アソコが痛い… 実は6割の女性たちが感じている性交痛〈男女のベッド事情〉 | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. 恋愛・結婚
  3. 恋愛あれこれ
  4. アソコが痛い… 実は6割の女性たちが感じている性交痛〈男女のベッド事情〉

LOVE

2021.10.23

アソコが痛い… 実は6割の女性たちが感じている性交痛〈男女のベッド事情〉

女性が経験したことのあるエッチのときの痛み…。男性ならば気遣いができるように、また女性ならばパートナーへうまく伝えられるのが最善策。今回は「性交痛」について、性における情報を正しく届けるためのTENGAヘルスケア公式コラムが解説。

男性にも知ってほしい女性の性交痛

TENGAヘルスケアでは、2020年に「性交痛に関する調査」を実施し、男女の認識の差や実態を調べました。この調査では、過去1年間で数回以上セックスをしている20〜40代の女性269名および男性285名に、性交痛について質問。結果を一部紹介します。

性交痛を感じる割合(女性)、それに気付く割合(男性)はどれくらい?

まずは女性が「性交痛を感じる」頻度はどれくらいでしょうか。年代によらず、約6割の女性が「性交痛を感じている」ことがわかりますね。

一方男性でも、「相手が性交痛を感じていると思う」と回答した人が約6割いました。

両者の割合が近いことから、「女性が性交痛を感じた際に、それに気付けている男性は多い」と推測することができそうですが、この調査はあくまで男女別々に調査した結果。なので、女性が性交痛を感じた際に、何割の男性がそれに気付けているかは、カップルを対象とした更なる調査が必要です。

実は、女性は性交痛に気付いてほしい?

女性に「性交痛を感じたとき、そのことを相手に気付いて欲しいか」と質問したところ、女性の約9割(89.2%)が「とても思う」もしくは「多少思う」と回答。ほとんどの女性は、自分が性交痛を感じた時には、それに気付いて欲しいと思っていることがわかります。

しかし、もし痛みを感じたときに、雰囲気を壊したくないから、気を遣ってしまうから言えないという方も多いと思うので、男性側は、「前戯を多めにしつつ、痛みがあるかを確認してそこはなるべく触らないようにする」と心がけ、パートナーの希望があれば「潤滑ゼリーも使っていく」ということも考えても良さそうです。男性の気遣いができれば、お互いの満足度も高くなるはず!

TENGAヘルスケアでは、女性に嫌がられないオススメの性交痛の対処法なども紹介しています。
▶︎こちらからチェック

TENGAヘルスケアでは、性機能や妊活をサポートするグッズやサプリも展開中。気になる方はチェックしてみてください。

TENGAヘルスケア プロダクト一覧

TOP画像/(c)Shutterstock.com

この記事を読んだ人は、こちらの記事も読んでいます。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.12.05

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi1月号P.120に掲載のUNIQLO and White Mountaineeringのニットに誤りがありました。正しくはUNIQLOのニットで、カシミア100%になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature