【しゃぶしゃぶ温野菜】クリーミーな天使味 VS シビ辛な悪魔味… 食べたら驚いた! | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 【しゃぶしゃぶ温野菜】クリーミーな天使味 VS シビ辛な悪魔味… 食べたら驚いた!

LIFESTYLE

2021.12.08

【しゃぶしゃぶ温野菜】クリーミーな天使味 VS シビ辛な悪魔味… 食べたら驚いた!

『しゃぶしゃぶ温野菜』の新メニュー「天使と悪魔の誘惑鍋」を紹介します。20年来、週3回以上はデパ地下に通い続けるマニア・手土産姉ちゃんこと、大雄寺幹子さんによるおすすめブログ。

お鍋が美味しい季節がやってきた♡

段々と寒くなり温かい鍋が恋しくなるこの季節。

新鮮野菜たっぷりでお肉も罪悪感なく食べることが出来る人気のお店『しゃぶしゃぶ温野菜』では、11月23日(火)から“温活”にぴったりな新メニューが登場。

天使と悪魔の誘惑… 挑戦してみる!?

その名も「天使と悪魔の誘惑鍋」!

豆乳出汁をベースに独自配合のホイップクリームを加えた、野菜の甘さが際立つ「天使の出汁」。そして味噌とオイスターソースをベースに3種の唐辛子、山椒、ブラックペッパー、ラー油を合わせた、しびれる辛さでお肉の旨味が際立つ「悪魔の出汁」の2種類の組み合わせ。(2,948円 税込)

「悪魔の出汁」は、社内ではしゃぶしゃぶ温野菜史上一番の辛さ! とも言われているそう。

だしは通常の9種類(和牛だし、三代目極みだし、12種の薬膳だし、根昆布だし、旨辛火鍋だし、豆乳だし、すき焼きだし、坦々だし、塩もつだし)との組み合わせも可能ですが、天使と悪魔の出汁の組み合わせがベストだそう!

ふわふわ真っ白と、スパイスたっぷりの真っ赤なコントラスが、まさに天使と悪魔!

ドイツからわざわざ取り寄せたという、天使と悪魔の形にくり抜かれたはんぺんもかわいい♡ 「天使の出汁」に入っているパステルカラーのハートはお麩なんです。食べる前からテンションアップ!

ふたつの出汁はミックスして、まろやかピリ辛出汁に味変しても◎

◆「天使の出汁」には野菜や桜姫鶏ロースがピッタリ

「天使の出汁」は豆乳とかつおだしをベースに独自配合の生ホイップクリームを店内で泡立てふわふわ感をキープし、生姜で味を引き締めているのがポイント。甘さと出汁のバランスが新鮮です。

「しゃぶしゃぶ温野菜」名物の、太陽をたっぷり浴びた「夕採れレタス」や「甘い人参」などの新鮮な野菜は、甘さが引き立つふわとろクリーミーな「天使の出汁」との相性抜群!

ホイップクリームが入っていると聞いて甘いのかな〜? と思ったのですが、甘さはほんのりと感じるのみで、優しいクリーミーさを味わうことができます。

他にも相性のいい具材は「桜姫鶏ロース」や、モッツアレラチーズの「チーズしゃぶしゃぶ」など。まろやかクリーミーでおすすめです。

ふわふわクリーミー感をより感じたい人はプラス110円で「追いクリーム」が出来ますよ◎

◆「悪魔の出汁」には三元豚カルビや中華麺がオススメ

「悪魔の出汁」は、甘さと旨味にこだわった味噌に、ホール・輪切り・粉末の3種類の唐辛子、山椒、ブラックペッパー、あおさ、ゆずの皮などをブレンドし、辛いだけでなく奥行きのある味わいがポイントになっています。

スパイスの香りが食欲をそそる、しびれる辛さの出汁には「三元豚カルビ」がピッタリ!

辛いもの好きの方には「追いシビ辛」(110円)も!

煮えたぎる真っ赤なスープに具材が絡んで、身体の芯まで温まります。(注意:追加前の通常の悪魔の出汁も「しゃぶしゃぶ温野菜」史上一番の辛さと言われるほどかなり辛いので、様子を見ながら追加してみてください。辛いのが好きな方は遠慮なくどんどん追加して、好みの辛さを見つけてくださいね!)

そして締めには「悪魔の出汁」で中華麺をいただくのが、辛さを堪能出来てオススメです!

* * *

ふわほわクリーミーな甘さと奥深いスパイシーな辛さの無限ループはクセになること間違いなし!

この冬は「しゃぶしゃぶ温野菜」に通っちゃいそうな予感です!

しゃぶしゃぶ温野菜
「天使と悪魔の誘惑鍋」
内容:天使と悪魔の出汁、8種類の肉、厳選された国産野菜、おつまみ等60種類が食べ放題(他のコースでも利用できます)
期間:2021年11月23日(火)〜2022年1月26日(水)
価格:2,948円(税込)

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

女性誌の制作に15年以上携わり、常に情報のシャワーを浴び続けるデザイナー。

職業柄見た目も重要だけど、味が一番大切。「手土産はコミュニケーション」を信条としている。学生時代にデパート地下のお菓子売り場でアルバイトをしたのをきっかけにデパ地下の魅力に取りつかれる。

以来、20年以上最低でも週に3回以上(多いときは週5日)はデパ地下に通うマニア。今までに手土産、お土産、自分へのご褒美に費やした総額は高級外車が買えるほど。(現在も金額は日々更新中!)

365日手土産、お土産、お取り寄せ、自分へのご褒美情報を仕入れ、デザイナーとしての仕事の他、手土産の相談を受ける日々。手土産は貰うのもあげるのも大好きで365日、何かしら甘いものを食べるスイーツマニアでもある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2022.01.21

編集部のおすすめ Recommended

Oggi2月号「ベストコスメ」P.127で紹介している花王 キュレル 潤浸保湿 モイストリペアシートマスクの画像に誤りがありました。正しくはこちらになります。
https://www.kao.com/jp/products/curel/4901301395092/
お詫びして訂正いたします。

Oggi2月号「ベストコスメ」P.129で紹介しているパルファム ジバンシイ プリズム・リーブル・ブラッシュの色番号に誤りがありました。「2」ではなく、正しくは「4」になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature