Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働くアラサーのWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. 春ファッション
  4. 【4月】最新ファッションコーデ40選【レディース】【女性の服装】

FASHION

2018.04.03

【4月】最新ファッションコーデ40選【レディース】【女性の服装】

4月の最新ファッションコーデ。新年度を迎え、春をより感じる時期になりました。だからこそ春らしいコーデを思う存分楽しみたい。今回は春だからこそ試したいスカートコーデ・ブラウスコーデ、パンツコーデから、使う機会が増える今だからこそ、こなれた雰囲気を醸し出せるジャケット・スーツコーデもピックアップ! また春だからこそカラフルな服装を楽しみたい貴女のためにカラーコーデも集めました。明日試したくなる4月のコーデを見つけてみて。

【目次】
4月のスカートコーデ
4月のジャケット・スーツコーデ
4月のブラウスコーデ
4月のパンツコーデ
4月のカラーコーデ

4月のスカートコーデ

【1】シャツブラウス×柄スカートコーデ

【1】シャツブラウス×柄スカートコーデ

女子会映えするそでコンシャストップスも、初対面では少し盛りすぎな印象。主役のスカートだけ際立たせて、他は抑えめに。
何着る!?【アラサー女子のシーン別コーデ】マッチングアプリで出会った人と初デート

【2】白シャツ×水色プリーツスカートコーデ

【2】白シャツ×水色プリーツスカートコーデ

白シャツと水色プリーツスカートというただただェミニンな着こなしにナイキのスニーカーを一点投入。あっという間に旬顔コーデに。
【2/25のコーデ】ナイキのロゴスニーカーで甘めの着こなしにモード感をプラス

【3】マキシスカート×深Vニットコーデ

マキシスカート×深Vニットコーデ

ヴィンテージライクなブルーのスカートにショート丈の辛口カーキニットを合わせて、ほっこり見えを回避。カーキやブラウンなどのくすんだダークカラーがヴィンテージっぽいブルースカートを女っぽくまとめてくれる。
【明日のコーデ】冬のマキシスカートを女っぽく見せる深Vニットコーデ

【4】グリーンマキシ丈スカート×Tシャツコーデ

【4】グリーンマキシ丈スカート×Tシャツコーデ

カラーフレアスカートはボリューム&丈感にこだわるのが、カジュアルに着こなすポイント。ベーシックな白T合わせでさらりと。
【スタイリスト入江未悠】ハーフスイートカジュアルな私的スタイルを公開!

【5】黄色スカート×ネイビートレンチコートコーデ

【5】黄色スカート×ネイビートレンチコートコーデ

今っぽいひざ下の着流しコートとミニボトムの重ね技で、新鮮なバランスを楽しみたい。目を引く黄色スカートはそれ以外をネイビーでまとめれば、より際立たせることができるはず。
アラサー世代が【ミニスカート】を今っぽく着こなすには【ロングアウター】が有効!

【6】ピンクコーデュロイスカート×黒ジャケットコーデ

【6】ピンクコーデュロイスカート×黒ジャケットコーデ

色と素材に遊びのあるコーデュロイのピンクスカートは紺ジャケットの力を借りて、キリリとお仕事スタイルに。トップスは清潔感のある白が正解。春らしくかつきちんと肌寒さを防ぐスタイルの完成。
オフィスで浮かずに華やか! 人気カラー「ピンコッタ」通勤コーディネート5

【7】黄色スカート×白シャツコーデ

【7】黄色スカート×白シャツコーデ

白シャツのクリーンな印象を活かしつつ、華やかなシルエットを選ぶことで粋なおしゃれモードに。台形フレアの黄色スカートを夜スタイルとして着こなすコーディネート。
【気温25℃】の日は、長袖シャツが主役! コーディネート見本6

【8】シャギースカート×プルオーバーコーデ

【8】シャギースカート×プルオーバーコーデ

上質素材のシャギースカートを肉厚プルオーバーでカジュアルダウンすれば、女っぽすぎずかわいくキマるスタイルに。
【1/18のコーデ】シャギースカート×シンプルトップスでヘルシーなかわいさをゲット

4月のジャケット・スーツコーデ

【1】カーキのセットアップジャケットコーデ

【1】カーキのセットアップジャケットコーデ

黒やネイビーなどダークカラーを選びがちなセットアップを、カーキにスイッチするだけで新入社員の前でも余裕の先輩感を表現。4月だからこそ、しゃきっとジャケットコーデにしたいところ。
【3/29のコーデ】何かとたてこむ年度末。セットアップで気合いを入れて

【2】ネイビージャケット×パンツコーデ

【2】ネイビージャケット×パンツコーデ

お仕事スタイルのベースとなるのは辛口シンプルなジャケット&パンツ。ユニフォームのような存在だからこそ、年相応の選択が重要。ダブルのネイビージャケットとインナーにノースリーブを合わせてこなれた雰囲気を演出して。
【3/28のコーデ】新規クライアントと打ち合わせの日は鉄板のネイビージャケットで

【3】グレージャケット×黒タイトスカートコーデ

【3】グレージャケット×黒タイトスカートコーデ

やわらかなブラウスにひざ下タイト。グレーのジャケットを羽織れば女性らしさとフォーマル感が叶う。かごバックで抜け感を引き出して。
【スナイデル】冬でも春でも使える! バケツ風かごバッグ

【4】ジャケット×ミントグリーンブラウス×白パンツコーデ

【4】ジャケット×ミントグリーンブラウス×白パンツコーデ

爽やかなミントグリーンのブラウスにジャケットと白パンツを合わせれば春らしいすっきりした印象に。第一印象から好感の持てるこのコーデは一押し。
【3/8のコーデ】スリッポンでも叶う、たくさん歩く日のフレキシブルなきれいめコーデ

【5】ノーカラーオフベージュジャケット×フラットシューズコーデ

【5】ノーカラーオフベージュジャケット×フラットシューズコーデ

ジャケットの共布のベルトをキュッと結べば、いつもにまして気合が入る。そこのフラットシューズを合わせれば、良い感じに力が抜けてバランスがとれるはず。
【3/21のコーデ】フラットシューズでこなれ感のあるジャケットスタイルに!

【6】ジャケット×ブルートップス×短パンコーデ

【6】ジャケット×ブルートップス×短パンコーデ

落ち感のあるショーパンに紺ジャケットを合わせて、程よく肩の力が抜けたきちんとスタイルに。ロングブーツがあればミニの露出も抑えられるので服装が厳しくないオフィスなら浮かなくしまるはず。
失敗しない大人のショートパンツスタイルは【ジャケット】の使い方が鍵!

【7】ジャケット×オフホワイトワイドパンツコーデ

【7】ジャケット×オフホワイトワイドパンツコーデ

リネン素材のセットアップを、ジャケットと合わせてお出かけスタイルにブラッシュアップ。大人らしく決まるおすすめの配色コーデ。
【2018年春】スタイリスト高橋リタが作る【セットアップ】×【テーラードジャケット】の洗練モードスタイル

【8】ノーカラージャケット×スカーフコーデ

【8】ノーカラージャケット×スカーフコーデ

柄スカーフで上品な華やかさもプラス。ノーカラーだからきちんと感とおしゃれさを表現できる。
【2/28のコーデ】おもてなしする日はノーカラージャケットでかっちり女らしく

4月のブラウスコーデ

【1】袖ボリュームブラウス×黄色パンツコーデ

【1】袖ボリュームブラウス×黄色パンツコーデ

パッと着映えのするふんわりと広がった袖はブラウスの持つフォーマル感とあいまって、適度にはずした大人の着こなしに。黄色パンツと合わせて春らしく、華やかな印象を持たせて。
春に着たいブラウス【ebure|エブール】袖ボリュームブラウス

【2】黒ブラウス×ビスチェ×黒パンツコーデ

【2】黒ブラウス×ビスチェ×黒パンツコーデ

黒やグレーでも華やかな場にふさわしい装いにするためには、ビスチェで奥行きのあるコーデに。
【3/27のコーデ】ダークカラーでも着映えたいときは、レイヤードで奥行きを出す!

【3】スタンドカラーブラウス×黒ワイドパンツコーデ

【3】スタンドカラーブラウス×黒ワイドパンツコーデ

ブラウス自体が柄で盛り上がるから、ボトムはシックに黒がおすすめ。ハイウエストでスタイルUP効果を狙って。
スタンドカラー【ブラウス】着こなしのルールは「上半身ちょい盛り」

【4】Vネックベイビーブラウス×デニムコーデ

【4】Vネックベイビーブラウス×デニムコーデ

サテン風のツヤのある生地と、背中もV開きのバックシャンで色香をまとったブラウス。潔くネイビーで上下をまとめれば、こなれたおしゃれ上級者コーデに。
Vネック【ブラウス】着こなしのルールは「メンズライクなボトムを合わせて」

【5】ストライプブラウス×白ハイウエストパンツ

【5】ストライプブラウス×白ハイウエストパンツ

印象に残る人はこの時期「ブラウス」を着ている人。春に豊富な女らしいブラウスの中でもストライプを選択すれば一段とおしゃれ上級者の装いに。白のハイウエストと合わせてコントラスト効果を狙って。
ブラウスを今年らしく更新! 印象に残る人は【ブラウス】を着ている人|春コーデ13選

【6】ドットブラウス×ベージュワイドパンツコーデ

【6】ドットブラウス×ベージュワイドパンツコーデ

トップスが艶のある素材なので、ボトムスはちょっとカジュアルな素材に。Vネックだとジャケットとも合わせやすいコーデに。
トレンドの【ドット柄】ブラウスで通勤コーデ|オッジェンヌ宮本萌のリアル買いブログ

【7】黒ブラウス×ブルーパンツコーデ

【7】黒ブラウス×ブルーパンツコーデ

袖コンシャスなとろみブラウスなら、華やかさも叶うおすすめコーデ。黒ブラウスとブルーパンツコーデのコントラストを狙って。
【3/10のコーデ】日帰り出張なら、シワになりにくいとろみブラウス×ストレッチパンツで♪

【8】黒レースブラウス×カーキパンツコーデ

【8】黒レースブラウス×カーキパンツコーデ

カーキのカジュアルなワイドパンツに黒のレースブラススでレディなムードに。ワンハンドルバッグや華奢なピンヒールを合わせてほどよく女っぽく仕上げるのがポイント。
【明日のコーデ】レースブラウスでユニセックスなチノパンツを女っぽく!

4月のパンツコーデ

【1】黒パンツ×マウンテンパーカーコーデ

【1】黒パンツ×マウンテンパーカーコーデ

暖かくなってきた4月は重いコートだとちょっとオーバー。そんなときに役立つのがマウンテンパーカー。春のお花見にも小旅行にもおすすめのベージュマウンテンパーカーは黒パンツと合わせてほっこり感をオフして。
マウンテンパーカーで【旅コーデ】|オッジェンヌ宮本萌のリアル買いブログ

【2】デニム×ブルーブラウスコーデ

【2】デニム×ブルーブラウスコーデ

パフスリーブもかなり大胆なこのブラウスは着るだけで主役級になれる一着。同系色のデニムと合わせれば派手さを抑えることもでき丁度よい大人の個性が出せるコーデに。
【ZARA】「緊張感」と「安心感」を与えてくれる春のブラウス|小林文の賢いプチプラ買い

【3】カーキパンツ×グレージャケット×Tシャツコーデ

【3】カーキパンツ×グレージャケット×Tシャツコーデ

今まではGジャンを合わせていたところをTシャツ×ジャケットにすることでカジュアルが一気にきれいめコーデに。
【スタイリスト・高橋リタ】が見惚れたテーラードジャケットで今季のカジュアルを更新!

【4】シャツワンピース×ベージュパンツコーデ

【4】シャツワンピース×ベージュパンツコーデ

シャツワンピースをサラッとアウター使いするかっこよさが、一目置かれる秘訣。足元は明るい赤を投下して差し色効果を狙って。
何着るのが正解!?【アラサー的】同窓会で女ウケのいい王道コーデ

【5】ロングトレンチコート×黒パンツコーデ

【5】ロングトレンチコート×黒パンツコーデ

しなやかになびく長め丈のトレンチコートがドラマティックな印象を与えてくれるからこそ、ここは黒パンツでシックにまとめて。
【3/2のコーデ】旬なクリアバッグがポイント! シンプルなのにジェニックコーデ

【6】レオパード柄×黒パンツコーデ

【6】レオパード柄×黒パンツコーデ

レオパード柄は、靴やバッグなど小さな面積で取り入れることが多かったけれど、今季は思いきってトップスにON。黒との組み合わせは王道だからこそやっぱり決まるコーデに。
ついつい着たくなる偏愛プリント【エキップモン】のレオパード柄

【7】ストライプシャツ×デニムコーデ

【7】ストライプシャツ×デニムコーデ

定番のジーンズに引き締めアイテムとして黒タートルをプラス。シャツのボタンを多めに開けて、しゅっとしたお仕事モードコーディネートに。
【1/11のコーデ】シャツ×タートルの重ね着で脱・無難なデニムコーデ

【8】ネイビーテーパードパンツ×ブラウントップスコーデ

【8】ネイビーテーパードパンツ×ブラウントップスコーデ

足首まで丈のあるテーパードパンツには、肌見せシルエットのトップスをチョイスして。女らしさと媚びないドライなかっこよさをミックスしたコーデに。
【スタイリスト金子 綾】と考えるかわいげドライなカジュアル論2

4月のカラーコーデ

【1】グレーのスプリングコート×白シャツコーデ

【1】グレーのスプリングコート×白シャツコーデ

グレーのスプリングコートも、この時季に活躍するアイテム。黒やネイビーよりもより軽やかな印象を与えるこのコート。白のオーバーシャツと合わせてこなれた印象に仕上げて。
寒暖差の激しい季節の【シャツ】コーデ|田之上柚子のTOKYO LIFE

【2】グリーンのスリーブブラウス×白パンツコーデ

【2】グリーンのスリーブブラウス×白パンツコーデ

トレンドのカラーONカラーコーデも、こんな淡色同同士であ合わせればこなれた印象に。さわやかな春の印象を与えるおすすめスタイルに。
【3/26のコーデ】はやりのカラーONカラーでアフター7は女子会へ

【3】白ブラウス×ミントグリーンパンツコーデ

【3】白ブラウス×ミントグリーンパンツコーデ

好印象な白シャツをさらりと。洋服は白×ミントグリーンで爽やかに。黒アイテムで引き締めて。
【3/22のコーデ】長め丈の白シャツは、ベルトで印象変化が楽しめる便利アイテム

【4】ブルーシャツ×イエロータイトスカートコーデ

【4】ブルーシャツ×イエロータイトスカートコーデ

ビビッドカラーのトレンドは洋服にも! 力強い色同士の組み合わせは、この上なくジェニック。シャツと靴の色を統一すれば思いの他すっきりと引きしまる。
今買うビビッド靴【ペリーコ】冬も春も使える! ターコイズ色フラットシューズ

【5】ブルーブラウス×白フレアスカートコーデ

【5】ブルーブラウス×白フレアスカートコーデ

大人っぽくて女性らしい白のフレアスカートなら、上品な印象になるからブルーブラウスをさらに引き立てる。黒のこものを使って全体を引き締めて。
彼ママに気に入られたい【アラサー的】正解コーデは、NOTワンピース!

【6】グレーパンツ×ベリーピンクニットコーデ

【6】グレーパンツ×ベリーピンクニットコーデ

マニッシュな印象のグレンチェックのグレーパンツには、ジェニックなベリーピンクのニット合わせで女性らしさをアピール。ライトグレー×ベリーピンクの配色はコントラストがつきすぎず、キレイめに着られる。
【1/15のコーデ】チェックパンツはジェニックなピンクニット合わせで女度アップ♡

【7】カーキシャツ×グレーパンツコーデ

【7】カーキシャツ×グレーパンツコーデ

グレーのパンツに黄みのない浅い色味のカーキシャツを合わせてグレイッシュにまとめて。アンティーク風バッグを合わせて遊び心をプラスして。
【明日のコーデ】カーキシャツはあえて崩さずかっちり着れば、新鮮なマニッシュコーデに

【8】オレンジレッドコーデ

【8】オレンジレッドコーデ

主役級のこのコーデ。テラコッタ色やオレンジレッドは、ベーシックワードローブになじみよく今っぽい印象を与える、今季一押しのコーデです。
【4/1のコーデ】アクティブに過ごす休日は、鮮度高めのアクセントカラーを

関連記事


Today’s Access Ranking

ランキング

2018.09.20

編集部のおすすめ Recommended

Feature