口がネバつくのはよいこと? 口の健康を保つために心がけたいこと〈現役歯科医が回答〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ビューティ
  3. 健康
  4. 口がネバつくのはよいこと? 口の健康を保つために心がけたいこと〈現役歯科医が回答〉

BEAUTY

2022.01.14

口がネバつくのはよいこと? 口の健康を保つために心がけたいこと〈現役歯科医が回答〉

運動や気温などの影響で汗をかいた後、口の中がなんだかネバネバする… そんな経験はありませんか? 今回はOggi.jp’s 現役の歯科医である野尻真里が、汗と唾液の関係について紹介します。

Oggi.jp's 野尻真里

口の中は汗をかく? 皮膚と違うからこそ気を付けたい口の中

気温が上がったり、緊張したりした時に人は汗をかきます。では、口の中はどうなのでしょうか。

汗と唾液の関係について、現役歯科医師の私が回答したいと思います。

口の中に汗腺は存在する?

(c)Shutterstock.com

皮膚には汗腺があり汗を分泌していますが、口の中に汗腺は存在しません。しかし、汗ではなく唾液を分泌する唾液線というものが3つあります。

1つ目は、耳の前にある最大の唾液腺「耳下腺」。2つ目は、舌の下にある「舌下腺」。3つ目は、下顎の下にある「顎下腺」。

他にも小さな唾液腺はいくつかありますが、主にこの3ヶ所から、一日に1000~1500mlほど唾液が分泌されるんです。

ちなみに口唇にも汗腺はありませんが、口の中に面している所には小さな唾液腺があるんですよ。

唾液も気温の影響を受ける?

(c)Shutterstock.com

気温が高く汗をかいている時、唾液が汗と同じようにダラダラと垂れてくることはありません。気温が高いと唾液の量は少なくなり、しかもネバネバの唾液が分泌されます。

これは、汗をかくと体内の水分量が減少するため、唾液として分泌されるはずの水分量も減ってしまい、唾液の減少に繋がるから。

唾液の分泌には“交感神経”と“副交感神経”の2つの自律神経の影響を受け、ざっくりと言うと、緊張していたり運動していたり心身ともに興奮状態にある時は“交感神経”が働き、リラックスしている時には“副交感神経”が働きます。

そして、“交感神経”の働きではネバネバの唾液が、“副交感神経”の働きではサラサラの唾液が分泌されることがわかっています。

ネバネバした唾液は、イメージが良くないかもしれませんが、口の中が傷つかないようにしたり、保湿したり、細菌の侵入を防いだりする働きがあるため、実は必要なもの。サラサラした唾液も口の中を清潔に保つため、または消化を助ける働きがあり、どちらもバランスよく働くことが大切です。

汗と唾液の働きは違う

汗は体温を調整するために分泌されると言われていますが、唾液は違います。

さきほどの通り、唾液は口の中を洗い流す働きや抗菌作用、口の中を中性に保つ働き、歯の再石灰化をして虫歯を予防する働き、食べ物を消化する働き、味覚を感じやすくする働き、細菌の繁殖を防ぐ働きなど、沢山の働きをしてくれているんです。

口にとって唾液の分泌は大切

(c)Shutterstock.com

体にとって、水分の貯蓄や分泌は非常に大切です。口の健康を保つために、こまめに水分をとり、唾液の分泌を促してあげるとよいでしょう。

また、唾液は口を沢山動かすことで分泌されやすくなるので、ぜひ意識してみてください。

TOP画像/(c)Shutterstock.com

オーラルケアについてもっと詳しく!

Oggi.jp's 野尻真里

日本審美歯科学会所属の歯科医師。朝日大学を現役卒業後「うずら歯科」に勤務。写真集『美人女医図鑑』を発売中。華道脇教授の資格を持つなど充実した趣味と、美容やファッションにもこだわっているインスタグラム@nojirimari も要チェック!


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.26

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature