【皮膚科医が答える】マスクで増えた毛穴の黒ずみを悪化させるNG行動! 美肌を目指すための対処法は? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. スキンケア
  4. 毛穴ケア
  5. 【皮膚科医が答える】マスクで増えた毛穴の黒ずみを悪化させるNG行動! 美肌を目指すための対処法は?

BEAUTY

2021.08.08

【皮膚科医が答える】マスクで増えた毛穴の黒ずみを悪化させるNG行動! 美肌を目指すための対処法は?

脱毛サロン「恋肌」は、皮膚科医を対象に「毛穴ケア」に関する調査を実施。「毛穴の黒ずみが悪化してしまうNG行動」「毛穴の開き・黒ずみへの対処法」などを紹介します!

毛穴の開きや黒ずみ… 増えた気がする

マスク生活が一般的になっている近年、マスクをしているとさまざまな肌トラブルに悩まされます。肌荒れ、ニキビ、摩擦、そして毛穴の開きや黒ずみ。

皮膚科医に、マスクを長時間つけていることで毛穴の開きや黒ずみは悪化するかどうかの質問をしたところ、「悪化すると思う(34.1%)」「やや悪化すると思う(49.4%)」と、8割以上が悪化すると回答。湿度が高くなり毛穴が広がることや、皮膚摩擦による刺激が要因のよう。

そこで今回、脱毛サロン「恋肌」は、皮膚科医を対象に「毛穴ケア」に関する調査を実施しました。ファンデーションいらずのすっぴん肌を目指したい方、必見です!

【皮膚科医が答える】毛穴の黒ずみが悪化してしまうNG行動はコレ!

(c)Shutterstock.com

1位:角栓をピンセットや手で無理矢理押し出す(46.7%)
2位:はがすタイプの毛穴パックを使用する(39.4%)
3位:カミソリによる産毛処理(38.2%)
4位:ファンデーションの厚塗り(31.4%)
5位:洗浄力の強いクレンジングを使う(24.3%)
6位:強い力で(冷水)洗顔する(12.6%)

角栓を押し出しすとニョロっと出てくる快感がありますが、肌を傷めるだけでなく毛穴が開いてしまうこともあり、開いた毛穴に余計に皮脂がつまりやすくなります。

また、カミソリで毛を剃ることで毛穴周りの表皮や角質層が削られたり、毛穴に細菌が入ったりと炎症が起きてしまうことも。

そのため、肌への負担・刺激によりメラニン色素の生成が促されて毛穴の周りが黒ずんで見えてしまうのです。

目指せ毛穴レス肌! 毛穴の開き・黒ずみへの対処法とは?

では、毛穴の開き・黒ずみはどのように対処すればよいのでしょうか? まず、実際に「開いてしまっている毛穴の対処法」について皮膚科医に伺ってみました。

◆開いてしまった毛穴には何をすればいい?

(c)Shutterstock.com

毛穴のつまりをとる洗顔を使う(20代/女性/京都府)
冷水で顔を洗う(20代/女性/神奈川県)
引き締め作用のある化粧品を使う(20代/女性/長野県)
代謝を高める(20代/女性/東京都)
保湿して休ませる(30代/女性/北海道)

毛穴ケアの効果がある化粧品の使用や冷水での洗顔など、自宅ですぐにでもできそうな対処法が存在することがわかりました。特に、正しい洗顔と保湿の必要性を説く意見が多く、毎日の基本的なお手入れの重要性が再認識される結果に。

続いて「黒ずんでしまった毛穴の対処法」についても見ていきましょう。

◆黒ずんでしまった毛穴の対処法は?

(c)Shutterstock.com

蒸しタオルで毛穴をひらく(20代/女性/京都府)
スチーマーで毛穴を開いて洗顔(20代/女性/長野県)
ピーリング(30代/女性/富山県)
エステに行く(30代/女性/大阪府)
酵素が入った洗顔料をよく泡立て洗顔する(40代/女性/北海道)

蒸しタオル、スチーマーなどで毛穴を開いた後に、よく泡立てた酵素洗顔などで顔を洗うという流れがよさそうですね。自宅でのケアに加え、エステに行き専門家に施術をしてもらうという回答も複数見られました。

* * *

マスク生活で増えてしまった毛穴の開きや黒ずみ…。ケアをしているつもりでもNG行動をしていてはさらに悪化してしまうかも。正しいケアを心がけて、マスク生活でも美肌を保ちたいですね。

【毛穴ケアに関する調査】
調査期間:2021年6月7日(月)〜2021年6月8日(火)
調査方法:インターネット調査
調査人数:510人
調査対象:皮膚科医
モニター提供元:ゼネラルリサーチ

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.10.20

編集部のおすすめ Recommended

Oggi10月号P.109に掲載のCITENの商品名に誤りがありました。「ダウンベスト」ではなく、正しくは「中綿ベスト」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature