもきれいな子が好き」だと思われます…。よって、その言葉に惑わされず、ナチュラルメイクですっぴん風を演出していきましょう。眉毛ボーボー、目立ちすぎるクマや肌のくすみ、唇カサカサ、血色が悪いのは、単に手入れをしていない女性として見られている可能性大です。化粧をしてこない女性社員に困っている男性社員も実際にいらっしゃるんですよ(セクハラと言われるのが恐くて、強く言えないそうです)。ビジネスマナーとして職場でのすっぴんは避けましょう。

若者メイクから透明感のある大人メイクへ!

(c)Shutterstock.com

20代の頃にいわゆる「若者メイク」を経験してしまうと、なかなかナチュラルに戻せません。つけまつげ、マツエク、囲みアイライン…。ばっちりというよりガッツリメイクをしていた自分に見慣れてしまうと、いざナチュラルにした時に、なんか物足りないって思ってしまうんですよね。

でも年齢を重ねても「若者メイク」を続けていると、いずれ「おばさんメイク」と言われても仕方ありません。やはり、大人の女性には透明感のある大人メイクが似合います。「自分のメイク、結構派手かも…」と思われた方は、一気に変えず、少しずつ変えて慣れていきましょう。しごとなでしこには、みなさんの年代に見合うメイクやファッション記事もたくさんあるので、是非参考にしましょうね。

職場でつけまつげはあり? なし?

(c)Shutterstock.com

身だしなみマナーとしては、つけまつげはあまりおすすめできません。特に、ボリュームや長さのある派手なつけまつげは、やはり不自然です。私自身、20代前半はつけまつげが手放せない時期がありました。ただ、つけまつげが取れていないか気になってしょうがなかったですね。一部取れていることに気付くと、とにかく恥ずかしいので、仕事に集中できなくなります(私もそんな時期がありました、若かったですね)。前髪が気になっていつも触ってしまうのも同じで、目の前のお客様ではなく、自分にばかりベクトルが向いてしまってはいけませんよね。

「ナチュラルなつけまつげならOKですか?」という問題ではなく、職場で大切にしなければいけないものは何なのか? そして、今の職場のイメージに合っているかどうかを自分で考えて整えていくことが身だしなみマナーの本質です。もちろん、職場でつけまつげや禁止されているのであれば、それはルールなので守ってくださいね。髪の明るさや髪型、メガネのデザイン、アクセサリーなども考え方は同じです。

(c)Shutterstock.com

きれいは自信になります。メイクが変われば、自分の振る舞いも変わります。せっかくなら好印象を持ってもらって仕事の成果に繋げましょう!

初出:しごとなでしこ

古岡めぐみ 現役ホテルマン・マナー講師

沖縄「カヌチャベイリゾート」や、大阪「大阪マルビル大阪第一ホテル」など、名だたるホテルでの勤務経験をもつ現役ホテルマン。お客様からの多くの支持を集め、また後輩育成にも力を注いできたことを認められ、過去に社内表彰されること多数。
現在は富山県内のホテルフロントスタッフとして勤務しながら、これまでの自身の経験をもとに接客マナーやホスピタリティなどのセミナー講師としても活動している。

これまでの記事はこちら


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.24

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature