【パレスホテル東京】伝統の名品! 知る人ぞ知る“コーンブレッド”は舌の肥えた方への手土産に最高♡ | Oggi.jp
Oggi.jp

おしゃれもキャリアも。働く女性のWebメディア

facebook twitter instagram line search

フリーワードで検索

人気のキーワード

  1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. グルメ
  4. 【パレスホテル東京】伝統の名品! 知る人ぞ知る“コーンブレッド”は舌の肥えた方への手土産に最高♡

LIFESTYLE

2021.07.15

【パレスホテル東京】伝統の名品! 知る人ぞ知る“コーンブレッド”は舌の肥えた方への手土産に最高♡

20年来、週3回以上はデパ地下に通い続けるマニア・手土産姉ちゃんこと、大雄寺幹子さんによるおすすめ手土産ブログ。

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

【パレスホテル東京】創業当初から愛され続けている黄金のパン

こんにちは、手土産姉ちゃんこと大雄寺幹子です。

先日グルメな先輩から教えていただいて感動したパンがあるのでご紹介させてください!

パレスホテル東京 スイーツ&デリの「コーンブレッド」

丸の内にある、パレスホテル東京の地下1階にあるペストリーショップ「スイーツ&デリ」で販売されている看板商品「コーンブレッド」です。

ホテル創業当時から変わらぬレシピで作られている伝統の一品で知る人ぞ知る手土産のひとつなんだとか!

コーンの粒がそのまま入っているコーンパンとはちょっと違うんです。

写真はハーフサイズで、大体10cmほどで2〜3人分。フルサイズで倍の大きさのものもあります!

誰もが喜ぶ味わいで手土産の定番に!

カットすると現れる鮮やかで、きめ細やかな黄金色の断面♡

口の中に入れるとトウモロコシの優しい甘さと香りが! ほろほろと崩れる程よいしっとり食感はスコーンとマフィンの間のような感じで上品で洗練されているのに懐かしさも感じられます。

そのままでも十分に美味しいのですが、パターやはちみつ、ジャムなどを付けて食べるのもオススメです♡ 見かけによらず、食べ応えもあるのでおやつ以外にも朝食にもピッタリ!

自分のご褒美用としてはもちろんのこと、ちょっと変化球の東京手土産としても大活躍中♪ 特に舌の肥えた30〜40代の女性には大人気で、持っていくとほとんどの方に喜んでもらえるので今ではすっかり手土産の定番に仲間入りしています。

1点注意したいのが、買いに行く時間。とっても人気の商品で、遅い時間に買いに行くと、売り切れていることもしばしば。

買われる際は早めの時間に行かれることをオススメします。もしくはオンラインでのセットの購入が便利!

オンラインでセット購入可能!

厳選された材料を使用して焼き上げた人気の食パンとコーンブレッドの冷凍セットもオンラインでは販売しています。

「BAKERY BOX C(2種セット)」は、食パン2斤とコーンブレッド4個入りでなんと、、3,890円(送料込み)。一流ホテルなのにお値段が良心的なのも嬉しいところ♡

プレミアム食パン「パン ド ミ プルミエ」も何度も食べたくなる味わいです!

ぜひ、一流ホテルの味を味わってみて♪

【詳細】
コーンブレッド
販売店舗:パレスホテル東京 地下1階 ペストリーショップ「スイーツ&デリ」
営業時間:10:30〜19:00
オンラインでセット購入可能

パレスホテル東京

手土産姉ちゃん 大雄寺幹子

女性誌の制作に15年以上携わり、常に情報のシャワーを浴び続けるデザイナー。

職業柄見た目も重要だけど、味が一番大切。「手土産はコミュニケーション」を信条としている。学生時代にデパート地下のお菓子売り場でアルバイトをしたのをきっかけにデパ地下の魅力に取りつかれる。

以来、20年以上最低でも週に3回以上(多いときは週5日)はデパ地下に通うマニア。今までに手土産、お土産、自分へのご褒美に費やした総額は高級外車が買えるほど。(現在も金額は日々更新中!)

365日手土産、お土産、お取り寄せ、自分へのご褒美情報を仕入れ、デザイナーとしての仕事の他、手土産の相談を受ける日々。手土産は貰うのもあげるのも大好きで365日、何かしら甘いものを食べるスイーツマニアでもある。


Today’s Access Ranking

ランキング

2021.08.06

編集部のおすすめ Recommended

発売中のOggi9月号P.30・31に掲載しているアイテムのクレジットに誤りがありました。正しくは、P.30/イヤーカフ(上)¥22,000・リング¥19,800、P.31左上/タンザナイト→IOL・ピアス¥24,200、P.31右上/ピアス¥30,800・ネックレス¥35,200になります。お詫びして訂正いたします。
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年4月以前の記事に関しては税抜表記の場合もあります。

Feature