Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. お悩み相談室
  4. 「略奪したい」婚約者あり同僚と男女の関係に… 彼の本性を知るには<働く女性のお悩み相談室#85>

LOVE

2022.02.12

「略奪したい」婚約者あり同僚と男女の関係に… 彼の本性を知るには<働く女性のお悩み相談室#85>

「他の女性と婚約中の彼と男女の関係になってしまった。邪魔しちゃダメだと分かっているが、私の元に来て欲しいとも考えてしまう…」行き場をなくしたお悩み相談に作家・安本由佳が答えます。

ライター・安本由佳が悩める女性の人生にアドバイス♡<働く女性のお悩み相談室#85>

前回記事『「会うのが苦痛…」結婚・出産でマウントをとる女友達がうざいです<働く女性のお悩み相談室#84>

こんにちは、ライター・安本由佳です。私のInstagramに届いた、お悩みの中からぜひ皆さんと共有したい内容をピックアップ。一緒に答えを探していきます。

今回みなさんと一緒に考えたいお悩みはこちら!

【お悩み】
転職してすぐにひと目惚れしていた同僚と男女の仲になりました。ただ、彼は長く付き合っている彼女と婚約中で、すでに結婚の日取りも決まっているようなんです。とはいえ私はもともと彼が好きでしたし、今は彼のほうも気持ちが盛り上がっているのが分かります。邪魔しちゃダメだとわかっていても、私の元に来て欲しいと考えてしまう自分もいて…… どうすればいいのか分かりません。

悪者になる覚悟がないなら、一刻も早く身を引くべき

(c)Shutterstock.com

「邪魔しちゃダメだとわかっている」と相談者さんはおっしゃいますが…… そもそも彼女がいると知っていながら彼に近づき、婚約中であることも知りながら関係を持ったんですよね?

もちろん独身男女の恋愛は自由だし、惹かれ合う気持ちは理性で止められないもの。相談者さんを責めるつもりはありません。

ただ、既にじゅうぶん人の恋路を邪魔している自覚は持って欲しいです。

相談者さんにはもう、いい子ぶる資格はありません。婚約者がいながら別の女性と関係を持った彼も相当悪い男ですが、相談者さんも悪女と言われても仕方がないことをしています。

そんなつもりはなかったと言うならば、悪者になる気がないのなら、一刻も早く身を引いて、二度と彼に近づかないでください。婚約者にバレることなく完全に終わらせて、互いに「過ちだった」と結論づけて闇に葬ってください。

「婚約破棄して」と迫った時に、彼の本性がわかる

(c)Shutterstock.com

誰かを傷つけても悪者になっても構わない。後ろ指を刺されようが、報いを受けることがあったとしても仕方がない――。

もしも相談者さんがそれほどの覚悟で彼を思っているなら、なるべく早く関係をハッキリさせる…… つまり、彼に「婚約破棄して」と迫るべきではないでしょうか。

曖昧な状態のままズルズル関係を続けるのは相談者さんも辛いでしょうし、何より裏切られ続けている婚約者の彼女に失礼だからです。

それに、婚約も維持しながら相談者さんと恋愛を楽しんでいる彼は、言ってみれば不倫しているようなものです。

今はわかりやすく気持ちが盛り上がっているようですが、婚約者との安定した関係と、相談者さんとの刺激的な恋のいいところ取りをしているのだから、そりゃあ楽しいに決まっていますよね。

しかしそこに相談者さんが「私か彼女、どっちか選んで」と迫ったら…… 彼はどんな反応をするでしょうか。

相談者さんと同じように、悪者になる覚悟を決めて行動してくれるかどうか。その時にようやく、彼の本性が明らかになるはずです。

* * *

お悩み相談は、現在もInstagramのストーリーズで受け付けています(匿名も可能)。真剣な相談内容には、種類を問わず可能な限りすべて答えます。

▶︎安本由佳 Instagram

TOP画像/(c)Shutterstock.com

ライター 安本由佳

慶應義塾大学法学部法律学科卒
化粧品メーカー広報、損害保険会社IT部門で勤務したのちフリーランスへ。
2015年に軽井沢に住まいを移し、ホテルやカフェのPRに従事するほか、軽井沢暮らしを紹介するコラムを連載中。2016年〜2020年1月 東京カレンダーWEBにて執筆。2020年10月15日 講談社文庫より初書籍「不機嫌な婚活」発売。現在Amazonにて販売中


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.05.28

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi7月号P.95に掲載の右と中央のモデルカットで価格とブランド名の誤りがありましたので、訂正いたします。右モデルの手に持ったジャケットの価格は「¥27,940」ブランド名は「アンクレイヴ ホワイト」になります。中央モデルの肩掛けしたジャケットの価格は「¥20,900」ブランド名は「アンクレイヴ スタンダード」になります。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature