Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. お悩み相談室
  4. 「またご飯しよう」と言いながら日程を決めない男性は脈ナシですか?<働く女性のお悩み相談室#101>

LOVE

2022.06.04

「またご飯しよう」と言いながら日程を決めない男性は脈ナシですか?<働く女性のお悩み相談室#101>

「ご飯の約束をしたのに日程は決めないまま音信不通の彼。どうすればいい?」行き場をなくしたお悩み相談に作家・安本由佳が答えます。

ライター・安本由佳が悩める女性の人生にアドバイス♡<働く女性のお悩み相談室#101>

前回記事:『自己中な人に振り回されている女友達が心配… どうすれば引き離せる?

こんにちは、ライター・安本由佳です。

私のInstagramに届いたお悩みの中から、ぜひ皆さんと共有したい内容をピックアップ。一緒に答えを探していきます。

今回みなさんと一緒に考えたいお悩みはこちら!

【お悩み】
モヤモヤすることがあります。数年ぶりに再会した男性から「またご飯行きましょう」と誘われました。ただ土日休みの彼と違って私は平日休み。デートするなら早めに予定を合わせる必要があるのに「平日休みが取れそうな時には連絡します」とLINEがきたのを最後に音信不通状態が続いています……。「ご飯の約束、忘れないでくださいね」とも言われましたが、具体的に予定を決めないのはつまり脈ナシですよね?

彼の本音を探るより……「自分がどうしたいか」を考えて

(c)Shutterstock.com

最初にお尋ねしたいのですが、相談者さん自身はどうしたいのでしょう?――彼とデートしたいのか、したくないのか。

別にデートしたくない、あるいはどうでもいいと思っているのならモヤモヤする必要もないですよね。彼からの連絡など待たず、忘れてしまえばいい話。

しかし相談者さんは「どうして具体的に予定を決めてくれないの?」「脈ナシ……?」などと気にしている。ということは、少なからず彼のことが気になっていて、デートしたい気持ちがあるわけです。

それなら、ただ彼の連絡を待っていないで、自分から連絡してみてはどうでしょう。週末休みをとることが難しければ平日夜とか週末の朝でも、会えるタイミングをこちらから提案するんです。

「待ち」の姿勢はチャンスを逃す

(c)Shutterstock.com

相談者さんにそんなつもりはないのでしょうが、自分からは一切のアクションを起こさず、ただただ相手の誘いを待っているだけの状態は、男性から見るとこんな風にも映ります。

『平日休みの私に合わせてスケジュールを調整し日程候補を挙げ、エスコートしてくれるならデートしてあげてもいいよ』と。ですが現状、彼としてはそこまでの熱量があなたに対してないんですよね。

たとえば彼が昔から相談者さんを好きだったとか、再会した瞬間に恋に落ちたとか、既に相談者さんに惚れ込んでいるなら、上記のようなスタンスでも猛烈アプローチしてくると思います。

しかしそこまでじゃないとすると、仕事と日常に忙殺される中、わざわざスケジュール調整してデートに誘うって、まあまあハードルの高いタスクです。だからこそ相談者さんも、自分からは動かず彼から誘われるのを待っていたのではないですか?

「その程度なんだったら別にいいし」と、脈ナシ認定してしまうのも一つです。

しかしながら、熱烈アプローチから始まる恋がうまくいくとも限らない。少しでも可能性を感じる相手なのであれば、うじうじ悩んでいないで自分から行動を起こしましょう

待っていてもチャンスが訪れないなら、自ら作り出す。仕事も恋も、動いた人が結果を残します。

* * *

お悩み相談は、現在もInstagramのストーリーズで受け付けています(匿名も可能)。真剣な相談内容には、種類を問わず可能な限りすべて答えます。

▶︎安本由佳 Instagram

TOP画像/(c)Shutterstock.com

ライター 安本由佳

慶應義塾大学法学部法律学科卒
化粧品メーカー広報、損害保険会社IT部門で勤務したのちフリーランスへ。
2015年に軽井沢に住まいを移し、ホテルやカフェのPRに従事するほか、軽井沢暮らしを紹介するコラムを連載中。2016年〜2020年1月 東京カレンダーWEBにて執筆。2020年10月15日 講談社文庫より初書籍「不機嫌な婚活」発売。現在Amazonにて販売中


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.30

編集部のおすすめ Recommended

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature