【パンツコーデで夏もかっこよく】ベージュ・白・黒・ネイビーパンツなどカラー別のハンサムコーデ39選 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. パンツ
  4. パンツコーデ
  5. 【パンツコーデで夏もかっこよく】ベージュ・白・黒・ネイビーパンツなどカラー別のハンサムコーデ39選

FASHION

2021.07.23

【パンツコーデで夏もかっこよく】ベージュ・白・黒・ネイビーパンツなどカラー別のハンサムコーデ39選

はくだけでキリッと女前なシルエットがつくれるパンツコーデ。暑さも相まってコーデがほっこりしがちな夏だけど、パンツスタイルのときはやっぱりハンサムに仕上げたいところ。今回は安定感のあるベーシックカラーを中心に、旬の着こなし方を紹介します。

【目次】
パンツスタイルで夏のコーデをかっこよく
【ベージュパンツ】夏らしい大人のメリハリコーデ
【白パンツ】おしゃれ感度の高いヘルシーコーデ
【黒パンツ】おしゃれ偏差値が上がる女っぽコーデ
【グレーパンツ】こなれ感のあるカラー配色コーデ
【ネイビー・赤パンツ】寒暖カラーのきれいめコーデ
【ワイドパンツ】きれいめ素材の上品ハンサムコーデ
最後に

パンツスタイルで夏のコーデをかっこよく

リラクシーなシルエットが増えた昨今、パンツスタイルを今っぽく着こなすなら、きれいめ感がマスト。今回は定番カラーを中心におしゃれに映えるコーディネートを紹介します。この夏のパンツコーデは、シルエットや素材にこだわってかっこよく!

・ニュアンスカラーのパンツは「辛口アイテム」でキレよく
・シックなカラーパンツは「ひとクセアイテム」で都会的に
・全体の「シルエットや素材感」でメリハリをつける

【ベージュパンツ】夏らしい大人のメリハリコーデ

ニュアンスカラー×ベーシックカラーという、トレンドと安心感を兼ね備えたベージュパンツ。ワントーンはもちろん、きれい色とも相性がよく使い勝手がいいので大人のコーデに最適。ここではアクセントカラーや素材感で、メリハリをつけた夏らしい着こなしを紹介します。

【1】ベージュパンツ×白カットソー×ベージュトレンチコート

ベージュパンツ×白カットソー×ベージュトレンチコート

さりげなく墨色がかった、ライトベージュのテーパードパンツ。この絶妙カラーが、やさしい空気感はキープしつつも、都会的な印象に。全体を品よくこなれ見えするベージュ〜白のグラデーションでつないで。

今どきのこなれ見えは、絶妙ニュアンスカラーグラデで完成!

【2】ベージュパンツのセットアップ×ブルーボーダータンクトップ

ベージュパンツのセットアップ×ブルーボーダータンクトップ

やさしい空気感に包まれるクリームベージュのパンツセットアップ。夏空のような澄みきったブルーと白のボーダーのタンクトップと合わせると、フレンチシックなムードに。

ボーダータンクもベージュを重ねれば、表情まで優しく見える♡

【3】ベージュショートパンツ×カーキのサファリジャケット

ベージュショートパンツ×カーキのサファリジャケット

夏らしいショートパンツはシックな色合わせで大人っぽく。ツヤ感のあるカーキトップス×ロング丈のカーキジャケットで上品に着こなして。足元はフラットのバーサンダルで、肩の力の抜けたおしゃれ感を。

サファリな上品カラーでシックに決めて

【4】ベージュパンツ×ベージュノースリーブブラウス

ベージュパンツ×ベージュノースリーブブラウス

ベージュのグラデーションでつくるワントーンコーデなら、落ち着いたソフトな印象に見せてくれる。ベルトやバッグのパーツのダークブラウンでさりげなく全体を引き締める。

上司と共に会食へ。仕事上も大切な席だから品のよさを意識

【5】ベージュパンツ×ネイビーブラウス

ベージュパンツ×ネイビーブラウス

ふんわり袖のネイビーのプルオーバーに、ゆるめのベージュのパンツを合わせた気負わないカジュアルコーデ。小物は黒で引き締めると、リラックス感の中にも大人っぽさを出せる。

三尋木奈保のリアルスタイル公開! 着回し「3段活用ステップ」を実践

【6】ベージュパンツ×赤ニット

ベージュパンツ×赤ニット

定番だけど、大人にこそ許されるカジュアルな赤の装い。トマトレッドのニット×ベージュのパンツのコーデ。カジュアルすぎないように、サンダルやショルダーバッグで女性らしさをプラス。

【エンフォルド】の赤ニットとベージュのチノパンのコーディネート|新・きれい色 御三家

【7】ベージュパンツ×ネイビー半袖リブニット

ベージュパンツ×ネイビー半袖リブニット

シンプルなブラック系のトップスでまとめると、カジュアルなベージュのパンツもきれいめに見せられる。同系色のスカーフを合わせて、顔まわりに華やぎを演出。

早起きで日帰り出張。選ぶべきはシワになりにくいワイドチノ♪

【白パンツ】おしゃれ感度の高いヘルシーコーデ

夏の日差しをまっすぐに受けて、コーデを健康的に引き寄せる白パンツ。ここでは、清潔感のある白が持つ力で、メンズライクなパンツコーデが女らしく品のよく仕上がる夏の着こなしを紹介します。都会的なスタイルやトレンド感のあるリラクシーさなどコーデに奥行きを与えるトップスで味付けを。

【1】白ショートパンツのセットアップ×ラベンダートップス

白ショートパンツのセットアップ×ラベンダートップス

涼しげなリネン素材の白ショートパンツがおしゃれな夏のジャケパンスタイル。高感度なハンサムスタイルも、ローファータイプのスリッパを合わせれば肩の力が抜けた着こなしに。

【乃木坂46新内眞衣】ビッグシルエットの〝ボーダーカットソー〟でカジュアルな日も抜群に今っぽく!

【2】白パンツ×ボーダーカットソー

白パンツ×ボーダーカットソー

夏のおしゃれ度も格段に上がるオフ白のレザーパンツ。リラックスした気分で過ごす日は、体が泳ぐビッグシルエットのトップスと合わせてバランスよく。キャッチーなきれい色のサンダルで足元に差し色を。

2021最新トレンド足元は… スマートに見える“スリッパシューズ”!

【3】白パンツ×ミントストライプシャツ

白パンツ×ミントストライプシャツ

白パンツに旬のミントシャツのワンツーコーデ。ミントのストライプシャツにパンツ&小物も白でクリーンにまとめて。シャツはフロントだけウエストインして、休日仕様のゆとりのある着こなしに。

ミントシャツと白パンツでクリーンにまとめておでかけ♪

【4】白パンツ×黒ジャケット

白パンツ×黒ジャケット

トップスをジャケットの素材感に合わせて、とろみの化繊ブラウスに変えるだけで一気にオシャレに。今年はボウタイのブラウスに注目。キュッと結ぶと野暮ったくなるので、一回結んで垂らすくらいがベスト。

スーツコーデがワンパターンに…【アラサーOLのお悩みファッション】人気スタイリスト&編集長が解決

【5】白パンツ×水色ブラウス

白パンツ×水色ブラウス

スタンドカラーのゆったりシルエットシャツで、きれいめモードに。きちんと見えの代名詞、スタンドカラーを取り入れて、フィッシュテールのシルエットでリラックス感も漂う。

肌見せ具合にドキっ…オフショルとスタンドカラーで別の顔【kei shirahataの2wayトップス】

【6】白パンツ×ストライプシャツ

白パンツ×ストライプシャツ

ストライプシャツと腰巻きのカーディガンに白パンツを合わせたコーデ。とろみ素材のパンツなら長時間の移動も楽ちんです。

彼と金沢へ2泊3日の小旅行。素敵な器との出合いを求めて…いってきます!

【黒パンツ】おしゃれ偏差値が上がる女っぽコーデ

着こなしがラフに転びがちがちな夏の季節でも、媚びない黒パンツならいつだってクール。ここでは、夏らしく肌見せとのコントラストで辛口にまとめた黒パンツコーデを紹介します。強い色だからディテールに遊びを効かせたりして、今っぽく仕上げるのがおすすめです。

【1】黒パンツ×ブリックレッドトップス×白ニットシャツ

黒パンツ×ブリックレッドトップス×白ニットシャツ

キレのいい黒カーゴパンツは、ブリックレッドのトップスを合わせることでかっこよさと女っぽさを両立。ノースリーブで腕を出して、思い切って肌感を増やすとマニッシュさが抜けてちょうどいい甘辛バランスに。

【乃木坂46新内眞衣】アクティブな夏こそ、ポジティブな〝ブリックレッド〟で女っぽく♡

【2】黒デニムパンツ×グレータンクニット×グレースウェット

黒デニムパンツ×グレータンクニット×グレースウェット

美シルエットに定評のあるハイウエストの黒デニム。いつもよりスミ色がかった黒デニムは、グレーの濃淡へとつなぐトップスを合わせて、シックなグラデーションスタイルに。

濃淡グラデで着る「スミ黒デニム」が今アツい!

【3】黒デニムパンツ×ベージュシャツワンピース

黒デニムパンツ×ベージュシャツワンピース

黒デニムにベージュシャツワンピースを合わせたレイヤードコーデ。キャスケット、サンダル、サングラスなど、黒い小物でまとめてモードなレイヤードを楽しんで。かごバッグでリラックスムードをUPさせて。

黒をポイントにちょっぴりモードなレイヤードスタイル♪

【4】黒パンツ×黒ジャケット

黒パンツ×黒ジャケット

靴やバッグなど小さな面積で取り入れることが多かったレオパード柄。今季は思いきってトップスに取り入れていきたい。永遠の定番配色の黒×レオパードは、パンツスタイルをスパイシィで女っぽく格上げ。

ついつい着たくなる偏愛プリント【エキップモン】のレオパード柄

【5】黒パンツ×グレージャケット

黒パンツ×グレージャケット

真面目な会議のある日には、黒のジャケットパンツスタイルが頼りになる。インナーには黄色で色を添えて、埋もれない存在感も同時にアピール。

会議の日は存在感をアピールできるジャケパンコーデで

【6】黒パンツ×黒Tシャツ

黒パンツ×黒Tシャツ

全身黒でクールにまとめたカジュアルスタイルには、効きがいいストライプストラップバッグをお供にしてみる。足元は白のスニーカーにすることで軽やかに。

ストラップバッグをお供に休日ワークアウト♪

【7】黒パンツ×黒ノースリーブカットソー

黒パンツ×黒ノースリーブカットソー

つかず離れずなゆったりシルエットで、楽チンさを追求した休日のリラックス夏コーデ。シンプルな全身黒コーデにはサコッシュのオレンジで鮮やかなアクセントをプラス。

ファッションディレクター野尻美穂の【音楽フェス必須アイテム】はコレ!

【8】黒パンツ×黒ブラウス×ビスチェ

黒パンツ×黒ブラウス×ビスチェ

全身黒コーデでも着映えを叶えるなら、ビスチェを重ねてレイヤードで奥行きを出すのがコツ。モードなビスチェも、袖コンシャスなふんわりブラウスと合わせれば華やかな印象に。

ダークカラーでも着映えたいときは、レイヤードで奥行きを出す!

【グレーパンツ】こなれ感のあるカラー配色コーデ

シンプルにまとまりがちな夏の着こなしを、ニュアンスたっぷりな表情にしてくれるグレーパンツ。コーデに大人の余裕を感じさせてくれるのは、バラエティ豊かなスモーキーカラーのおかげ。ここでは、きれいめで好印象なグレーを味方につけて、今どきのかっこいいパンツスタイルを紹介します。

【1】グレーデニムパンツ×クリームイエローカットソー

グレーデニムパンツ×クリームイエローカットソー

やわらかい色合いのグレージュデニムは、パステルイエローと合わせてニュアンス配色コーデに。足元は白の靴で抜け感をつくるとバランスよく着地する。

淡色デニムはニュアンスパステルでOK♡ 大人っぽさも爽やかさも叶うコーデ3

【2】グレーハーフパンツ×ピンクのスタンドカラーシャツ

グレーハーフパンツ×ピンクのスタンドカラーシャツ

ゆったりシルエットのグレイッシュな淡いピンクシャツと、チャコールグレーのハーフパンツをグレーのニュアンスでつないだコーデ。抜け感のあるベージュスリッポンで、チャーミングなマニッシュスタイルに。

梅雨時期は、ニュアンスカラーがおしゃれに見える! 注目ブランド&コーデ7選

【3】グレーデニムパンツ×ミントカラーノースリーブニット

グレーデニムパンツ×ミントカラーノースリーブニット

ミントニット×グレーデニムのラフすぎない大人の旅コーデ。ミント色のニットは、後ろは深めのU開きで女らしい後ろ姿に。さらっとはおれてシワも気にならないサファリジャケットは、旅でも活躍してくれる。

ミント×グレーデニムで小旅行へ…【乃木坂46 新内眞衣の1ヶ月コーデ】

【4】グレーデニムパンツ×ブラウスニット

グレーデニムパンツ×ブラウスニット

透け感のあるニットで女っぽさを出したら、ボトムはグレーのデニムくらいのバランスがちょうどいい。足元はグリーンのサンダルで夏っぽく。

飲み会の日は、きれいめデニムでいやみのない女っぽカジュアル

【5】グレーパンツ×グリーンノースリーブブラウス

グレーパンツ×グリーンノースリーブブラウス

トレンドカラーのグリーン系はワントーンで仕上げる。トレンドのカラーONカラーコーデも、淡色同士、かつ同系色でまとめれば簡単に仕上がります。

はやりのカラーONカラーでアフター7は女子会へ

【6】グレーパンツ×グレージャケット

グレーパンツ×グレージャケット

ダークトーンを選びがちなジャケパンを、グレイッシュトーンに変更するだけで軽やかな印象に。ガシガシ歩く日は、きれいめのグレーのデニムコーデが味方!

グレイッシュトーンならデニムだってきれいめに変換!

【ネイビー・赤パンツ】寒暖カラーのきれいめコーデ

カジュアルな装いが増える夏コーデには、安定感と洒落感を両立してくれるカラーパンツを積極的に活躍させたい。ここでは、寒色系と暖色系からイチオシのカラーパンツを紹介します。暖色系からは、きれいめの装いで臨みたい赤パンツを。寒色系からは、知的で親しみやすいネイビーパンツをピックアップ。

【1】赤パンツ×黒Tシャツ×黒スウェット

赤パンツ×黒Tシャツ×黒スウェット

潔くてかっこいいオレンジレッドのセンタープレスパンツは、Tシャツと肩掛けしたスウェットの構築的な黒トップスでおしゃれ上手に。つま先に向かって幅広い〝攻め感〟のあるパンプスでシャープに導いて。

淡い色なら涼感も叶う♡ 先広スクエアシューズで、最旬の夏コーデを!

【2】ネイビーパンツ×クリームベージュシャツ

ネイビーパンツ×クリームベージュシャツ

スラックスとブラウスのスタンダードなパンツコーデをおしゃれに着こなすには、エッジの効いた小物が効果的。目を引くポイントの足元で、キレのよさとトレンド感で着こなしをブラッシュアップ。

あなたは「かっこいい派 or かわいい派」? 夏の足元はスタイルで選ぶ!

【3】赤パンツ×黒Tシャツ

赤パンツ×黒Tシャツ

Tシャツ×パンツのアクティブなワンツーコーデは、脚長効果ありのハイウエストでスタイルアップさせるのが正解◎。襟ぐりが華奢な黒Tシャツにくすみレッドを合わせて、大人の楽ちんスタイルに。

アクティブな週末の楽ちんスタイルは、ハイウエストでスタイルアップさせるのが正解!

【4】ネイビーパンツ×カーキニット

ネイビーパンツ×カーキニット

Ⅰラインをグッと強調し、脚もほっそりと見せてくれるジレ。カーキをはさむことで、ブラック×ネイビーのこなれ度がぐんとアップ。カラーストーンやフリンジ付きの小物使いで全体を盛り上げる。

今日は外出DAY。雨だからIライン&ダークカラーが味方

【5】ネイビーパンツ×ネイビーシャツ

ネイビーパンツ×ネイビーシャツ

上下ネイビーのワントーンで、セットアップ風の着こなし。とろみ素材同士を合わせれば違和感ゼロ。気軽なランチミーティングには、抜け感の出るバーサンダルと華やぎクラッチでよそいきに。

取引先とのランチミーディング。セットアップ風の着こなしできちんと感を

【6】赤レンガ色パンツ×チャコールグレーニット

赤レンガ色パンツ×チャコールグレーニット

赤レンガ色とチャコールグレーのコンビは相性抜群のシンプルコーデに。手首、足首を出したら首元は隠すという「出しすぎない」肌見せの法則は、華奢な足首や手首を逆に強調してくれるテクニック。

レンガ色パンツをいち早く!

【ワイドパンツ】きれいめ素材の上品ハンサムコーデ

落ち感のあるシルエットとボリューム感で、夏のベーシックコーデをかっこよく更新するワイドパンツ。存在感のあるボトムは、ベーシックカラーはもちろん、上級者の趣を感じさせるデザイントップスを合わせるのがおすすめ。ここでは、気負わず楽しめる夏のワンツーコーデを紹介します。

【1】カーキワイドパンツ×黒パフスリーブトップス

カーキワイドパンツ×黒パフスリーブトップス

ハンサムなカーキワイドパンツは、ふっくらとした袖が華やかな黒のデザイントップスで女前に。シックな配色コーデは、小物で少量の光沢感を加えて上品なパンツスタイルを実現。

通勤コーデにパフスリーブを投入して甘さをひとさじ♡

【2】ダークグレーワイドパンツ×ピンクのシアーボーダーカットソー

ダークグレーワイドパンツ×ピンクのシアーボーダーカットソー

ハリ感のあるダークグレーのきれいめパンツには、涼しげなシアーボーダーカットソーでニュアンスとメリハリを両立。ピンクとオレンジとベージュをブレンドしたようなアーモンドピンクで、ほんのり色っぽく。

アカ抜けてるって思われるには…? ニュアンスカラーコーデが正解! 最旬コーデ6選

【3】ネイビーワイドパンツ×ネイビーノースリーブニット

ネイビーワイドパンツ×ネイビーノースリーブニット

涼しげなワイドパンツにノースリーブを組み合わせたIラインコーデ。タートルネックの首元に添えたスカーフも色味を合わせて、シックで奥行きのあるオールネイビーの着こなしに。Iラインでスタイルアップも叶う。

ノースリーブニットでつくるIラインでシックに決めて

【4】ベージュワイドパンツ×ピンクブラウス

ベージュワイドパンツ×ピンクブラウス

注目のベロア素材のスモーキーピンクのブラウスに合わせたいのは、ハリのある素材でボリューム感ありの主役級のベージュのワイドパンツ。品がよくリッチにまとまる華やかなコーデ。

【イベントがある日のコーデ】華やかなベロアトップスで品のいい艶を放って

【5】ベージュワイドパンツ×黒ブラウス

ベージュワイドパンツ×黒ブラウス

旬の袖コンシャスな生地がパリッとしたブラウスに、幅広のベージュのパンワイドツを合わせ、オーバーシルエットが鮮度をグッと高めてくれる大人の華やぎ夏コーデ。

初めての人でも簡単に着こなせる【ハイウエストパンツ】の着こなしテクニックQ&A

【6】ベージュワイドパンツ×黒ニット

ベージュワイドパンツ×黒ニット

濃いめの色味&厚手の素材で、都会的に着こなせるベージュのワイドチノパンがこの夏のオススメ。上半身は女性らしく黒のニットでコンパクトにまとめる。

働くアラサーによく似合う!【ワイドパンツ】コーディネート見本6

最後に

今回は夏の季節にヘビロテしたいパンツコーデを紹介しました。気負わずに着られるベーシックカラーのパンツは、思い切って肌見せの分量を増やしたり、トップスの色やシルエットでカバーすると女っぽく仕上がるので、覚えておくと便利。小物でアクセントを加えたりして調整しながら、マニッシュなパンツスタイルを夏らしいスタイルに引き上げましょう。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.27

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature