Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 業務スーパー
  5. これってまさかのアレ!?【業務スーパー】激安48円♡ 食べ方は?

LIFESTYLE

2022.05.06

これってまさかのアレ!?【業務スーパー】激安48円♡ 食べ方は?

コスパ第一主義のエディターSが良コスパ商品を紹介。今回は業務スーパーで見つけた懐かしのアイスの商品。

エディターS

この形見たことある!! 業務スーパーでまさかの再会に歓喜♡

みなさんこんにちは、買い物はコスパ第一、エディターSです。

今日も良コスパ商品を求めて業務スーパーに行くと、昔懐かしいアイスの商品を発見! みなさんに紹介しますね♪

◆コロンブスのアイスたまご

▲¥291(税込)

今回紹介するのは「コロンブスのアイスたまご」です。こちらは、ゴム風船の中にバニラアイスが入った商品。

風船の中に入ったアイスと聞いて、懐かしい! と感じた方もいるのではないでしょうか。人によっては、たまごアイスやおっぱいアイスなど、形の似た商品を子供の頃に食べたことがあると思います。私もそのひとりで、よく近所の駄菓子屋さんで食べていました。しかし、いつしか売り場で見ることがなくなり、食べる機会もなくなっていたんですよね…。

今回いつものように何気なく業務スーパーのアイスコーナーを訪れると… え!? この形はまさか… うおおぉぉ!! 「コロンブスのアイスたまご」を発見♡ まさかの業務スーパーでの再会に大歓喜です♡

パッケージを開けると…

商品のパッケージを開けると、コロンブスのアイスたまごが6個産まれました。ひとつずつ個包装されています。

▲内容量:100ml

大きさは約13cm。パックのたまごLサイズよりの1.5倍くらいはあります。

1個あたりの値段は約48円です。

アイスたまごを実食!

アイスたまごを食べるために、先端の突起部をハサミでカット。この工程も懐かしいっ♪

先端から出てくるアイスをちゅーっといただきます… ん〜♪ めちゃ美味しい♡ 味は昔と変わらない、ミルキなーバニラ。ミルクの甘味を強く感じます。

何より懐かしいのがアイスの食べ方! 初めはアイスがかたいので押したり吸ったりしないと出てきませんが、次第に溶けて柔らかくなりちゅるちゅると口の中に入ってくる♪ これこれ〜♡

最後の方になるとアイスが勢い良く出てきます。容器の先端を口から離すとこぼれてしまうで、食べ切るまでくわえておきましょう。

この食べ方はアイスたまご特有。最近売られているアイスにはないので、私は懐かしさを感じつつ、1周まわって斬新とも思いました♪

この記事を読んで懐かしいと感じた方や、そうではないけど斬新さが気になった方はぜひ業スーに行ってみて!

※記事内は筆者個人の感想です。

もっとお得に! 業務スーパー

エディターS

社会人になってからコスパ主義に目覚め、買い物の時はコスパ最優先に考えているエディターです。主に業務スーパーの商品を紹介します!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.28

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature