Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. 【実話】“交際0日婚”はある! 34歳のOLが半ばノリで結婚した相手は…

LOVE

2022.02.23

【実話】“交際0日婚”はある! 34歳のOLが半ばノリで結婚した相手は…

耳にすることはあってもどこか非現実的な“交際0日婚”。実際に交際0日でゴールインしたアラサーの経験談を紹介!〈OLライターのタケ子の恋愛連載〉

OLライター タケ子

芸能人だけじゃない!? 交際0日婚したアラサーOLのゴールイン♡

他人事だと思ってる? 芸能界を中心に耳にすることがある“交際0日婚”。一般のOLにもそんな結婚をした男女がいるんです♡ 今回は実際に交際0日婚を遂げた元アラサーOL女子から貴重なお話をお届けします!

運命の相手は身近に! 交際0日婚したOL マリコさん(仮名)37歳

(c)Shutterstock.com

「元々わたし結婚願望がなかったし、子供もいらないかなって思っていました。ただ、34歳のとき結婚した友人たちの変化を見て、わたしは一生独身なのかなってセンチメンタルになることが増えていったんですね。

過去に男性とお付き合いしたこともあったけれど、努力して就職した会社や当時の役職から離れたくない気持ちもあって結婚には踏み切らず。たまに合コンみたいな食事会があっても、そこで将来の伴侶を見つけようという気分にはなれませんでした。

そんな当時34歳のわたしは、同じ部署で働く後輩くんに結婚ができていないグチをたまに聞いてもらっていたんです。彼は2つ年下で出身大学も同じだったので良好な先輩後輩の関係を続けていました。

(c)Shutterstock.com

そんなとき、友達からの紹介でとある男性と食事デートをすることになったんです。もしかしたらわたしにとって結婚最後のチャンスかもしれないと思い、ちょっと気合を入れて行ったんですね。でも… 結果は酷いものでした。

店員さんへの態度が悪く食事マナーは最悪で、会話はほとんど彼女ができないことへの嘆き。その上その男性は周囲から結婚をせかされているようで、誰でもいいから結婚してくれる人を探しているような雰囲気でした。

後日、その最悪の食事デートをまた後輩くんにグチっていたんです。わたしが喋りすぎたのか少しうつむき加減だった彼が『マリコさん、だったら僕と結婚しましょうよ』って神妙な顔で言うんです。

わたし最初は笑っちゃってまともに取り合わなかったのですが、彼から続けて『実は2年前、僕がこの部署に異動になった時からマリコさんのことが好きだった』と言われ。

(c)Shutterstock.com

そのとき思ったんです。1人でできる残業を手伝ってくれたり、頻繁におやつを差し入れてくれたり、その上わたしのくだらないグチに付き合ってくれたり…。こんな人となら楽しく結婚生活が送れるかもと思い、『よし! 結婚しちゃおっか、わたし達』と彼からのプロポーズを半ばノリで受けることにしました。

その後はトントン拍子に住む家を決め、結婚式について色々調べたり、わたしの返事ひとつだけで想像もしていなかった嬉しい変化が次々と起こりました。もちろん小さな喧嘩があったりもしたけれど、このアラサーという相手を尊重する器量がついた年齢だからこそ周りからびっくりされる交際0日婚ができたのかもしれません。

(c)Shutterstock.com

万一離婚したっていいじゃないか! そんな度胸までついたのも、ある程度の年齢になったからこそだと感じます。さらにわたしが今では一児の母ですよ! 子供はいいかな、なんて考えていた自分の心境の変化にも驚きです。

身近すぎて相手の良い部分に気づけないままの関係では勿体ない。今では後輩独身女子達にももう一度周りの男性を見てごらんと助言してまわっています♪」(マリコさん)

マリコさんと後輩のご主人は、共に働いた2年という実績が交際0日婚を実現させたようですね。仕事仲間ほど相手の仕事ぶりからプライベートを垣間見れるのは他にないのかもしれません。ご主人にとって2年という歳月でマリコさんという人柄を熟知できたからこそ、思い切りの良いプロポーズができたんでしょうね。もしかしたらプロポーズに踏み切ろうと考えている男性があなたの身近にもいるかもしれませんよ♡

TOP画像/(c)Shutterstock.com

OLライター タケ子

恋愛コラムや指南書を読み漁り、婚活の糧にしているOLライター。スイーツや食にも興味あり♪


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.26

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi6月号P.113に掲載の下モデルカットで着用のピアスの価格に誤りがありました。「¥55,000」ではなく、正しくは「¥66,000」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature