「旅行積立て」で毎年ご褒美! 旅好き必見のサービスが人気急上昇 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. 美人のマネー学
  4. 「旅行積立て」で毎年ご褒美! 旅好き必見のサービスが人気急上昇

WORK

2017.02.26

「旅行積立て」で毎年ご褒美! 旅好き必見のサービスが人気急上昇

ファイナンシャルプランナーの花田浩菜です。
毎日さまざまな事がありながら、楽しく働き、暮らしたい。そんな全国のなでしこ女子の皆さんにとって、自分へのご褒美タイムって重要ですよね。スイーツ、グルメ、お買い物、趣味…いろいろな自分自身への「ご褒美」の仕方があるのではないでしょうか。今回は、毎年のご褒美は旅行へ! というなでしこ女子にはぴったりな、最近ますますサービスが広がりつつある「旅行積立て」に注目してお話ししていきます。

tabi

毎年のご褒美にぴったり♡ 積立でお得に旅に出ましょう!

以前【驚異の利回り! 百貨店の積立サービスって?】でご紹介した「デパート積立」のサービス。毎月貯金のように定額を半年、1年貯めると一定の額が上乗せされて商品券として戻ってくる! というサービスでしたが、今回の「旅行積立て」はこちらの旅行バージョン。毎月一定額を積立て、満期の時に上乗せ分と合わせて受け取る事ができる「旅行積立て」は、最近旅行会社から続々と登場しています。今回は、そんな「旅行積立て」のサービスを詳しく解説!

「旅行積立て」とは?

1人での自分へのご褒美もちろん、毎年家族で旅行に行く!方など、ご褒美の仕方も人によってさまざまですが、旅行がご自身にとってとっておきのリフレッシュ方法な人にはぴったりなサービスが「旅行積立て」。
毎月決まった額を自分で決めて、積立てスタート。6ヶ月~5年程度のあらかじめ決めた期間に積立をしていきます。最終的に元々決まったもの(サービス額と呼ばれています)が元本に上乗せされ、積立てた元本+上乗せ分の積立てた会社の旅行商品等で使える商品券などで戻ってくる!というのが基本。この上乗せ分を年利で考えてみると、「2%前後」のところが多く、一般的な銀行の定期預金では「0.01%」が多い事を考えると(2017年1月現在)、旅行に毎年行きたい!という方には嬉しいサービスなのです。

たくさんの会社が積立てサービスを開始しており、今回はそれぞれの会社が出している「旅行積立て」の商品をまとめて紹介していきます!

種類豊富な「旅行積立て」(毎月払いの場合)をご紹介

■JTB 旅行積立「たびたびバンク
積立て最低金額→5000円以上
積立て期間→12ヶ月~60ヶ月
サービス額年利換算→1.75%
特徴:JTBの国内外のパッケージツアーや宿泊、国際線の航空券等に使えますが、「ネット限定商品」など対象外の商品も有り。

■HIS「貯めチャオ
積立て最低金額→3000円以上
積立て期間→6ヶ月~60ヶ月 サービス額年利換算→1.6~2.2%
特徴:サービス分を加算して、HISの商品券がもらえます。HISの国内営業所や特約代理店、ハウステンボス等で使用可能。

■ JAL旅行積立「たびつみ
積立て最低金額→5000円以上
積立て期間→12ヶ月~60ヶ月
サービス額年利換算→2.5~3%
特徴:積立開始から1年間はなんと3%の上乗せ率! その後は2.5%となります。特徴として、JALカードでのお支払いで積立てながらマイルもたまるメリットも。JALグループの航空券、パッケージツアー、系列ホテル、機内販売等で使用できる「JAL旅行券」として戻ってきます。

■ANAセールス「ANA旅行積立プラン
積立て最低金額→3000円以上
積立て期間→12ヶ月~60ヶ月
サービス額年利換算→2.25~3%
特徴:積立ての最大年利が3%はJALと同様高いところが嬉しいANAの旅行積立。また、こちらもANAカードで支払う事でANAのマイルも2重取りできちゃいます。「ANA旅行券」として引き換え可能で、パッケージツアーや航空券、ホテル、レンタカー、免税店などで使えます。

「旅行積立て」を始める前にチェックしておきたいことは?

おすすめの「旅行積立て」ですが、チェックしたいポイントもまとめてみました。

■「旅行積立て」に関し、あらかじめチェックしておきたいポイントは?

「会社をまたいで」は使えない!
当たり前ですが、「ANAの旅行積立てで貯めた分をHISで使いたい!」と思っても会社をまたいでの利用はできません。そのため、毎年良く使う会社があるか? またはパッケージツアー派なのか、航空券とホテルを別々に取りたいのかなどで積立てる会社を検討する等、自分の「旅スタイル」に合った積立てを。

✔️現金ではなく「旅行券」。旅行予算を予め決める!
いくら「年利換算3%!? たくさんやらなきゃ!」とお金を積立てても、戻るのは現金ではなく旅行券。旅行にそんなにお金をかけないのであれば、せっかくの積立てもムダになってしまいます。それよりも、しっかり「来年の冬休みに、ハワイに行こう!」など予めご褒美旅行の計画を。そして「旅行予算は20万円!」などと決めて、その旅行代金分を積立てる方がスマートです。

✔️旅行に行く時期から余裕を持った満期設定を!
「来年の夏休みに旅行に行こう!」と思っても、8月満期の設定にしてしまっては旅行券を受け取るのが8月になってしまい、ぎりぎりの旅行申し込みになってしまう等の恐れが。余裕を持って3ヶ月前、ピーク時期に旅行に行く場合はさらに早めの満期時期の設定を。

✔️途中解約に注意
万が一途中解約をする場合は、「サービス分の適用外」となったり、現金ではなく「旅行券」の形で戻るケースがほとんど。予め、ご褒美旅行の計画をしっかりたてて貯金感覚で積立てましょう!

賢く使えば毎日頑張る自分や、大切な家族とのご褒美として利用するのにもぴったりな、各社の「旅行積立て」。サービス率だけでなく、ご自身の旅行スタイルに合わせて利用してみてくださいね♥

tabi2

初出:しごとなでしこ


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.01.21

編集部のおすすめ Recommended

Feature