Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おでかけ
  4. 海外
  5. パリジェンヌに人気の日本発・美容アイテムは? パリの老舗百貨店「ボン・マルシェ」でリサーチ!

LIFESTYLE

2022.07.29

パリジェンヌに人気の日本発・美容アイテムは? パリの老舗百貨店「ボン・マルシェ」でリサーチ!

パリ在住のライターが、フランス旅行におすすめのトピックをご紹介。今回はパリでも人気の「日本発・美容アイテム」です!

パリの老舗百貨店に置かれる「日本発」美容アイテムは?

今回は、パリで注目を浴びている日本ブランドの美容アイテムをご紹介します。

「メイド・イン・ジャパン」は、それ自体がブランド! というくらい、世界中から信用されています。フランスに住んでいても、「日本製品は丁寧に作られていて、質が良い」というイメージを持たれていて、アパレルから美容アイテムまで一目置かれているのを実感します。

憧れのパリの百貨店、Le Bon Marché(ボン・マルシェ)の美容コーナーには、日本の美容アイテムを扱う「Bijo;」というコーナーがあり、以前から気になっていました。

エレガントなパリの百貨店 Le Bon Marchéへ♡

19世紀から続く百貨店は、どこかノスタルジック。パリの左岸の上品さを体現するような存在です。

内装もすっきりとしながらも、アールデコな装飾が効いた、素敵な空間です。エレベーターに施される装飾は、季節ごとに変わって行きます。クリスマス時期はロマンティックに華やかに彩られるので、毎年見にいくのが楽しみです。

日本人女性が手掛けたJビューティの発信地!

1F(日本式の2F)に、おしゃれなレンガ壁が目印の、美容アイテムコーナーがあります。スキンケア・ボディケア・ヘアプロダクトとカテゴリーごとに、フランス国内外の注目アイテムがずらり。

今回注目したのは、厳選された日本の美容アイテムが常設で置かれるコーナー「Bijo;」。ヨーロッパにおけるJビューティの発信の場として、ファッション&ビューティコンサルタントの須山佳子さんが手掛けたものなんです。

フランスで特に人気の、日本発アイテムはどれ?

「Bijo;」コーナーを担当されているスタッフの方に、「フランスで特に人気がある日本発アイテム」を教えてもらいました。

スタッフの方曰く、「日本式美容メソッドがまずスペシャルで、注目されてます!」とのこと。その日本式美容メソッドとは… こちら!

オイル → 化粧水 → 乳液 → 美容液をプラスしつつセラムで締める… と、日本の女性にとっては基本的な内容かなと思うのですが、「フランス式とだいぶ異なるんです」とのことでした。また機会がある際に「フランス式美容メソッド」がどんなものか確認しようと思うのですが、おそらくフランスはもっとシンプルなのでは、と思います。

美顔器はスタイリッシュなYA-MANとSlim Ceraが人気!

特に人気なのが、こちらのリフトアップ美顔器。「Slim Cera」(左)はボディとフェイスどちらにも使えて、パリジェンヌにも好評なようです。右は「YA MAN」のWAVY mini。スタイリッシュなデザイン!

ukaのネイルは、パリでも高支持!

Oggi読者にも愛用者が多いはず! ネイルケアが特に有名なuka(ウカ)。使い勝手はもちろん、パッケージのおしゃれさはパリでも好評なのだとか。

職人手作りの贅沢なボディブラシ

ブラシで有名な熊野の職人が手作りしたスキンケア用ブラシ「SUVÉ」。写真は、コンパクトサイズのボディブラシ。

シートパックは、ザ・ニッポンな浮世絵パッケージが人気

浮世絵が施されたMITOMOのパック。(写真上)コラーゲン、アロエ、桜エッセンス… など、天然の素材で無添加。安心して使えて、桜など日本に馴染みのある素材を使っているのが人気のポイントです。

パックの下に置いてあるのは、Bijo;オリジナルのカッサ(写真下)。ピンクはローズクウォーツ、ブルーはソーダライトの天然石でできています。前述のSlim Ceraのようにお家でボディケアをするグッズが、コロナ禍から特に人気が上がったそうです。

今回スタッフにお話を詳しく聞いた「Bijo;」は、路面店をパリで近々オープン予定だそう。オープンした暁にはまたチェックしよう! と思います。

パリジェンヌにも愛される日本発アイテム、お気に入りのものは登場していたでしょうか。日々の生活を彩るものだからこそ、こだわりを持って丁寧に作られたアイテムを取り入れていきたいですね。

お買い物後の休憩に… ティータイムを

ボン・マルシェは洗練された百貨店。お茶できる場所も素敵なところばかり! 中でも私のお気に入りは2F(日本式3F)にあるRose Bakery(ローズベーカリー)。日本にも上陸していますね。

ソファ席がありゆったりしていて、天井も高く、開放的な雰囲気。お買い物中の一休みにぴったりな場所です。

ソファ席からはボン・マルシェを臨むパリの街並みが楽しめます。

オーガニック食材を使ったメニューが定評あるこちらでは、セサミチーズケーキをいただきました。ゴマが効いた、素朴な甘さ。暑さが飛ぶように、癒されました…!

Rose Bakery Tea Room Le Bon Marché

パリは先日、2日間ほど40度近くの熱風に見舞われました。本来はそのような気候ではないため、クーラーが一般住居にほとんど設置されていないパリ。。なんとか暑さの山場を乗り越えたので、今後は涼しくて爽やかな夏が続いてほしい! と願っています。

今回は「日本発のアイテム」にフォーカスしたので、次回はフランス国内外ブランドの「日本未上陸・美容アイテム」をお届けしたいと思います!

パリの最新アドレスはこちらにも!

Ayami Okura

ロマンティックなものをこよなく愛する、在仏ファッションエディター。フランスと日本のカルチャーを繋ぐことをモットーに活動しています。ファッション・アート・ライフスタイルまで、心ときめくものを探しながらパリの街をお散歩するのが日課です。モダンなトレンドスポットにも、アンテナを張り中!
instagram:@ayamiokura


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.12

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature