Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. Oggi.jp's
  4. ブルーが苦手な方にオススメしたい!【DAZZSHOP】のアイシャドウ|堂免麻未のアラサーメイク

LIFESTYLE

2018.05.21

ブルーが苦手な方にオススメしたい!【DAZZSHOP】のアイシャドウ|堂免麻未のアラサーメイク

ブルーのアイシャドウってなんだかバブリーになりがちだし自分には使いこなせない…。そんな悩みを抱えた方にぜひ使っていただきたいアイテムをご紹介! 都内営業職の堂免麻未さんが、働くアラサー女性に向けたメイクテクニックをリアルリポートするブログです。

Oggi.jp's 堂免麻未

“notバブリー”なブルーアイメイク

無類のスターバックス好きの私の休日は、いわゆる“意識高い系”スタイルです(見た目だけ 笑)。スタバの桜タンブラーにホワイトモカを入れ、ノートパソコンを開いてoggi.jpのブログを執筆しています。一日中家にこもっていられない性格の私にとっては、この程度の外出が心地よいのです。

最近よく美容関連のニュースでイエローベースブルーベースという言葉を耳にする機会が増えました。簡単にいうと肌の色のことなのですが、どちらに属するかによって似合うカラーが変わります。ちなみに私はイエローベース。オレンジやブラウンのような黄味がかったカラーが得意です。逆に苦手なのは青み系カラー。ブルーや青みピンクは使いこなせませんでした。

そんな私の考えを変えてくれ、カラーメイクのレパートリーを増やしてくれたお気に入りアイテムを今日は紹介します♪

DAZZSHOP アリュールドシングルアイシャドウ

(写真左から)
DAZZSHOP アリュールドシングルアイシャドウ 21
DAZZSHOP アリュールドシングルアイシャドウ 20

色味

21番はピンクの中にブルーパールが入ったグリッターカラー。
20番はただのブルーではなく、赤みを感じるカラーになっていて、じわっと滲むようなカラー。この絶妙な赤みによってイエローベースの私でも使いやすくなっています♪

↓実際につけてみるとこんな感じ

1. 21番を上まぶたに広げ、下まぶたの目尻側にもオン
2. 20番を目の際に細めのブラシでラインのように入れる

実際につけてみるとこんな感じ

ブルーなのにバブリーにならず、大人っぽい印象に♪ いつもオレンジやブラウンが多くなりがちだった私のメイクに、メリハリを与えてくれました。いつもはブラウンのマスカラですが、今回はブルーに合うように黒のマスカラで仕上げています。私と同じような悩みを抱えた方は、一度チャレンジして見てください♪

Oggi.jp's 堂免麻未

2014年に上京し、日々営業に励む28歳。2018年3月より、Oggi.jpにてブログを執筆する“Oggi.jp’s(オッジ ジェイピーズ)”としての活動を開始。コスメ収集やメイクの研究がいちばんの癒し。働く女性に向け、ナチュラルでありながら、こだわりを持ったメイクを発信します。Instagramアカウントはこちら:@a.domen119


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.06.19

編集部のおすすめ Recommended

※芸能事務所やモデルエージェンシーによる、Oggiの名前を騙ったスカウトが報告されています。本誌とは一切関係ありませんのでご注意ください。 ※2 Oggi7月号でブランド名の表記に間違いがありました。70ページに掲載のブラウスのブランド名は正しくは"ビューティ&ユース"です。なお問い合わせ先は、ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り 03-5428-1894 になります。お詫びして訂正致します。

Feature