Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 【彼へ愛が冷めた瞬間】家に上がった途端に入浴を強要!? 女友達と温泉外泊!? 家事は女任せって!?

LOVE

2022.05.02

【彼へ愛が冷めた瞬間】家に上がった途端に入浴を強要!? 女友達と温泉外泊!? 家事は女任せって!?

交際中に判明すれば御の字。結婚後に分かれば最悪? 価値観の違いは2人の関係に亀裂が入るきっかけに…。価値観の違いが理由で別れたカップルたちの話を紹介。〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

OLライター タケ子

価値観の違いはこんなところ! アラサー女子が経験した別れの決断

別れの原因のひとつでもある“価値観の違い・ズレ”。

一体どんな部分で違いやズレを感じるのか、抽象的な場合もあるこの原因。今回はすでに経験済みというアラサー女子に具体的な体験談を語っていただきました。

部屋へのこだわりが… モデルハウスに住む彼氏!?(マキコさん・31歳)

(c)Shutterstock.com

「以前付き合った彼の一人暮らしの家が“モデルルーム”級。普段は特に潔癖というわけではないのですが『家は綺麗にしておきたい』と言う彼の家は、全面白を基調としたインテリアでまとめられ、ゴミどころかチリですら見当たらない部屋で。白のインテリアには傷ひとつなく、遊びに行ってもまったくくつろぐことができませんでした…。

しかも彼からは『床が汚れないようにバッグはこの紙の上に置いて』『髪が落ちないようにきっちり結んでおいて』『スリッパは絶対に脱がないで(しかも使い捨て)』と次々オーダーが。

彼は綺麗好きなんだと汚さないよう努力しましたが、次第に手を洗った後は洗面台の水滴を拭くように言われたり、ゴミを持ち帰るように言われたり。別れのきっかけになったのは家に入った瞬間お風呂に入るよう言われたこと。価値観のズレが大きすぎると感じ別れを告げました」

人類みんな友達! 男女の友情アリ派の彼氏(ルミさん・28歳)

(c)Shutterstock.com

「私が価値観の違いを感じたのは男女の交友関係についてです。私は男女間で友情は成立しない派なので、彼氏以外の男性と仕事以外で過ごすことは控えるようにしています。

それが先日まで付き合っていた彼氏が、交友関係を男女で分けない“人類みな友達派”だったんです。恋愛感情のない相手だからこそ女の子と遊んでも問題ない、むしろ交友関係が広い男の方が魅力的だろうという感じ。

前なんて、友達と泊まりで温泉旅行に行ってくるよ! という彼に、女子も一緒なの? と聞いたら『男女比3:3だよ』と平然と答える始末。それは湯けむりコンパって言うんだよ! と思わず叫んじゃいました。

他にも女友達と2人きりで食事や映画館などに出かけることも多く、そんなことが重なり別れ話を切り出しました。彼は『ただの女友達じゃん!』と言っていましたがやっぱり私には無理で。さっさと別れてモヤモヤから解放されてスッキリです」

女は家事をしてたらいいんだよ。思考が古すぎ彼氏(シズカさん・26歳)

(c)Shutterstock.com

「実は昨年まで結婚を約束した人と付き合っていました。彼は私の体をよく気遣ってくれる優しい人で、結婚話が進んでいたある日『シズカはいつまで仕事を続ける気なのかな?』と言われました。

私は結婚をしても仕事を続けていたいという希望があったのですが、もちろん出産・子育てとなると休職をと考えていて。しかしそれは私の思い違いで、その後彼から言われたのが『女は家事だけしてたらいいんだよ』という言葉。

人の考え方はそれぞれなので彼の希望は否定しませんが、“家事は女のするもの” “女の幸せ=家事”のような言い方で、いまだにこんな思考の人がいるんだと驚きました。とてもこんな人と生活するのは無理だと思い別れました」

* * *

交際のみならず離婚の原因でも上位にあがる“価値観の違い”。一生をその人と添い遂げる結婚生活で価値の違いを抱えたままではいずれどちらかの愛が破綻してしまう可能性も。

価値観を受け入れる・変える・合わす。これができれば波風は立たないのかもしれませんが、やはり価値観が合う相手を探す方が幸せな道かもしれませんね!

TOP画像/(c)Shutterstock.com

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.21

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature