Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 家電・ガジェット
  5. 「考えない」「汚れない」「しゃがまない」で掃除が楽にできる! 新型コードレス掃除機がシャークから登場

LIFESTYLE

2022.09.04

「考えない」「汚れない」「しゃがまない」で掃除が楽にできる! 新型コードレス掃除機がシャークから登場

2022年9月に販売開始されるコードレススティッククリーナー「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ/iQ+」のご紹介です。「シャーク」から日本専用に開発されたシステムクリーナー「EVOPOWER SYSTEMシリーズ」の最高峰モデルで、利便性を重視し、掃除をより楽に簡単にする新機能を搭載。“考えない・汚れない・しゃがまない”という、3つの“ない”を叶えてくれるコードレス掃除機です。見た目もスタイリッシュで、お部屋のインテリアにも合いますよ。

利便性を重視したコードレス掃除機、最高峰モデルが誕生♪

「ちゃんと隅々までゴミが取れているのかわからない」「いちいち掃除機のゴミを捨ててお手入れするのが本当に面倒!」今ご自宅でお使いの掃除機、そんな悩みはありませんか? 日々やらなければいけない掃除だからこそ、もっと楽にできたらうれしいですよね。

2018年にフロアケアブランド「シャーク(Shark)」が米国No.1シェアの掃除機メーカー(※)として日本に初上陸してから4年。“必要な時にサッと手に取って掃除できる”というコンセプトのもと、日本専用に開発されたコードレススティッククリーナー「EVOPOWER® SYSTEM(エヴォパワーシステム)」は、めきめきとコードレススティック市場での販売台数シェアを伸ばし、さまざまな賞を受賞するなど、多くのユーザーの信頼や評価を得てきました。

そんな「EVOPOWER® SYSTEM」シリーズに最高峰モデルが誕生。日本の顧客の声をもとに、さらなる進化を遂げたコードレス掃除機を、本記事では詳しくご紹介します。

3つの「ない」を叶えるコードレススティッククリーナー「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ/iQ+」の秘密とは?

コードレススティッククリーナー「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ/iQ+」

2022年9月に販売開始される新モデルが「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ/iQ+(シャーク エヴォパワーシステム アイキュー/アイキュープラス)」。

同シリーズの「掃除機の使い勝手を大きく改善し、お掃除を快適にする」というコンセプトを突き詰め、より利便性を重視し、お掃除をより楽に、簡単にする新機能を搭載しています。

ポイントは「3つの“ない”が叶う掃除機」。ストレスフリーで快適なお掃除が実現する新機能とは、どんな機能なのでしょうか?

◆【考えない】床のゴミの量を可視化してくれる「iQテクノロジー」

コードレススティッククリーナー「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ/iQ+」

1つ目の“ない”は【考えない】。

掃除機内に搭載されたiQセンサーがゴミの量を検知し、吸引力とブラシロールの回転スピードを自動調整します。より短い時間で効率よく掃除することが可能で、バッテリーの節電にもつながります。

また、ゴミの量に応じて、ハンディとヘッドに搭載されたiQモニターが、赤・黄・緑の3色の色の変化でゴミの量を可視化してくれる優れもの。暗い場所やカーペットの上の見えないゴミでも、自動的に掃除機が検知してくれるので、同じ場所を何度も掃除する必要がありません。「隅々までゴミ、取れたかな…」と考える必要なし!

◆【汚れない】面倒なゴミ捨ては月1回でOK!「自動ゴミ収集ドック」

コードレススティッククリーナー「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ/iQ+」

2つめの“ない”は【汚れない】。

自動収集ゴミドック搭載モデルの「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ+」は、シャーク初の「自動ゴミ収集ドック」搭載! 掃除機本体をドックに戻すだけで、充電しながら本体からゴミを自動的に収集してくれます。約30日分のゴミをドックに溜めておけるため、面倒がゴミ捨ては月に1回でOKですよ。

自動ゴミ収集ドックは紙パックが必要ないためランニングコストもかかりません。ほこりが飛び散り、手が汚れてしまう掃除機本体からのゴミ捨ても不要です。

コードレススティッククリーナー「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ/iQ+」

ゴミ収集ドックのダストボックスをはじめ、ブラシロールやフィルターなど、水洗いができるのもうれしいポイント。ブラシロールに髪の毛などが絡まない設計なので、お手入れが楽ですよ。

◆【しゃがまない】ボタンひとつでパイプが曲がる!「FLEX」機能搭載

コードレススティッククリーナー「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ/iQ+」

3つ目の“ない”は【しゃがまない】。

ボタンひとつでパイプが曲がる「FLEX(フレックス)」機能を搭載し、しゃがむことなく立ったままの姿勢で家具の下をスムーズにお掃除できます。

家具前に十分なスペースがなくてもパイプが曲がるため、しっかりと奥まで入り込んでくれます。ソファやベッド、テーブルなどの下のお掃除が一段と楽に!

コードレススティッククリーナー「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ/iQ+」

もちろんゴミは「iQセンサー」で自動的に検知してくれますが、やっぱり自分の目でゴミを確認したい! という時も、安心。ヘッドとハンディ両方にLEDライトを搭載しているので、床や家具の隙間などの薄暗い場所も、ゴミを確認しながらお掃除できますよ。

インテリアにもなじむ、スタイリッシュなデザイン。

コードレススティッククリーナー「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ/iQ+」

どんなインテリアにもなじみやすいニュアンスカラーを採用。「CS851JMVAE モーヴグレイ」「CS851JCP コッパー」「CS851JBR アッシュブラウン」の3色です。このうち、モーヴグレイのみ、自動収集ゴミドック搭載モデルです。

今回ご紹介した3つの“ない”を叶える機能のほかにも、まだまだあります! ワンタッチでハンディ掃除機として使える機能や、家じゅうのお掃除を可能にする専用ノズル、ダブルバッテリーでの長時間駆動など、従来の掃除機で「これがあったら便利なのに…」と思える機能やオプションが満載です。

もちろん吸引力もハイパワー。パワーフィンとソフトローラーを組み合わせたシャーク独自のヘッド「ハイブリッドパワークリーン」があらゆる床に常に密着し、大きなゴミから髪の毛や細かいホコリまで、一度で多くのゴミを取り除いてくれますよ。

コードレススティッククリーナー「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ/iQ+」

3つの“ない”が叶うコードレススティッククリーナー「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ/iQ+」。掃除機を操作する上で必ず生じる3つの面倒なポイントを解消した、“イマ”の時代に合ったスタイリッシュな掃除機です。

自動収集ゴミドック搭載モデルの「Shark EVOPOWER® SYSTEM iQ+」は2022年9月22日(木)発売予定。通常モデルの「EVOPOWER SYSTEM iQ」は9月15日(木)に発売予定。

「もうすぐ掃除機買い替えかな…」なんて思っている人や、「もっと掃除を楽にしたい!」という人は、ぜひ日々のお掃除をストレスフリーにする「シャーク」のコードレス掃除機をチェックしてみてくださいね。

【詳細】
シャーク

「EVOPOWER SYSTEM iQ+(CS851JMVAE 自動ゴミ収集ドック搭載モデル)」
市場想定価格:79,750円

本体サイズ:
スティック時/高さ1040×幅258×奥行114 mm
ハンディ時/高さ510×幅67×奥行86.5 mm
収納時/高さ1060×幅280×奥行250 mm

「EVOPOWER SYSTEM iQ(CS851JCP/CS851JBR)」
市場想定価格:69,300円

本体サイズ:
スティック時/高さ1040×幅258×奥行114 mm
ハンディ時/高さ510×幅67×奥行86.5 mm
収納時/高さ1058×幅286×奥行206 mm

※出典:The NPD Group, Inc./Retail Tracking Service 2018/1/7-2022/1/1期間のUSにおける売上金額合計。データにはフルサイズ掃除機、ハンディ/スティック型掃除機、非電気カーペットスイーパー、掃除専門カテゴリが含まれます。その他のディープカーペットクリーナー、電気カーペットスイーパー、ハンディ専門の掃除サブカテゴリは含まれません。

あわせて読みたい!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.09.27

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature