病と死に向き合う作家夫婦… このエッセイは心が揺さぶられる〈Oggi専属読者モデル 大枝千鶴〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

line instagram TikTok X facebook search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. エンタメ
  4. 雑誌・書籍
  5. 病と死に向き合う作家夫婦… このエッセイは心が揺さぶられる〈Oggi専属読者モデル 大枝千鶴〉

LIFESTYLE

2022.03.15

病と死に向き合う作家夫婦… このエッセイは心が揺さぶられる〈Oggi専属読者モデル 大枝千鶴〉

活字フェチなOggi専属読者モデル オッジェンヌ 大枝千鶴さんが本をレコメンド。今回はじっくりと丁寧に読みたい、「病と死に向き合う」エッセイです。

オッジェンヌ・大枝千鶴さんおすすめ!
病と死に向き合った作家夫婦のエッセイ

Oggi専属読者モデル オッジェンヌ 大枝千鶴さん
35歳・IT関連企業勤務。週末には2~3時間カフェに籠もって読書を楽しむ、生粋の“活字フェチ”。

『月夜の森の梟』(朝日新聞出版) 著・小池真理子

「朝日新聞の連載中から『共感した』『救われた』と反響が大きかったエッセイが書籍化されたこの本。ふだんは電子書籍で読むことが多い私も、これは紙のページを1枚ずつ丁寧にめくって味わいたいと思い、書店に買いに行きました。52編で綴られるエッセイには、お互いに深い絆で結ばれたパートナーの死に対して、喪失感や悲しみを静かに受け入れていく著者の様子が描かれています。

もし私が大切な人を失ってしまったらと考えると、その現実を受け入れられずに仕事や家事に没頭するなどして逃げてしまうかもしれません。『生きているうちに、もっとこうしてあげたならよかった』と後悔ばかりしてしまいそう…。しかしこの著者の言葉はそんな弱さを優しく受け入れて、一緒に生きていこうと支え励ましてくれます。

最愛の人を失う著者の悲しみへの共感もさることながら、死を受け入れて生き抜こうとする覚悟の強さに感動し、涙が自然とこみあげてくる一冊でした」(大枝さん)

2022年Oggi4月号「月刊オッジェンヌ」より
構成/篠﨑 舞
再構成/Oggi.jp編集部

Today’s Access Ranking

ランキング

2024.06.21

編集部のおすすめ Recommended

Follow Us!

Oggiの公式SNSで最新情報をゲット!

メールマガジン登録はこちら

最新記事のお知らせ、イベント、読者企画、豪華プレゼントなどへの応募情報をお届けします。

【消費税の価格表記について】 記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature

スマートフォンプレビュー

LINE公式アカウント 友だち募集中

働くすべての女性に向けて、
今すぐ役立つ「ファッション」「ビューティ」「ライフスタイル」
情報をお届けします。