Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 2022年末の鍋はコレ! 愛され鍋ランキング1位は? 男女では結果が違う?

LIFESTYLE

2022.12.01

2022年末の鍋はコレ! 愛され鍋ランキング1位は? 男女では結果が違う?

LINE株式会社が運営する「LINEリサーチ」が、日本全国の男女を対象に「好きな鍋のスープ・つゆの味や、好きなシメ」について調査を実施。全体・男女別のそれぞれで好きな鍋のランキングがわかりました! 好みは男女で違うの…!? 今年の鍋は○○で決まり!

OYUKI

2022年に食べたい鍋が発表! 男女で好みが違うの…?

鍋イメージ画像

間もなく2022年もラスト1ヶ月。冬本番の12月が到来です。芯まで冷える本格的な寒さには、心温まるお鍋がぴったり! ですが、あなたの好きなお鍋のスープ・つゆの味はなんですか?

LINE株式会社が運営する「LINEリサーチ」が日本全国の男女を対象に実施した「好きな鍋のスープ・つゆの味や、好きなシメ」の調査結果から、男女ともに、そして男女別々でそれぞれで好きな鍋のランキングが判明! 男女で好みはやっぱり違うの? そして男女ともに人気なお鍋第1位は?

■男女別の「好きな鍋」ランキング

好きな鍋ランキング(男女別)

自宅や自宅以外で鍋を食べる際に、おでんをのぞいた「鍋のスープ・つゆの味で好きなもの」で調査を行ったところ、男女別にみると女性では「鶏だし」が1位、男性では「すき焼き」が1位という結果に。

女性で一番人気だった「鶏だし」は、特に20~40代女性で高い割合となり、それ以外の「キムチ」「豆乳」も男性と比べて女性の割合が高い結果となりました。また、ランキング外とはなりますが「トマト」「かんきつ系(ゆず、レモン など)」なども女性のほうが高く、いわゆる「変わり種」のような鍋は女性に人気のようですね。

一方、男性のほうが高い割合を占めた鍋は「もつ・ホルモン鍋」「とんこつ」でした。上位にランクインしている「キムチ」、「すき焼き」も踏まえると、味がしっかりとしていてパンチのあるお味が男性は好みのようですね。

全体で「好きな鍋」1位に輝いたのは「すき焼き」

好きな鍋ランキング(全体)では男女を含め全体ではどのような結果となるのでしょうか? 男女を合わせると、好きな鍋のスープ・つゆの味の全体1位は47.4%と高い割合を占め「すき焼き」となりました。2位以降は「キムチ」「鶏だし」「しょうゆ・寄せ鍋」が43%台の僅差で続く結果に。

「キムチ」は特に30~40代で割合が高く、年代が上がるにつれて「しょうゆ・寄せ鍋」の割合が高くなる傾向に。ちなみに、「鍋料理はまったく食べない」と回答した人は全体で2.5%と少数派。97.5%のほとんどの人はお鍋を楽しんでいるようですね。

■好きな鍋のシメは「ご飯」か「うどん」がトップに

好きなシメランキング

好きな鍋のシメに関する調査では、女性の1位は「ご飯」で、男性は「うどん」が1位という結果に。逆に女性の2位は「うどん」、男性の2位は「ご飯」となっており、「ご飯」と「うどん」がシメの2強ということがわかりました。

特に「ご飯」については20~30代女性で割合が高く、男性と比較すると「餅・トック」も女性のほうが人気で5位にランクイン。

一方、30代男性ではほかの年代と比べて「中華麺(ラーメン)」「ちゃんぽん麺」といった麺系のシメが高めの割合が高く、麺好きな男性が多いこともうかがえます。

年末は大切な人と「すき焼き」でいかが? 心も身体もぽかぽかに

すき焼きイメージ画像

いかがでしたか? 好きな鍋ランキングで男女全体1位に輝いたのは「すき焼き」でした。普通の鍋と比べて贅沢感も味わえる「すき焼き」は、今年一年を頑張った自分へのご褒美にもなりそう。男女ともに人気の鍋だからこそ、恋人や友人との忘年会にもぴったりですね。

芯まで冷える風が肌に当たり、思わず縮こまってしまうほど寒さが本格化するこの季節。ぜひあたたかい鍋で心も身体もあたたまりたいですね♡

アンケートの詳細はこちら

「好きな鍋のスープ・つゆの味や、好きなシメについての調査」
LINEユーザーを対象にしたスマートフォンWeb調査
調査主体:LINE株式会社
調査対象:日本全国の15歳~64歳の男女
実施時期:2022年10月14日~2022年10月17日
有効回収数:5,254サンプル

あわせて読みたい


Today’s Access Ranking

ランキング

2023.02.05

編集部のおすすめ Recommended

Oggi3月号で商品の価格に間違いがありました。99ページ、107ページに掲載の“シシ”のスニーカーの価格は、正しくは¥20,500になります。お詫びして訂正いたします。

Oggiの名前を騙ったECサイトにご注意ください!
Oggiの表紙や掲載写真・文言などを使い、商品を極端に安価に販売している日本語の海外通販サイトの存在を確認しています。小学館やOggiとは一切関係ございませんので、十分にご注意ください。
【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。