4月のおすすめコーデ42選|上旬・中旬・下旬別に最適な春ファッションとは? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ファッション
  3. コーディネート
  4. 春ファッション
  5. 4月のおすすめコーデ42選|上旬・中旬・下旬別に最適な春ファッションとは?

FASHION

2024.04.09

4月のおすすめコーデ42選|上旬・中旬・下旬別に最適な春ファッションとは?

暖かく感じる日も増え、本格的な春を迎える4月。軽やかな服装にシフトしたいけれど、まだまだ朝晩は冷えることも多く、服装選びに悩むことも多いのではないでしょうか。そこで、上旬・中旬・下旬別にお手本コーデを紹介。春らしいファッションアイテムを取り入れ、お洒落を楽しみましょう。

4月の服装のポイントは?上旬・中旬・下旬で解説

4月の気温は、最低気温が10度を下回る日があり、最高気温との差が10度近くなる日もあります。日中はアウターなしで過ごせる日もあるため、服装選びに悩む月。寒暖差を考慮しつつ、春らしさを取り入れるのがポイントです。上旬・中旬・下旬で服装選びのコツを解説。

◆4月上旬の服装のポイント

・春らしい軽アウターで季節感をプラス
・ニットなど厚みのあるインナーで温度調節
・明るいカラーで抜け感を意識して

<お手本コーデ>

4月上旬お手本コーデ

スパークシフォンでボリューム感のある、たっぷり広がるレディなスカート。そこに合わせたのはきれいめなリブニット、スポーティなロングブルゾン、カジュアルなサイドゴア。ベージュを重ねた温かみのあるワントーンコーデに仕上げるときは、テイストをミックスさせると、余裕と奥行きのあるスタイルに仕上がる。なじませるように合わせたゴールドのアクセや金具が、リッチに輝いて。

ステディブランドで探す♡「春ジャケット&アウター」の着こなしアイディア5選

◆4月中旬の服装のポイント

・トップスは薄手のニットやスウェット
・肌寒い日はレイヤードで調節
・ボトムは動きやすい素材を

<お手本コーデ>

4月中旬お手本コーデ

白パンツ×ボーダーはほっこりしがちと思いきや、カーヴィパンツのモード感で、一歩抜き出た洗練マリンスタイルに昇格。とろみ素材も大人っぽさに貢献。

即、今っぽく洒落れる!「カーヴィパンツ」で作る洗練マリンスタイル

◆4月下旬の服装のポイント

・暖かい日はシャツ・ブラウス1枚でもOK
・カーディガンなど薄手のはおりがあると安心
・足元はパンプスやサンダルなど軽やかに

<お手本コーデ>

4月下旬お手本コーデ

ぱっと目を引く明るいピンクも、ショート丈のコットンシャツなら清々しい微糖モードに。仕立てのいいグレーのクラシカルパンツを合わせて、きちんときれいなバランスを守って。

ストロベリーピンクを大人っぽく着こなすなら断然“ショート丈シャツ”

【4月上旬におすすめの服装】春らしい軽アウターで寒暖差に対応

4月上旬は、寒暖差に対応できるアイテムを取り入れましょう。春らしいアウターに加えて、インナーは薄手のニットやカーディガンで温度調節して。全体を重く感じさせないために、明るめのカラーをチョイスしてみてください。

ロング丈ジレ×カットソー×スカート

ロング丈ジレ×カットソー×スカートコーデ

袖ありだとメンズライクに見えるビッグシルエットも、袖なしデザインならしなやかで女性らしいムードに。ロング丈のジレはきちんと感を牽引し、甘め黒の引き締めにも!

“今すぐ着たい”の代表アイテム・ジレでいつもの装いをランクUP♡

ブルゾン×Tシャツ×赤ロングスカート×メッシュサンダル×ストール

ブルゾン×Tシャツ×赤ロングスカート×メッシュサンダル×ストールコーデ

華やかな赤のロングスカートを上品に引き立てるベージュトーン。足元をメッシュのサンダルにすれば抜け感も加わって、一気に春めく!

存在感たっぷりの赤スカートはベージュ合わせで軽やかに♪

コート×デニムシャツ×Tシャツ×デニムパンツ

コート×デニムシャツ×Tシャツ×デニムパンツコーデ

センタープレス入りのワイドストレートデニムパンツが、新しい季節の装いをメリハリよく導いてくれる。デニムシャツと合わせて、カジュアルで新鮮なコーデに。

きれいめブランド〝エブール〟の初デニムに熱視線♡

アイボリーコート×花柄ワンピース

アイボリーコート×花柄ワンピースコーデ

春になると無性に着たくなるワンピースの狙うべきは、“かわいい”よりも“きれい”ムードの大人っぽい一枚。水彩タッチの小花柄は、モノトーンなのでクールに着られる。プリーツ加工された裾が、歩くたびに軽やかに揺れる。アイボリーのライトコートで爽やかにまとめて。

春のマストアイテム! 通勤コーデが映える「トップス&ワンピース」4選

短丈ツイードジャケット×ブラウス×デニムパンツ

短丈ツイードジャケット×ブラウス×デニムパンツコーデ

王道のツイードジャケットよりも軽やかな短丈ツイード。シャープなデザインがツイードの甘さやフォーマルさを抑えてくれるから、デニムのようなデイリースタイルに組み合わせても好相性。Tシャツではなく、襟付きブラウスを合わせてハンサムに。アクセントとなるマットなゴールドボタンも、クラシカルで今っぽい。

ステディブランドで探す♡「春ジャケット&アウター」の着こなしアイディア5選

ステンカラーコート×Tシャツ×デニムパンツ×肩掛けニット

ステンカラーコート×Tシャツ×デニムパンツ×肩に掛けたニットコーデ

トレンチコートに代わるベーシックかつ旬な春アウターを選ぶなら、ミドル丈のステンカラーコートがおすすめ。裾広がりのシルエットで程よくリラクシーさも香るから、トラッドな装いも今どきの空気感に。

ステディブランドで探す♡「春ジャケット&アウター」の着こなしアイディア5選

テーラードジャケット×クルーネックニット×チェック柄パンツ

テーラードジャケット×クルーネックニット×チェック柄パンツコーデ

テーラードジャケットの着こなしをぐっと今っぽく引き寄せる、首元が詰まり気味のクルーネックニット。デコルテがほんのりと透けるだけで全身バランスもすっきり。ハンサムコーデのアクセントになるセンシュアルな透け感を。

きれいめハンサム【外勤派】の春インナーは、軽やかな「透け感ニット」

ベージュコート×スウェット×チュールスカート

ベージュコート×スウェット×チュールスカートコーデ

大人がスウェットを攻略するための正攻法は、甘辛ミックス。人気再燃中のチュールスカートとスウェットをモードな黒で統一するだけで、いつものコートや小物合わせがひときわお洒落に映える。

即、最旬に昇格!チャンピオンのスウェット×チュールスカート

スパンコール入りジャケット×スウェット×ニット×ベイカーパンツ

スパンコール入りジャケット×スウェット×ニット×ベイカーパンツコーデ

高度な甘辛スタイル。ベイカーパンツでボーイッシュに振りつつ、スパンコール入りジャケットやブーツでキレと華をプラス。

着回し力抜群の「大人スウェット」3選|きれいめからモードまでテイスト万能♡

白ジャケット×襟付きカーディガン×クルーニット×黒スカート

白ジャケット×襟付きカーディガン×クルーニット×黒スカートコーデ

襟付きカーディガンとクルーニットは、パープルとブラウンの間のような表情のある色。希少性の高いFINX COTTONを限界まで高密度に織り上げた素材の白ジャケットをはおってかっこよく。

ATON(エイトン)ならではのこだわりベーシックスタイル

デニムジャケット×ボーダーニット×ベージュパンツ

デニムジャケット×ボーダーニット×ベージュパンツコーデ

ボーダートップス×ゆったりパンツの休日スタイルをワンランクアップする、ノーカラーのデニムジャケット。高めの胸ポケット位置やリズミカルなボタンの配置がポイント。

コンパクトなデニムジャケットでスタイルアップを狙って!

トレンチコート×オレンジカーディガン×バレルパンツ

トレンチコート×オレンジカーディガン×バレルパンツコーデ

裾のダーツをイレギュラーな位置に入れることで、構築的なカーブを描くパンツ。センタープレスが立体感ときちんと感、両方をアシストして。リネンライクな織りの表情も品よく、トレンチやボストンバッグなどきれいめなトラッドアイテムと好相性。足元はメッシュのパンプスで女性っぽい抜け感をつくって。

トラッドに今っぽい空気感を加味するバレルパンツ

Gジャン×ラベンダーニット×ラベンダースカート

Gジャン×ラベンダーニット×ラベンダースカートコーデ

Gジャンのまろやかな白で、グラデーション配色をクリーンな印象に牽引。くすみがかったラベンダーに合わせ、ニュアンシーなグレージュの小物で全身を品よく整えて。

大人っぽく春めくなら絶対“パープル”! Oggi厳選アイテムでお手本コーデ3

【4月中旬におすすめの服装】スウェットや薄手ニットのレイヤードが◎

日中は暖かさを感じる一方で、朝晩は冷えることも多い4月中旬。日中は厚めの長袖トップスならアウターなしで過ごせます。長袖のアイテムの上からニットやスウェットをレイヤードするのがおすすめ。1日お出かけの日は、軽めのアウターを準備しておくと安心です。

ノーカラージャケット×シャツ×パンツ×スニーカー

ノーカラージャケット×シャツ×パンツ×スニーカーコーデ

ノーカラージャケットの外に出ていく、スタンドカラーの存在感をお洒落の味方につけて。このように高さをもたせた一着は、クラシカルな雰囲気。スニーカー合わせでも、カジュアルになりすぎず、品よくまとまる。

ノーカラージャケットにはスタンドカラーシャツが断然映える♡

ジャケット×ロゴプルオーバー×白カットソー×ナロースカート

ジャケット×ロゴプルオーバー×白カットソー×ナロースカートコーデ

パープルみを帯びたモーブピンクはこってり濃厚な印象になりがちだけど、ツヤのあるサテン素材&シュッとしたナロースカートで取り入れれば、通勤もOKな冷静さを保てる。

ピンクアイテムをクールな通勤仕様にシフト!

コットンニット×シャツ×スカート×スニーカー×コート

コットンニット×シャツ×スカート×スニーカー×コートコーデ

ベージュピンクのニットは、まったり見せない素材選びが大事。強撚コットンのしっかりした編み地でカリッと爽やかに。ツヤ素材のスカートで抜け感を意識して。

大人の余裕で着こなしたい!通勤にも着られる大人の「洗練ピンク」スタイル

ジャケット×ビッグボウタイブラウス×黒スカート

ジャケット×ビッグボウタイブラウス×黒スカートコーデ

ジャケットのインにビッグボウタイブラウスを着て華やかさをプラス。華やかなディテールでジャケットスタイルに気品を漂わせて。

ワンツーでこんなに映える! ビッグボウタイ&フリル袖ブラウスの威力

紺ブレザー×カットソー×ピンクパンツ

紺ブレザー×カットソー×ピンクパンツコーデ

ラベンダー寄りのピンクパンツは、ゆったりしたタックシルエットも相まってクールで大人っぽい雰囲気。青みのあるピンクは、実はネイビーと好相性。紺ブレで印象を引き締めて、新しい通勤ピンクにアプローチ。

大人の「洗練ピンク」が通勤のレパートリーを広げてくれる!

ノーカラージャケット×ニット×パンツ

ノーカラージャケット×ニット×パンツコーデ

ボクシーなフォルムのノーカラージャケットは、洒落たボタン使いも魅力。カーゴディテールを配したトラウザーズとのセットアップで、上品さと遊び心ある着こなしを。

チャーミングな「春のセットアップ」4選|デザインがアップデート中!

イエロージャケット×ベスト×シャツ×デニムパンツ

イエロージャケット×ベスト×シャツ×デニムパンツコーデ

春らしい華やかさがあるまろやかなイエローも、麻混のドライタッチな素材だからさらりと着こなせる。レイヤードがすっきり決まる、程よくゆとりのあるサイズ感も素敵。デニムパンツと合わせて大人の春コーデに。

ステディブランドで探す♡「春ジャケット&アウター」の着こなしアイディア5選

サックスブルーシャツ×ストライプシャツ×ニット×黒スカート

サックスブルーシャツ×ストライプシャツ×ニット×黒スカートコーデ

オーバーサイズをばさっとはおったハンサムコーデ。サックスブルー×ストライプのシャツ同士のレイヤードが新鮮でお洒落。寒暖差対策として中に薄手のニットをON。軽めアウターがあると朝晩も安心。

トレンド先取り♡ シャツ2枚重ねのハンサムスタイル

グレースウェット×黒ニットパンツ×黒リュック

グレースウェット×黒ニットパンツ×黒リュックコーデ

グレーのスウェットに、ジャージー調ニットパンツとリュックでクールな大人カジュアルスタイルを構築。顔まわりにはアクセサリーを添えて、きれいめムードをプラス。

着回し力抜群の「大人スウェット」3選|きれいめからモードまでテイスト万能♡

ボーダーニット×黒アームウォーマー×黒パンツ

ボーダーニット×黒アームウォーマー×黒パンツコーデ

アームウォーマーは、指先など冷えやすいところを温めてくれる。紫外線が気になり始める春にも、紫外線対策として活躍! ツヤやかなエコレザーパンツや温もりのあるアームウォーマーで表情豊かに。

少しの白がスパイスに。「ほぼブラック」な変化球モノトーン

クロップド丈カーディガン×ニットワンピース×キャップ

クロップド丈カーディガン×ニットワンピース×キャップコーデ

ニットワンピースは、クロップド丈のカーディガンをはおると重心が上がり、スタイルアップ見えが叶う! スナップボタン&黒だから、程よく辛口な印象に。

定番・黒カーディガンは、新鮮バランスが作れる「クロップド丈」に更新を!

グレースウェット×ピンクシャツ×リネンスカートスカート

グレースウェット×ピンクシャツ×リネンスカートスカートコーデ

パリッとしたシャツやリネンスカートで、優しいピンクにメリハリを利かせて。

パウダーピンクが新鮮♡ 春気分満開なスカートスタイル

ツインニット×フレアスカート×フレンチスニーカー×ジャケット

ツインニット×フレアスカート×フレンチスニーカー×ジャケットコーデ

コンサバスタイルに調和する、フレンチスニーカーの品格。ツインニット×フレアスカートのレディな着こなしにも品よくなじむ。

コンサバスタイルに調和する「フレンチスニーカー」の品格

【4月下旬におすすめの服装】長袖トップス1枚でもOK!

だんだんと暖かさが安定してくる4月下旬は、長袖トップス1枚でもOK。鮮やかな赤やオレンジ、グリーンも春を感じさせるカラーです。ニットや小物などで取り入れてみて。

ベルスリーブニット×フレアスカート

ベルスリーブニット×フレアスカートコーデ

着るだけで愛嬌たっぷりなベルスリーブニットを、クラシカルなジャカードスカートできちんと感が備わったドラマティックな装いに。ボリュームのあるフレアスカートでもすっきり着こなせる、程よく体に沿うシルエットにも注目!

着るだけで愛嬌たっぷり!袖コンニットが主役のフェミニンオフィススタイル

シャツ×ニット×カーヴィパンツ

シャツ×ニット×カーヴィパンツコーデ

シャツ×パンツ、定番の組み合わせ。今までの細身パンツをカーヴィパンツに替えれば、とたんに大人の余裕と今どきのお洒落感が立ち上がる。シルエットでひとくせ利かせた着こなしが、今の時代のセンスのよさを保証。

カーヴィパンツにチェンジするだけで今っぽく洒落る!

ジレ×袖コンシャスなブラウス×白パンツ

ジレ×袖コンシャスなブラウス×白パンツコーデ

ジレは軽いコート代わりというだけでなく、袖コンシャスなブラウスの甘さを大人っぽく中和してくれる。ボウタイ部分がジレにかかるくらい大きめに結ぶと、コーディネートに奥行きがでて洒落感アップ。

『ジレ』で広がるおしゃれの幅!ふんわりオールホワイトに上質ジレで大人なスパイスを♡

ラメベスト×カットソー×デニムパンツ

ラメベスト×カットソー×デニムパンツコーデ

デニムのセンタープレス×クラッシュのギャップが洒落見えの秘密。こなれ感とすっきり見えを両立できるのが最高! ラメベストで華やかに。

大人のクラッシュデニムはギャップで洒落見えを狙うのが正解!

タックブラウス×ワイドパンツ×赤バッグ

タックブラウス×ワイドパンツ×赤バッグコーデ

ブラウスは、身ごろや肩から袖にかけてタックを利かせたボリューム袖が、甘さ控えめで新鮮!フォルムが際立つパリっとした素材感は、ボリュームのあるワイドパンツとも緩急がつけやすく好バランス。裾をアウトして着ると、ふわっと広がるフレアシルエットでさらに華やかな着こなしが楽しめる。

忙しい朝もこれでOK! 手抜きに見えないワンツーコーデ

ベスト×カットソー×パンツ×スニーカー

ベスト×カットソー×パンツ×スニーカーコーデ

全身を違う素材の白のワントーンでまとめた大人コーデ。もこもこのベストで寒暖差に対応して。

靴底まで主役級! 〝トッズ〟の『ゴンミーニ バブル』をコーデの顔に

ツイードベスト×シアーニット×黒スカート

ツイードベスト×シアーニット×黒スカートコーデ

シアーニットにツイードベスト。大きく異なるテクスチャーで白を重ねる、その大胆な選択が大人のお洒落。

きれいめリュクスな【エグゼクティブ派】の春トップスは「デザイン性のある白ツイード」

ロングジレ×シャツ×タイトスカート

ロングジレ×シャツ×タイトスカートコーデ

ボタンレスのロングジレに、美しいラインのタイトスカート。余計な装飾を削ぎ落としたセットアップなら、白のもつクリーンさはそのままに、モードな存在感が光る。

チャーミングな「春のセットアップ」4選|デザインがアップデート中!

ピンクシャツ×デニムパンツ×赤ローファー

ピンクシャツ×デニムパンツ×赤ローファーコーデ

一見プレーンなピンクシャツを、デニムと深い赤×ポニーヘア素材のローファーと合わせることで一気に洒落感。理想のベーシックスタイル。

ザ・ロウの最新ワードローブで作る、理想のベーシックスタイル

ライム色ニット×テーパードパンツ

ライム色ニット×テーパードパンツコーデ

朝晩にさっとはおれる薄手のカーディガンは1枚持っていると便利。王道のアンサンブルニット×パンツを、旬色ライムで今どきに更新。パンツはフロントにタックをきかせ、ウエストから腰周りに程よいゆとりが。座った状態でもリラクシーに着こなせるのも働く女性の強い味方!

ぱっと目を引く旬色コーデ。ライム色で気分も華やかに♪

きれい色カーディガン×ネイビーワイドパンツ

きれい色カーディガン×ネイビーワイドパンツコーデ

春にぴったりなきれい色のリブニットカーディガン。ネイビー&ストライプ柄のパンツでキュートさを抑えれば、大人も着こなせる爽やか春コーデが完成する。

きれい色リブニットカーデは、ボトム色で引き締めて通勤コーデに!

ボーダーカーディガン×ノースリーブシャツ×黒ティアードスカート

ボーダーカーディガン×ノースリーブシャツ×黒ティアードスカートコーデ

白のノースリーブシャツにボーダーカーディガンを重ねて、クリーンな装いに。ティアードスカートにボリューム感があるので、シャツのボウタイをカーディガンのインに収めたり、カーディガンのボタンの下ふたつを開けたりして、バランスを整えるのがポイント。

一枚でもレイヤードでも!「ボーダーのVネックカーディガン」はこう着回す♡

ピンクパンツ×黒ブラウス×カーディガン

ピンクパンツ×黒ブラウス×カーディガンコーデ

黒で固めた着こなしに、パンツでピンクを1点投入! 甘すぎない、大人かわいい着こなしが叶う。動いた際のシルエットがドラマティックなブラウスとも好バランス。

ピンク×ブラック配色で、大人かわいい♡ もお手のもの

最後に

春らしい軽やかな服装と寒暖差対策を両立したコーディネートがポイントの4月。上旬~中旬は、朝晩が冷えることも多いのでライトアウターがあると安心です。下旬は、薄手のニットやカーディガンなどレイヤードができるものを上手く取り入れてみて。トレンドのアイテムや明るめな春カラーをチョイスして、春コーデを楽しんでみてくださいね。

▼あわせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.04.23

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

Oggi5月号46ページに掲載している、アルアバイルのライトベージュのジャケットの値段に誤りがありました。正しくは¥49,500になります。
Oggi5月号158ページに掲載している、ラコステのソックス(人物着用)の値段に誤りがありました。正しくは¥1,760になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。