Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 消費家ブログ
  4. 新宿御苑でのパークヨガに参加してみた|消費家ブログvol.5

LIFESTYLE

2016.08.07

新宿御苑でのパークヨガに参加してみた|消費家ブログvol.5

ヨガのユリカ先生から素敵なお誘いがきた。

「パークヨガ」。むむむ・・・。
しごとなでしこの皆さんにもすっかり浸透しきったヨガ。
ヨガっていろいろ怪しい(失礼)ポーズも多く、公共のスペースで行うのはなかなかに恥ずかしいスポーツかも。
寝っ転がるタイミングも多い。
香港のおばさんたちが公園でやっている太極拳とはちょっと訳がちがう。
(って言っても、太極拳もやたら動作がゆっくりで、香港の公園でお散歩している時、
普段の動きの10分の1位のスピードで太極拳を無音の中で繰り返しているおばさんと目があうと、
こっちがちょっと恥ずかしくなったりもするもんだが・・・それも独りでやってる人多く、精神力あるなぁ、的な)

でも公園での気持ち良い(にちがいない)時間にも惹かれる・・・。

で、パークヨガ。
今回のお誘いはヨガの後に今人気急上昇中のエルカフェさんのランチ付きとのこと。。
エルカフェは私もジュースクレンズでお馴染み。
そのエルカフェのベジーランチ付きのピクニック、それはちょっと、いやかなり興味ある。

ということで食べ物につられて、友人のカナイを誘って、早速参加してきました!

01

今回の場所は新宿御苑。
梅雨の合間の曇りの朝。外ヨガにはもってこいの朝。

入園料を払って入る新宿御苑の中はとても広く、大きな木々と広い芝生スペースがとても心地よい。
すべてが梅雨の湿気を含んて瑞瑞しい素敵な環境・・・。
そのマイナスイオンを含んだ湿り気のある空気に、自然と息も深くなり、胸いっぱいに欲しくなる。

いい出だしです。
待ち合わせ場所にはユリカ先生がマイク持って、待っていた。

早速円陣になって・・・
芝生が少し濡れてたけど、ふかふかで本当に自然の絨毯みたいだ。

「鼻から息をおおきくすって~、はいて~、すって~、はいて~」

ユリカ先生の独特なそのリズムに思わず呼吸も深くなる。。
合掌しながらの目をとじて、自分を見直す時間。

02

ヨガウエア一枚でも暑くもなく、寒くもなく、太陽の光も強すぎず・・・
すべてがパーフェクトじゃないですか~!

という訳で男性、女性、合わせて30人位の大所帯のパークヨガ。

自分を見つめ直す時間と、みんなでワイワイ新しい面白ポーズにチャレンジと1時間半を満喫。
しかし、新宿御苑は広いね。こんな広々としたスペースを我々占めです!

03

こんなことができちゃうのも、パークならでは!でした。
新しい発見。
ヨガってこんな団体競技?もあったのね。笑
でも本当のお目当ては???

そうです、その後のランチ。
エルカフェから発売されたベジバーガー。

04

浄化作用のある炭が入った黒いバンズがインパクト大!なケールバーガー。
オーガニックケールを使ったこのバーガー、味もしっかりしていて、噛み応えもあり、
ベジーとは思えない一品です。

自然派レストランなどではお馴染みのケール、これから絶対流行る!
というかマストベジタブルになりますね。

これなら全然お昼のバーガーとして採用できる!

とは言え、食いしん坊にとってはデザートも大事。
そのデザートもケールボウル。
ドラゴンフルーツとバナナが甘く鼻腔をくすぐり、、時々パリっとした食感はカカオニブ。
おいし~い。
ケールが入っているとは思えない、甘い甘いボウルでした。

これでベジーでヘルシーっていうのだから、たまりません。

05

ユリカ先生を囲んでの一枚。
共通の趣味を通じて集まったヨギーたちは初めての対面でもみんな優しかったです。

こういう時間、こういう消費、大事だね。。
とても有意義な週末でした。

しかし、新宿御苑を訪れてた中国の観光客団体さんに我々のヨガ姿、バシバシ写真とられてた!
私が香港で太極拳のおばさんの写真撮ってるのと結局、おなじやないか~~!

初出:しごとなでしこ

黒島美紀子 MKシンディケイツ代表

消費家・商業マーケティングコンサルタント
アパレル、セレクトショップ・百貨店を経て独立起業して早や10年余。
数々のお買い物の実践と失敗を繰り返し、
ファッション、ビューティ、グルメ、ライフスタイルの動向を消費者目線で考察。
また、世界各地の商業スペースやブランドをチェック、
消費活動を通じたマーケティングを行い、企業と消費者を結ぶ。


Today’s Access Ranking

ランキング

2019.01.23

編集部のおすすめ Recommended

本誌2月号 P.122にて誤りがありました。ブルーのタック入りパンツのブランドは、正しくは(JOCカスタマーサービス<チェスティ>)です。訂正してお詫び申し上げます。

Feature