Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 美女エディター肉日記
  4. 目も舌も喜ぶコスパ焼肉【beef by KOH】N.Y.スタイルの焼肉&創作料理でバースデー女子会♪

LIFESTYLE

2018.06.13

目も舌も喜ぶコスパ焼肉【beef by KOH】N.Y.スタイルの焼肉&創作料理でバースデー女子会♪

今回は、お祝い肉ケーキも魅力的! 女子会にぴったりの広尾にある焼肉店。Oggiの美容ページで活躍するお肉大好きエディターが、美味しかった&盛り上がった忘れられないお肉のお店を日記帳で徒然にお届けします!

エディター 門司紀子

最近、女子のほうが肉好きが多い気がするのは気のせいでしょうか!? 仕事もプライベートもパワフルにこなす女子はみ~んな肉好き♡ だから友人の誕生日祝いの集いも迷うことなく、美味しいお肉のお店で♪

広尾にあるカジュアルおしゃれな焼肉店は女子会にぴったり♪

beef by KOH

広尾駅1&2番出口から徒歩わずか1~2分の好立地、広尾商店街の入口付近にあるbeef by KOH。ここはN.Y.で修業したオーナーKOHさんが、N.Y.スタイルの焼肉&創作料理を提供してくれるお店。飾らずカジュアルな雰囲気の店構えも、ワイワイしゃべり倒したい女子会にぴったり。

肉の前にはまずは野菜で腹ごしらえ!

季節のナムル

クレソンサラダ

肉をより美味しくいただくために、そして消化を助けるためにも、肉の前にたっぷり野菜がお約束。ズッキーニやビーツなど今どき野菜を使った季節のナムル(¥800)と、塩昆布とあっさり和えたクレソンサラダ(¥750)は必食。

幸せがあふれ出る! 名物「肉ウニ」

肉ウニ

肉ウニ

オーナーがN.Y.から持ち帰ったという肉ウニ(¥1,800)は、韓国海苔の上に大葉、上質な霜降り肉、ウニをのせたAmazingな1品。口をあ~んぐり開けて、ひと口でパクリ♡ 霜降り肉の脂が口の中でとろけながら、ウニの甘がとろけ出し、海苔の香ばしさと大葉の爽やかさが混ざり合って、この上ない幸せ♪

焼肉は塩系お肉からスタート!

タン塩

カメノコ

タン塩(¥1,100)、カメノコ(¥1,800)など、まずは塩系のお肉から。文句ない美味しさ♪

盛り上がること間違いなし! ハピバ刻印入り肉ケーキ

ランボソステーキ

「友人が誕生日なので、なにかお祝いっぽいことしたいのですが…」と当日お店でオーナーさんに相談し、急遽出していただいたのがこのステーキ! ランボソステーキ(¥3,500)にはHappy Birthdayの刻印入り。火花を散らして艶やかに登場したステーキを目の前に、主役の友人は目をキラキラさせながらテンションMAXに♪ 改めて祝杯を交わし、みんなでワイワイ。

火入れが肝心なステーキは、オーナーさん自らが程よく焼いて、取り分けて持ってきてくれました! おろしソースでさっぱり旨い♪

肉の〆は、すき焼きスタイルの炙りロース!

炙りロース

幸せの卵

炙りロース(¥1,800)は目の前の七厘で軽く炙ったあと、幸せの卵(1個¥100)にくぐらせて…。「今すぐ、ごはんくださ~~~い♡」

TKG

ということで、ライス(¥200)をいただいてみんなで少しずつシェア。残った卵にぶっこんでTKGに。うん、間違いない!

TKGのお供には、パクチースープ!

パクチースープ

パクチースープ(¥950)は、パクチーLOVERなら絶対に頼むべき名メニュー。これでもか~というほどにパクチーが入っていて、スープはちょっぴりオリエンタルな風味。肉をたらふく食べたあとの胃腸を優しくいたわってくれる一品。

別腹デザートも本格派!

デザート

デザートにはこれまたお店の名物だという、自家製ソフトクリーム マスカルバニラ(¥600)を。¥100~でソースやトッピングを追加すれば、さらにスペシャルなデザートに。今回はラズベリーのソースをトッピング。マダガスカルのバニラを使った自家製アイスは、バニラの風味たっぷりで濃厚。お腹いっぱいでもペロリ完食の美味しさ♡

肉をバラのように盛りつけたものなど、肉ケーキを出す焼肉店は最近増えていますが、食べ応えも味も上々なステーキ肉ケーキを出していただいたのは初めて。当日でも対応してもらえるのもうれしいポイント!

欲望に任せて好きなものを食べ、ワインボトル1本+数杯のドリンクを頼んでもひとり¥6,000~7,000くらいとコスパもなかなか。

女子会やカジュアルデートにもおすすめのお店です♪

beef by KOH

門司紀子

大学在学中に女性ファッション誌の編集アシスタントを経て独立。フリーランスエディター&ライターとして、『Oggi』や『美的』などで企画・撮影ディレクション・執筆までを担当。担当する記事はビューティ関連をメインに、食、料理、旅、ファッション、ゴルフまで多岐にわたる。また、ヘルシーなケータリングサービス“mon deli”も手掛ける。キレイを意識したメニューは撮影現場でモデルやエディターからも好評。強靭な胃腸をもつ食いしん坊がゆえ、趣味は弾丸食い倒れ旅。Instagramアカウントは@norikomonji


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.08.15

編集部のおすすめ Recommended

6月28日に発売したOggi8月号P.100掲載の“Teva”のサンダルのライン名に誤りがありました。正しくは「ミッドフォーム ユニバーサル」です。お詫びして訂正いたします。

Feature