泉 里香が、今いちばん気になるインテリア&園芸ショップに潜入! 購入品も公開♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. インテリア
  5. 泉 里香が、今いちばん気になるインテリア&園芸ショップに潜入! 購入品も公開♡

LIFESTYLE

2023.02.09

泉 里香が、今いちばん気になるインテリア&園芸ショップに潜入! 購入品も公開♡

ていねいな暮らしを大切にしている、Oggi専属モデル 泉 里香。上質な名品家具と観葉植物を探しに、2軒のお店を訪れました!

泉 里香が注目!「ライフスタイルショップ」2軒

〝ていねいな暮らし〟を大切にしている、泉 里香。(家時間についてのインタビューはこちら!)「インテリアや観葉植物も、大人仕様のものをちゃんとそろえていきたくて」ということで、気になっていた2軒のお店をクルージング!

「フリッツ・ハンセン 東京」… 1872年デンマークで創業の、北欧を代表するインテリアブランド

「都内のインテリアショップをいろいろのぞいていますが、〝フリッツ・ハンセン〟がいちばんの憧れです。シンプルできれいめで、曲線のフォルムがさりげなく優しくて…。青山にある旗艦店は、天井の高い気持ちのいい空間に名作家具がゆったりと配置されていて、こんなインテリアが理想だなぁ、と惚れ惚れ。まずは名品のチェアから! 本気で検討していきたいです。このソファ、シートが広くゆったりできるのがいいですね。座面も背もたれも高さが低いので、すごく落ち着きます。いいなぁ♡」(泉 里香)

ソファ[アルファベットソファ]¥719,400~ 右側のひとり掛けチェアは、デンマークデザインの名作。チェア[エッグチェア]¥972,400~

ジレ¥39,600・カットソー¥15,400・スカート¥44,000(LE PHIL NEWoMan 新宿店〈LE PHIL〉) イヤーカフ¥28,600(マリハ)

フリッツ・ハンセン 東京
2021年にオープンしたアジア唯一の直営店。休業日、年末年始の営業についてはHPおよびインスタグラム@fritzhansen_japanでチェックを。

住所:東京都港区南青山2-27-14
TEL:03-3400-3107
営業時間:11:00~19:00

1|ブランドを代表する名品チェア

名品チェア

〝フリッツ・ハンセン〟を代表する名品チェアが一堂にずらり。不朽の名作セブンチェアは、上質家具のエントリーモデルとしておすすめ。

「実際に座ってみると、シンプルな椅子も体に沿うよう計算しつくされているんだな、とわかります」(泉 里香)

(写真:左から)チェア[セブンチェア]¥67,100~[リリー]¥182,600~[ドロップ]¥46,200~

2|ゆったりしたラウンジチェア。北欧の森のような色合いも素敵!

名品チェア2

ソファの代わりに、ゆったりしたラウンジチェアとオットマンを購入する人も増えているそう。

チェア[ロオチェア]¥432,300~

3|ダイニングランプにうっとり♡

ランプ

「ダイニングランプをずっと探しているのですが、これがどんぴしゃで好み。買い物慎重派なので即決はできないけれど、ここへ来るたび欲しいなぁ♡ と眺めています…」(泉 里香)

ランプ[クラム]¥249,700

「オザキフラワーパーク」… 観葉植物ならここで都内最大級の品ぞろえを誇るワンダーランド!

泉里香とオザキフラワーパーク

「園芸好きのカメラマンさんから話を聞いていて、今回の撮影でぜひ行きたい! とリクエスト。家のグリーンを増やしたいけれど、どこで何を買えばいいか… で停滞中だったのですが、こちらの圧巻の品ぞろえを目にすると、よーし、絶対買うぞ! と気分が上がります(笑)。時間に余裕をもって訪れて!」(泉 里香)

コート¥121,000(カレンソロジー 青山〈シーエスジー〉) ニット¥52,800(デザインワークス 銀座店〈デザインワークス〉) パンツ[1月上旬発売予定]¥9,900(SNIDEL ルミネ新宿2店〈スナイデル〉) ストール¥39,600(アイネックス〈アソース メレ〉) イヤーカフ¥19,800(リューク〈リューク〉)

オザキフラワーパーク
植物とともに暮らす楽しさを、初心者から愛好家まであらゆる人に」がコンセプト。スタッフによる親身なアドバイスと、大型店ならではの良心的な価格設定も魅力。

住所:東京都練馬区石神井台4-6-32
TEL:03-3929-0544
営業時間:9:00~19:00
休業日:休1月1日、1月2日

1|この2点で悩んで、最終的に右側を購入 !

「せっかくここへ来たからには、背の高い存在感のあるグリーンを買いたくて。同じ種類でも葉の色も幹の形も違うから、悩みに悩みました(笑)。最終的に右側のフィカス・ベンガレンシスを購入。初心者でも育てやすく、丈夫な種類だそう。こうしていろいろじっくり見比べて、自分だけの一点を見つけられるのがオザキフラワーパークの楽しさ!」(泉 里香)

2|陶器鉢もバラエティ豊か

陶器鉢

「陶器鉢も大小ありとあらゆるタイプがそろっているので、一緒に買うことをおすすめします」(泉 里香)

3|色がきれいな、小さめのグリーンも購入♡

「大ものを決めたあとは勢いがついて、小さめのグリーンも3つ購入。このエバーフレッシュは、夜になると葉が閉じるんですよ。生きてるんだなぁ、って感じられて愛着が湧きます。この日は3時間ほど滞在しましたが、私には時間が足りなかったくらい!」(泉 里香)

●この特集で使用した商品の価格はすべて、税込価格です。

2023年Oggi2月号「心を整える『家時間の愛用品』」より
撮影/須藤敬一 スタイリスト/兵藤千尋(ファッション)、洲脇佑美(プロップ) ヘア&メイク/木部明美(PEACE MONKEY) モデル/泉 里香(Oggi専属) 構成/三尋木奈保
再構成/Oggi.jp編集部

こちらも読まれてます!


Today’s Access Ranking

ランキング

2024.05.22

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。