Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 暮らし
  4. 住んでみたい東京23区! 3位は目黒区… 2位と1位も高級住宅街を有するアノ区

LIFESTYLE

2022.05.02

住んでみたい東京23区! 3位は目黒区… 2位と1位も高級住宅街を有するアノ区

東京23区に「一度は住んでみたい!」と思っている人も少なくありません。“23区”とひと口に言っても、特色は区ごとにいろいろ。gooランキング「住んでみたいと思う東京23区ランキング」からトップ3を紹介します。

3位:目黒区

(c)Shutterstock.com

3位は、目黒区

1932年に東京府荏原郡の目黒町と碑衾町が合併して誕生したのが「目黒区」。23区の南西部に位置するこの区は、かつて江戸へ生鮮野菜を供給する近郊農村として発展し、明治以降に進んだ市街地化を経て現在の姿となりました。

武蔵野台地と、区内を流れる目黒川と呑川による谷地が織りなす起伏に富んだ地形が特徴です。碑文谷や柿の木坂、青葉台など高級住宅地が多く、おしゃれなショップやカフェが建ち並ぶ中目黒も人気のエリアとなっています。

重要文化財の旧前田家本邸など歴史的な建造物や大学が多く、歴史と文化の薫り漂う街並みです。

2位:世田谷区

2位は、世田谷区

1932年に東京府荏原郡の世田ケ谷町と駒沢町、玉川村、松沢村が合併して誕生したのが「世田谷区」です。23区の西南端に位置する同区は、豊かな自然に恵まれ、閑静な住宅地と活気あふれる商業地、文化施設が共存する人気のエリアです。

23区で最も多い人口を有しながら、人口密度は比較的低い地域。区内を走る七つの鉄道路線や南北を通る環状線、東西を通る国道など出かける際のアクセス手段も豊富で、便利で住みやすいというイメージを持つ人も多いでしょう。

23区唯一の渓谷を有し、国分寺崖線周辺に多くの樹林や湧き水も残されている緑豊かな街並みです。

1位:港区

(c)Shutterstock.com

1位は、港区です。

1947年に東京府東京市(現・東京都)の芝区、麻布区、赤坂区の3区が合併して誕生したのが「港区」です。古くから幕末外交や明治維新の拠点、文明開化における鉄道やガスなどの発祥地として発展してきた、歴史的にも重要な地域です。

東を東京湾に面し、陸海空の交通網が集約する情報発信地でもあり、新橋や虎ノ門など日本有数のビジネス街がある芝地区や、芸能人も数多く訪れる繁華街の赤坂地区など、個性的な五つの地区を有している点も魅力です。

訪れる地区によって全く異なる別の顔を有し、近代性と伝統性を兼ね備えているエリアです。

* * *

高級住宅エリアやトレンドに敏感な人が住んでいそうな街として知られる区がランクインした今回の結果。みなさんが住んでみたい街もランクインしていましたか?

【住んでみたいと思う東京23区ランキング】
調査方法:gooランキング編集部が「Freeasy」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
投票合計数:有効回答者数:500名(20~40代男女:複数回答)
調査期間:2022年1月31日~2022年1月31日

構成/並木まき

gooランキング

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.06.26

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature