Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. 美肌
  5. こんなに詳しく聞いていいの!?【美肌女性500人が回答】年間いくら使う? 効果を感じた美容法は?

BEAUTY

2022.07.17

こんなに詳しく聞いていいの!?【美肌女性500人が回答】年間いくら使う? 効果を感じた美容法は?

サプリメントの開発・販売を行うイコリスを連結子会社に持つケイティケイが、「美肌」に関するアンケート調査を実施。美肌のために日々実践していることや、美容に使う金額、肌が変わったと実感した美容法などを紹介します!

美肌作りの基本はやはり保湿!

まずは、「美肌のために日々実践していること(メーキャップ化粧品以外)」について調査。

1位「保湿」2位「紫外線対策」と基本的なケアが続きました。

保湿は年齢に関係なく重要なスキンケア。また、ほぼ同数で2位になった紫外線対策は、シワやシミなど肌老化の原因の8割とも言われる光老化の対策にも。美肌を保つためにはまず保湿と紫外線対策が大切だということがわかります。

お肌を直接ケアする以外にも、睡眠時間を確保したり、十分な水分摂取をしたりとライフスタイルに気を遣っているという意見も。外側からのケアだけでなく内側からのケアも欠かせないという人が多く見られました。

【その他の回答】
・美顔器でのケア
・顔のストレッチ、マッサージ
・シャワーヘッドで泡を浴びる
・岩盤浴やサウナで汗を出す
・お風呂にも浄水器をつけている
・馬油を使用する
・便秘を解消する

美肌を維持するために必要な金額を詳しくチェック!

他の人が美容にいくらかけているのかも気になるところ。メイク以外の化粧品に年間いくら使っているかを調査しました。

まず、「美肌のための投資を惜しみませんか?」という質問には約4割が「はい」と回答。実際に使っている金額については、「年間1〜5万円未満」が最も多くなりました。

年間1万円未満〜10万円未満の人をあわせると全体のおよそ8割。美容にかける金額は「月数千円」という人が多いことがわかりました。割合としては少ないですが、中には100万円以上という人も。具体的に何にいくら使っているのか、「最もお金をかけているもの」のアンケート結果はこちら。

【多かった回答】
・基礎化粧品:年約6万円(毎月5000円)
・化粧水(安くて大容量):年約2万4000円(毎月2000円)

【美容アイテム・美容法】
・顔の脱毛:年約2万円(毎月1600円)
・シミ取りレーザー:年約5万円
・汗をかくために通うダンス教室:年約10万円(毎月8000円)
・ボトックス:年約5万円

【サプリメント・美容食材】
・毎日飲む人参レモンりんごジュース:年6万円(毎月5000円)
・ビタミン剤:年1万円
・美肌のサプリメント:年約2万円(毎月1700円)
・ミネラルウォーター:年約4万2000円(毎月3000円程度)
・サプリメントや漢方やストレートジュース:年30万円
・無添加や無農薬の食品:年60万円(毎月5万円)
・サプリメント2種:年約12万円(毎月4800円×2種)

【高額美容法】
・ハイフ:年15万円
・フェイシャルエステ:年18万円(毎月1万5000円)
・レーザートーニング:年10万円
・ハイドラフェイシャル:年30万円

美肌女性が実感! 肌に変化があった美容法は?

美容の情報はさまざまなところにあふれているため、本当に効果が出る方法は? 自分に合う方法は? と迷うこともありますよね。

そこで、美肌女性500人に「これをしたら肌が変わったと実感できたもの」について調査。アンケート結果をぜひ参考にしてみてください。

(c)Shutterstock.com

【コスメ】
・ビタミンC誘導体配合の美容液
・プラセンタのジェルクリーム
・毎日のパック
・十分な保湿。朝夜の洗顔後すぐに保湿する。日光を多く浴びた日はより多く保湿
・洗顔後すぐの化粧水エステ・脱毛サロン
・ウォーターピーリングで毛穴が目立たなくなってきた
・エステサロンでのマッサージ
・脱毛サロンでしてもらえる顔専用の脱毛器
・エステでの美顔ローラー(細かい針があるもの)

【皮膚科・美容外科】
・皮膚科の薬
・皮膚科でのシミ取りレーザー
・美容皮膚科でのフォトフェイシャル。効果は実感できたが続けるのは高額なので気になり出したら数回行く程度にしている
・皮膚科で処方されるビタミン剤と保湿剤

【サプリメント・食べ物など】
・1日2リットルの水分補給
・プラセンタのサプリ、ヒアルロン酸のサプリ、セラミドのサプリ
・美容ドリンク
・規則正しく毎日3食食べる生活を数週間続けただけで、ウソのように汗をかくようになり、そのおかげで肌が変わったような気がします
・食事の質を変えました。週8食以上を魚にし、質のいい脂をとるようにしたら肌の色が明らかに変わりました。シワも減りました

【その他】
・枕カバーを毎日洗う。洗顔後はタオルではなくティッシュで顔を拭く
・しっかり睡眠をとる
・スキンケア前のスチーマー
・洗顔の際に泡立てネットを使って泡を立ててから洗顔するようにしています。そのおかげか肌がガサガサしなくなりました

特に多かった答えは、ビタミンC配合の化粧品とシートマスクの利用でした。シートマスクは必ず高価なものというわけではなく、安価なものでも定期的に使うことで保湿効果を実感できたという声も。

ビタミンCは抗酸化作用のある栄養素なので、化粧品としてはもちろん、サプリメントで取り入れることも健やかなお肌のサポートに役立ちます。

* * *

美肌女性が、美肌のために使っている金額や美容法などをお届けしました。肌質は人によってそれぞれですが、さまざまな意見を参考にしてトラブルのない美肌を目指しましょう。

【調査概要】
調査主体:自社調査
調査対象:美肌のために意識していることがある方
調査日:2022年5月20日~21日
調査方法:インターネットによる選択・記述式回答
調査人数:女性500人
ケイティケイ

TOP画像/(c)Shutterstock.com

▶︎美肌調査をもっと見る


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.08.11

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.32~33に掲載の3商品の価格に誤りがありましたので、訂正いたします。【1】P.32人物着用リング(人差し指手首側/k10×SV)誤:¥26,200 → 正:¥26,400、【2】P.33上リング3点写真(右/SV×ターコイズ)誤:¥30,800 → 正:¥33,000、【3】P.33上リング3点写真(左/K10×クォーツ×ターコイズ)誤:¥35,200 → 正:¥38,500
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature