貯金額1100万円・メーカー勤務 32歳の通帳をのぞき見! 投資と貯金の好バランスって? | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 働く
  3. マネー
  4. 貯金額1100万円・メーカー勤務 32歳の通帳をのぞき見! 投資と貯金の好バランスって?

WORK

2022.01.07

貯金額1100万円・メーカー勤務 32歳の通帳をのぞき見! 投資と貯金の好バランスって?

読者の通帳を見ながら、コラムニスト兼ファイナンシャルプランナーの西山美紀さんがマネーセンスの磨きかたを指南するOggi本誌の人気連載。今回は、メーカー勤務 P子さん32歳の通帳を紹介。

メーカー勤務 P子さん(32歳)の場合

(c)Shutterstock.com

P子さんDATA
職歴:現在の会社に就職して10年目。コンピュータの営業担当。
手取り給与:約48万円(副業収入が加わる月もあり)
住まい:都内で彼とふたり住まい(賃貸マンション)

預金総額
普通預金:約500万円
定期預金:約350万円
投資信託など:約250万円
TOTAL:約1100万円

P子さんの通帳は、こんな感じ!

1|定期預金へ
銀行の定期預金に預けてきたが、今後は全自動の資産運用「ウェルスナビ」に変更予定。手間も無理もなくできる投資を選んだ結果だが、今後の動きも気になる。

2|給与
残業や休日出勤手当も加わっての金額で、変動はあるものの満足している。副業した月は数万円の追加収入があるが、儲けが目的ではないので、金額へのこだわりは少ない。

3|クレジットカード支払い
東急カードは交通費や電子マネーに、三井住友カードは日常の買い物に。最近は有料ニュースサイトや英語教材代、オンライン講座代などの自己投資の比率が高い。

(c)Shutterstock.com

不安より「楽しみ」を数えれば、未来は明るい!

「通帳を見返したり家計簿をつけることより、クレジットカードの明細を見るほうが、自分のお金の流れはわかります。えーと、今月は携帯代1万円、TOEIC対策の英語レッスンアプリ6千5百円、ウェブデザインの教材と受講費用に15万円、ニュースサイトに2千円… と、勉強に投資してますね。唯一異色なのが趣味のワイン代3万円。多少高くても生活に欠かせない、私のエネルギー源です」

将来に不安を感じて守りに入る同世代が多い中、「楽しいことを探しながら」「結婚してもしなくても」「子供ひとりは養えるくらい」「10年で貯める」が目標。10年後はちょうど、生命保険の返戻金を受け取れるタイミング。このとき、今の貯蓄と自己投資がどう自分に返ってくるか…。不透明な未来さえも「楽しみ」としてカウントしているP子さんだ。

西山美紀さんが指南! マネーセンスを磨くアドバイス

(c)Shutterstock.com

お金の使う・貯めるの好バランスを続けて

お金を貯め込みすぎず、使いすぎず、P子さん、好バランスですね。スキル磨きにも投資していて、今後ますますの収入アップや日々の充実に繫がりそう。

10年後を見すえているのもすばらしい。収入が高いので毎月の貯蓄を5〜10万円に増やしてみては。月7万円なら、10年後に合計で約2千万円になります。

自動運用のロボアドバイザーは手数料が残高の1%などと高めですが、お任せできて便利。ウェルスナビでは税金メリットのあるNISAも利用できるようになったので検討してみても。ただし投資商品は変動があり、下がった時期と現金を引き出したい時期が重なると大変。投資割合を増やしすぎず、積み立て金額の半分程度は定期預金がいいでしょう。未来を楽しみだと思えるのは、いい方に前進している証。ぜひそのペースで!

2021年Oggi7月号「お金に困らない女になる!」より
文/南 ゆかり、西山美紀 デザイン/マミアナグラフィックス 構成/宮田典子(HATSU)
再構成/Oggi.jp編集部

TOP画像/(c)Shutterstock.com


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature