Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 美人のマネー学
  4. 女子会のお会計もアプリでOK?「割り勘」ができる便利アプリに注目

WORK

2017.06.03

女子会のお会計もアプリでOK?「割り勘」ができる便利アプリに注目

生活に必需なお金のお話。毎日を楽しみながら貯金もして将来のこともしっかり考えていきたいですよね。しごとなでしこでもあるファイナンシャルプランナー花田浩菜さんが、お金に関するちょっとしたヒントやアドバイスを教えてくれています。今回は、便利でお得もあるお会計割り勘アプリの活用法です。

ファイナンシャルプランナーの花田浩菜です。
外食したとき「お会計は現金でしょうか、カードでしょうか…」こんな支払い時のやりとりも今ではスマホ1つあれば大丈夫!という便利な時代になってきました。そんな中、注目されているのは、数人での女子会や飲み会で「割り勘」まで完結する、「個人間の送金サービス」ができるアプリです。「個人間の送金サービス」ができるアプリは「どんなサービスなの?と思う方も多いですよね。そこで今回はこのアプリをクローズアップしてご紹介します♪

お会計時に便利に使える!「割り勘」が可能な便利アプリが続々登場!

女子会や数人での飲み会で困るのは、お会計。スマートに一人一人分に割ってくれる親切なお店も中にはあるものの、大人数となると話はまた別ですよね。

これまではお会計をまとめてしてくれる人に対し、1人分の金額を現金で手渡す、というのがセオリーでした。でもこれからの時代には、「割り勘」ができる個人間の送金サービスができるアプリが活躍してくれます。個人間の送金ができるアプリを使えれば、お会計を現金で小銭単位で支払う必要はありません。また全員分をまとめて支払う代表者以外の参加者もクレジットカード払いが可能になり、「割り勘時でもポイントやマイル等を貯める事もできる」というメリットもあります。便利でお得な「割り勘可能!」な便利アプリの特徴をチェックしてみましょう♥


【「割り勘可能!」なアプリの特徴をチェック✔️】

「paymo」

支払い方:クレジットカード(Visa、Masterard)
特徴:登録から利用まで1分!をサービスのウリにしている事もあり、送金サービスを使う際でも本人確認も必要なし。ただ、レシートがでる「お店」のみで使用が可能で、レシートが出ない個人同士のお金のやり取りには使用不可。使い方は「レシートを撮影、金額を入力→割り勘する人の宛先を選ぶかQRコードを読み込んでもらう→支払」という簡単3ステップで可能です。送金手数料は無料、割り勘で受け取ったお金は手数料200円で銀行口座から現金でも引き下ろせるほか、次回の割り勘の際にも使えます。クレジット支払が可能なので、ポイントやマイルももちろんたまります。

「Kyash」

支払い方:クレジットカード(Visa、Mastercard)
特徴:「paymo」ではできないお店以外の個人間の送金にも対応可能で、送金手数料はこちらも無料です。アプリをダウンロードしていない相手でもSNSなどで連絡先が分かる相手なら利用可能な手軽さが魅力です。こちらもPaymo同様、送金サービスを使う際でも本人確認も必要なし。ただ、注意点として送金で受け取ったお金は現金での受け取りは出来ないので要注意です。ただ、現金で受け取れない分Visaカードが使えるお店での支払には利用可能なので、普段からカード派の方には便利なアプリです。自分自身の利用用途に合わせてチェックしたいですね。

「 LINE Pay」

支払い方:銀行口座、コンビニ払い
特徴:2014年から既にサービスをスタートしている先駆者的存在の「LINE Pay」。こちらが「paymo」や「Kyash」と異なる点は、「クレジットカード払いは出来ない」こと。その代わり、銀行振込のほか、ATMやコンビニでもチャージ可能です。早くから個人間での送金が出来るサービスとしてリリースされ、どんな用途でも送金でき、送金手数料は無料です。216円の手数料は掛かりますが現金での引き出しも可能です。また、送金時には本人確認が予め必要なので、使うまでに手間は掛かりますが安心感はあるのが特徴です。

このように、「割り勘がアプリで出来る!」個人間の送金サービスには様々なアプリが登場しています。クレジットカードでポイントを貯めている方には朗報ですが、便利な点、不便な点もそれぞれあるのでまずはチェックしてから自分にあったサービスを見つけてみてはいかがでしょうか?

今後もより便利なアプリが登場し、「女子会にはスマホひとつで身軽に参加♡」という女性も増えていくはずです。

初出:しごとなでしこ

花田浩菜 ファイナンシャルプランナー

学生時代からCanCamなどを中心に読者モデルを始める。大学卒業と同時に金融関連会社に就職し、その後フリーランスのファイナンシャルプランナーに。現在は月刊誌やweb上で連載を持ち、様々な媒体で女性のライフスタイルを大切にしたマネーコラムや経済情報を発信中。趣味は旅行と食べ歩き。instagram→hanadahirona


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.23

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature